和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:「愛される成功者」は、どこが人と違う?
日付:2017/06/30
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■昨日は、
トレジャーファクトリー(トレファク)の
代表、野坂英吾さんとお食事(飲み)でした!

野坂さんとは
たぶん、12年前くらいの
トレジャーファクトリーさんが上場する前、
とある起業家の集まりで出会ったんです。
10名ほどが参加されていて
そこにはZOZOTOWNで有名なスタートトゥデイの
前澤さんもいらしたんですが…
なぜか、わたしは野坂さんとだけ仲良くなって
その後もずっとご縁が続いているのです。

こんなこというと
野坂さんに失礼なのですが
同じ人種というか…、
同じ犬種の犬は
気が合うという感じなんですよね。(もっと失礼!)
野坂さんと話していると
刺激と学びと温泉に浸かっているような
居心地の良さを
トリプルセットでいただけるんです。

昨日も、なんか野坂さんは
その濃厚なトリプルセットを
わたしに浴びせかけてきたのですが
昨日は特に、野坂さんの
ネタの展開が豊作すぎて
「それ、メルマガで書く〜」と
スマホにメモするわたしの手が
追いつかないほどでした。
「お前、取材か?」って感じですよね

で、最終的には
「もう、録音したら?」と野坂さんに言われ録音。
ますます、記者状態でした(笑)

■昨日は「釣り」ネタ。

録音が途中からなのと
焼酎2杯目くらいで
いい感じに酔っていたのもあって
このメルマガを何年も前から
読んでくださっている野坂さんに
「和田さん、それちょっと違う」と
言われるかもしれませんが…

でも、
書くね( ̄ー ̄)ニヤリ

■トレジャーファクトリーさんは
https://www.treasure-f.com
大型リサイクルショップで、
今では全国に145店舗。
2007年マザーズ上場、
2014年東証一部市場変更されていて
ほんとう、ずっと右肩あがりで成長し続けています。
で21年前に野坂さんが起業されたときは
まだ一店舗で、資本金も30万のスタートだったのですから
すごい手腕。しかも、まだ45歳。

でも、やっぱり、順調ではない時期
今までに大変な時期もあったそうです。

なにか変化しなければ…と思っていたところに、
知り合いから
「この人ならヒントくれるかもしれないよ」と
ある上場企業の経営者を紹介されたそうです。
で、野坂さんが話を聞こうと訪問したら、

「ほんとうに深い話を聞きたいんなら
 指定する場所に来い」
と言われたそうで、
それが北海道の帯広だったんです。
そして、いきなり“釣り”をすることに。

■参加したのは野坂さんを入れて
釣りが素人の経営者3人だったらしいのですが
野坂さんがあとのお二方よりも、
こいつは骨があるなと
認めてもらったのは、釣ってきた魚を
さばく場所での行動だったそうです。

*以下、録音された私との会話*
   ↓
和田「野坂さんは、他の人とどう違ったのです?」

野坂「さばくときのお手伝いの仕方が違うんです」

和「片付け方?何が、何がちがうのですか?」
 (わたしがしつこく聞いてることが
  録音を聴いてわかった…
  しつこくてすみません)

野「どこで終わりか?ってことです。
  自分で『ここまで』やって終わり、と
  どの時点で思うかの違い。
  僕は最後の最後までやったんです」

和 「最後ってそれっていうのは
   まな板を洗ったり
   生ゴミを捨てたりってやつ?」

野「そう、そう」

和「じゃ、他のお二人は
  野坂さんが片付けをもくもくとやっているとき
  なにしてたんですか?
  ソファーでビールとか飲んでたとか?」

野「いや、彼らも遊んでいるわけじゃ
  ないんですよ(笑)。
  次の移動のこと、つまり次の段取りのことを
  やっていたんです、
  彼らにとっては
  “さばいて食べる”までで
  その作業が終了していたのですが
  僕のなかでの『ここまで』という終わりは違った」

和「キッチンピカピカになって
  ゴミもなくなっている状態だった…」

野「ようやくその夜に、講話の話をしてくれたのですが、
  危機のときどうやって乗り越えたかを聞いて
  僕はそれをきっかけに回復できたんですよね」

和「わざわざ、帯広までいってよかったですね」

野「たかだか釣りのために、ここまで来るやつに
  深い話をしてあげようってことだったんです」


野坂さん、ほんとうにすごい。

「『もっと相手が喜んでくれることはないか』と
いつも探している人なんです」と言う。

うん、だから、愛される成功者なんですね。

彼のネタは
もっともっとあるのですが面白いですよ。

えっ、知りたい?

そうか…知りたいのですね。ふふふ。

■実は、野坂さん
最近、本を出版されたのです。
なんと人生一冊目の本。
ここに書いてあります。
タイトル長いですが、これが、その本です。
    ↓
「資金30万円から100億円企業をつくった社長が教える
 勝ち続ける会社をつくる 起業の教科書」
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4534054971/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=recycleceoblo-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4534054971&linkId=34a76efc9ae1b5bf0f6827fe346cd1d8

「身の回りのことから50個、
 あったらいいな、できたらいいなを
 書き出した」
という起業前のストーリーから、
今につながるまでの話がぎゅっと書いてあります。

わたし、もっと前に読んでいたらよかったです。
興味ある方読んでみてください!

■「この本ができた、一番の根っこは
  和田さんとの話。
  今まで本を出す意欲なかったけど
  和田さんに刺激をもらって、
  本を出す気持ちになったんです」と。

野坂さん言ってくれました。

わたし、ここでも
背中押したのかなぁ!(笑)

うん、どこでも、押しているんですね。
(注:押されたくない人は
 わたしと飲まないでください!)

と、今日は長くなったので
新刊「腐った…おいしい…」のカウントダウン、
「和田語好きなフレーズ紹介」は
来週から再開します!!


ではね。

和田 裕美

============

スタッフからお知らせ

こんにちは、スタッフの上坂(うえさか)です。
私から2点お知らせがあります。

■明日開催!和田が出演するイベントのお知らせです。
「女の転職@type」さんが主催する
女性向けの転職イベントにて、
和田が講演いたします。

7月1日(土)@渋谷 ヒカリエホール
12:00〜19:00(18:30受付終了)
※和田の出番は、14:00〜14:45です。
https://woman.type.jp/s/event/

「かしこくて愛される!
世界No.2営業ウーマンに学ぶ、
自分の“市場価値”を高める方法」
というテーマでお話いたします。

入場無料・入退出自由ですので
お気軽にご参加くださいませ。

(本イベントに関するご質問は
 直接主催者さまへお問い合わせください)

■7月10日発売の和田の新刊
「腐った牛乳になるくらいなら、
 美味しいヨーグルトになりなさい」
が、アマゾンで予約開始になりました!

▼アマゾンの購入ページはこちら▼
https://goo.gl/PCJNNW

いち早く手に入れたいかたは、
ぜひご予約ください。
本屋さんに並ぶのは、10日ごろです。
(地域により多少前後する可能性があります)

それでは、また次回のワダビジョンで!


=========================

▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>