和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:あの病を退治しました。
日付:2017/08/21
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■“鉄は熱いうちに打て”という言葉は、
ほんとうに、ほんとうに、ただしいと
わたしは今、痛切に思っています。

いや、なにをいまさら…
そんなこと言うのか?と
みなさんは思われますよね?

だって、営業のクロージングをやっていれば
このフレーズに関しては
誰よりもわかっていることなのです。

だいたいの人の「やる気」とか「熱量」は
時間が経つにつれて薄らいでいくものですので

熱く、明るい顔をして
「やりたいです!欲しい」と言った人が
数日後には
思い切り困った顔で
「今は、忙しいし…」と
急にトーンダウンしてしまう。

■刺激ある人と出会った瞬間や
誰かにアドバイスを受けたとき、
また、セミナーに参加した直後は

「よし、ぜったい〇〇を習得するぞ」とか
「よし、ぜったいに〇〇をやっていこう」とか

勝手に思うわけですが、
早くて1日、
遅くて1週間もあれば

だいたい、忘れる。

いや、忘れてはいなくて
しっかり覚えているくせに

「明日からにしよう」という
一瞬の先延ばしによって
「エンドレス明日」という
病にかかってしまうのです。

明日になると、また、
明日には、次の明日があって

毎日のように
「明日からしよう」
「明日からしよう」
「明日からしよう」

………続く。

この永遠に続く
「エンドレス明日」という病。
これにはまってしまうと、
「やらない」という結果しか
待っていないのですが、

「やらないわけじゃないよ。
 時間の空くタイミングがきたら
 やるから」

という
現実を見ない自分を作ることができるので、
じわじわやってくる
病気みたいに、痛みを感じないのです。

でも、結果的には
「やってない」のですから
なんにも変わらない。
なにも得てない、なんの成長もない。

何年か経って
「ああ、あのとき
 ちゃんとしていればよかった」と
後悔したときは
もう、手遅れと…

■ああ…だからこそ
この稲川淳二の怪談より
ずっとずっと恐ろしい
「エンドレス明日」という
病にかからないようにするための
たったひとつの方法こそが、

“鉄は熱いうちに打て”なのです。

あるいは

“チャンスの神様は前髪しかない”

なのです。

もうひとつ、似たような病として
「エンドレスそのうち」
…というのもありますが
これにかからないようにするのも、同じです。

■みなさんも、
「明日、本を読もう」とか
「そのうち、和田裕美のセミナーに行こうかな」と
思っているのならば

「今日、本を読もう」
「今日、申し込もう」に変えてくださいね。

「明」を「今」に変えるだけです

といいつつ、次回の
セミナーの申込みは、
9月上旬からになってしまうので
どうか、強い意志を持って、10月21日の
スケジュールを空けておいて欲しいなあと
思っています。(よろしくお願いします)

■ところで、冒頭で

【“鉄は熱いうちに打て”とは
 ほんとうに、ほんとうに、ただしいと
 わたしは今、痛切に思っています】

と、書いていましたが
実は、わたしも
「エンドレス明日」を患ってしまったんです。

みなさんもご存知だと思います。

わたしが、しゃあしゃあと
「明日、GAGAのライブについて書くね!」と
何度も言っていることを。

病の勢いは思ったより激しくて
ついに、ライブの熱が
冷めてきてしまいました…。

あ、
書こうと思えば書けます。

ただ、あの直後よりも
確実に腰が重いのです

酔っ払って記憶をなくした
翌日よりも怖い「エンドレス明日」。

■そこでこれ以上、苦しまないように
わたしは、この病を
最終手段を使って、退治したいと思います。

「もう、GAGAは書かない」

これで、治りました。
しかし、
これは、あまり推奨したくない「最終手段」です。
みなさんは使わないようにしてくださいね。

■とにかくです!セミナーの感想も
本の感想も、わたしみたいにならないように
心が熱いうちに書いたほうがぜったいにいいです。
身を持って証明します!!!

あ、でもやっぱり
「そのうちGAGA書くから!」

(こんどは「エンドレスそのうち」に
 かかってしまったようです…)

ではね〜。


和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂(うえさか)です。

■私も気づいたら、うっかり
「エンドレス明日」病にかかっていることが
よくあります…。

夏休みの宿題は、
ラスト一週間でそこそこのものを作る
やっつけタイプでした。

年末の大掃除は
12月30日とか31日に始めて
ドタバタし、毎年疲れ果てていました。

あぁ心当たりがいっぱい…。

陽転思考は
ネガティブなことからも
いい側面を探そうという考え方ですが、
自分がさぼっていたことに関して
「先延ばしにしてよかった」は
ないものですよね。

無理やりこじつけられたとしても、
きっともやもやは心に残り、
それによって自分が成長することは
ないのではないかな、と思います。

そんな、自分に甘〜い私には
おしりをひっぱたいてくれる
厳しいコーチが必要です。

子供のころは先生や親に
よく怒られていたので
心のどこかで
「さぼっていても
 誰かがストップかけてくれる」
と安心していた気がします。

でも大人はすべて自己責任…。
厳しい上司がいるかもしれませんが、
あんまりがみがみ言われるのもつらいですよね。

「厳しくかつ温かく
 背中を押してほしい」
というわがままな社会人のみなさまに
ぴったりな商品がこちら。

「それでも、がんばらなくてはならない
 あなたの心に喝!CD」ダウンロード版
https://hirowa.thebase.in/items/6345854

発売直後から、ずっと売れ続けています。

自分に厳しく!約束は破らない!
思い立ったら即行動!
が、すばらしいとはわかっていても
ちょっと息抜きしてみたい
ときもありますよね。

しかし、一度下した腰は、重くなるもの。
そんな時に、再度やる気スイッチを
ぽんっと押してくれるのがこの教材です。

・そもそも、やる気が出ないのはなぜ?
・自己肯定感が強い人は、やる気が続く
・「これだけは続けてきた」といえるものを作る
など、はっと気づかされる行動指針が
たくさん語られています。

夏休み明けで、まだ頭がちょっと
ぽーーっとしているかた、
ぜひスイッチを押すような気持ちで
この教材をご活用くださいませ。
https://hirowa.thebase.in/items/6345854


それでは、また次回のワダビジョンで!

==================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますが、
とくにペンネームや実名でのご希望がなければ
お名前はイニシャル表記とさせていただきます。
あらかじめご了承ください。

ペンネーム・実名のご希望があります場合は
かならずご感想等とともにお知らせくださいませ。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>