和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:ようやく鶴になれました
日付:2017/09/25
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。


■今日が原稿の締め切りだったのですが
わたしは昨日の夜中に
いちおう後半部分の原稿を
提出しておりますので
今日は、晴れ晴れとした気分で
メルマガを書いております。1日はやい。

ふふふ
わたしもやればできるじゃないか!

実は、早めに書けたのは
わたしが重大なことに
気づいたからできたことなんです。

ふふ。

■実は、いまは自宅に
仕事部屋があって
そこに、密かに籠って書いているのですが
もっとむかしに住んでいたマンションは
仕事部屋がなかったので
ホテルに籠ることが多かったんです。

それに、わたしは
“過ごす空間の居心地の良さ”を
一番大事にするという
めんどうくさいこだわりがある人なので
どうしても
ホテル代が高くなっていました。

そう、とにかくその当時、
執筆にはある程度の
費用が発生していたのです。
一泊、3万ちょいのお部屋に泊まっても
三日で10万です。
都内なら、一泊4万とか5万も
普通にあります。

おまえ、有名な作家でもないくせに
なにをえらそうに…

思われているかもしれませんが
実は、この自己投資がわたしには
すごい大事だったのです!

だって、書けなかったら
ホテル代が無駄になるじゃないですか?
そんなもったないことぜったいにできません。

そう、「お金がもったない」という
けち臭いプレッシャーが
わたしを、追い立て
キーボートを一心不乱に叩かせてくれたのです。

■あるとき、ホテルの部屋に
スタッフが差し入れにきたときがありました。

そのときの様子を
彼女のブログでこのように
書いていました。
  ↓

「和田は、まるで
 羽をむしって、ひたすら
 織物をする
 鶴の恩返しかと思いました!」

…わたし、鶴だったそうです(笑)

■最近、家に仕事部屋ができてから
どうも、集中力が欠けて
原稿書いている途中で
なんども、冷蔵庫を開けにいったり
犬にボールを投げたり、
いままで読もうとしなかった
積まれた本に手を伸ばしたり、
ホテルで執筆していたときより
書く速度が落ちている…と
なんとなく気づいていたのですが

ついに、今回の本の
脱稿(原稿を書き上げること)により
わたしはこの事実を確信したのであります。

最近、鶴になれていなかったのは
「もったない」というケチなわたしの
動機付けができていなかったんです。

そこでわたしは、家賃から
自分の仕事部屋のスペースにかかる
費用を考えて
「これは、もったいないぞ」と
自分に言い聞かせ
この週末ようやく
久しぶりに鶴になれたのでした。

お金って、なんかすごいパワーですよね(笑)

■さて、法人さんに呼ばれて
セミナーをするとき
そこに参加する人は
だれも自腹を切ってないですよね。

みなさん熱心なんだけど
やっぱり、
自腹を切って
セミナーに参加している人たちの
熱量とは違います。

だから、結果的に
習得に差が出るのです。
これはほぼ100%そうです。

そして、
「これくらいなら損してもいいや」
という金額であれば
あまり、身になっていないことも多いのです。

自己投資のよさって
ここにあるんですよね。

だって、出版社の編集の人は
たとえば、投資の本や自己啓発の本を
原稿から読んで、作っているんです。

それならもう、大成功して
大金持ちになってないとおかしくないですか?

でも、違うんです。
編集のお仕事は
お金を払ってしているのでなく
お金をもらってしていることなので、
お金を払って本を買っている人の
10倍くらいの意識をもたないと
なかなか身にならないのです。

自腹を切ることって
だからすごい効果を出すのです。

さて、今週は
みなさんに
「わたしはこんなことで自腹をきってよかった!」
という
エピソードを思い出して欲しいなと思います。

そういう作業も行動を変えるきっかけになります
こちらへどうぞ
support@wadahiromi.com

ブログで紹介させていただきます。

■あと、今日は
Eテレ「漫才先生」も二回目
サンドウィッチマンさんの授業です
「俺たちで先生ができるのか?」と
真面目になんども
打ち合わせをされた内容ですので
ちゃんと見て、学んでください。

これは受信料以外は無料ですが
自分の時間を投資してるんだって
意識を向けてみると
何気なくみるよりもずっと身になります。

できれば、オンタイムで見てもらえたら
わたしは、すごく幸せです。

あと昨日の日曜日、
ツイッターでつぶやいてくださった方
ほんとうにありがとうございます。
心から感謝をお伝えします。

■…というか
こういう特番は、みなさんからの評判で
レギュラー番組になるかどうか、
決まるみたいなのです。

今回はとくに自分が出ているからではなくて
制作している方と関わって
その熱い思いに触れたので
すごく、応援したいと思っています。

みなさんにとっては
あまり関係ないことなんで、
Twitterでつぶやくとか
めんどくさいことかもしれませんが

一人でも、反応があると
その見えない先に
かなり喜んでいる人がいるのです。

たった、ひとこと
反応するだけで
たくさんの誰かを幸せに
できるってことです。

もちろん「つまらん」と思ったら
それまでなんですけどね(苦笑)

本の感想もそう。
いい反応をもらうと
出版社も編集もみんなでそれを読んで
喜んで感謝しているんですよ。

今回のことがあったので
わたしも、これから
面白いテレビも本も
自分の感じた「素直なよい感想」があれば
どんどんつぶやこうと思っています。
誰かを幸せにできることを
どんどんやっていきます。


では〜

和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂(うえさか)です。

■テレビを見るのも
何気にみるのではく、
学ぶ気で見ると、もっと身に付く!
 
とのことですが
これ、まさにそうだったのです。

わたしも、
先週月曜と今日の2回にわたる
Eテレ「漫才先生」を見て
第1回を見ながら、
何度も「ふふっ」と
思わず声を出して笑っていましたが、
第2回は収録に同行させていただき、
むむっと、うなり
思わずメモをとっていました!

だから、「漫才先生」は
私にとって
2度もおいしい番組でした。

本日放送の第2回では
サンドウィッチマンさんが
「ビジネスの切り口」について
解説してくださっています。

Eテレ「漫才先生」第2回
9月25日(月)午後11:00〜午後11:30
出演:サンドウィッチマン、和田裕美
http://www4.nhk.or.jp/P4605/

プレゼンのコツがわからない、
相手の興味を引くための切り出し方がわからない、
人見知りだ、
雑談がニガテ、
…という方、必見です。

本日23時から、Eテレです。

同じ時間に、和田もわたしも
みなさんも
違う場所で同じテレビを見ているって
なんか「つながってる〜」という気になって
ちょっと、うれしいですね(笑)

■そして、
本日から、全国の書店さんにて
「和田裕美の営業手帳2018
 〜W’s diary」
が発売となっております。

今年の人気色、ライトブルー
http://mmct.jcity.com/?ct=153F14093F17F0F0
ファン多し、定番のソフトブラック
http://mmct.jcity.com/?ct=170F14093F17F0F0

愛されて13年目を迎える
和田裕美の営業手帳、
これで「目標達成できた」「夢が叶った」
というご報告を、
たくさんいただいておりますので
また改めてご紹介させていただきます。

著者が個人の名前で出している手帳で
10年以上続いているのは
「和田手帳」含めて、
3つだけだそうです。
http://diamond.jp/articles/-/141354

ぜひ、一度お使いになってみて、
ご自分の変化に注目していただければ、
と思います。


それでは、また次回のワダビジョンで。


==================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、その旨をご明記ください。
ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>