和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:こんなにクリエイティブ!
日付:2017/10/12
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田裕美です。

■そろそろ、仕上げにかかっている本は
今度、日経新聞出版社さんから出る
「和田裕美の売れる教室」という本になります。

これ、もう確実に
年内に出版できることになそうです!
原稿の加筆もある程度終わり
あとはデザインなどの構成だけです。

これ、みなさんに
9月25日配信のメルマガでも
「ようやく鶴になれました」 
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=1504)
伝えてきたと思いますが

企画からは1年以上も経っており
日経の編集担当Sさんにはかなり
やきもきさせてしまったと思っています。

(ああ、ここまで遠い道のりでした…涙)

■この本、フロントトークを中心に
毎年、3月に実施している
「売れる営業に変わるセミナー」の
内容に触れながら書いたものですが
みなさんは
「フロントトーク」ってご存知ですか?

わたしの
「売れセミ(売れる営業に変わるセミナー)」に
ご参加の方や、その他教材・本を読まれている方は
なんとなくわかってくださって
いるかもしれませんが、
まず、ほとんどの方は
あまり使わない言葉かと思います。

これ、わたしたちがいた
外資系のあの会社ならではの
特殊な言い回しなので、一般的ではないからです。

実際に、日経新聞出版社さんの会議でも
「フロントトークって最初の雑談?」と
言っている方もいたそうです。

ううむ…惜しい。

でも、この「フロントトーク」で
YES の8割、
いや、9割は決定してしまうのです。
これ、まさに「和田マジック」の素なのです。

■これ、どんなトークかというと
簡潔に言うと
“商品説明に入る前にするクロージング”
みたいなもの、つまりは
商品の内容はこれから話すという段階で
「決断」を促すというものです。

「決断」というのは
「やる」もそうだし「やらない」と決めることを
含まれます。

人は、先延ばしにすると
どんどん意識がそれてしまい
ほんとうに、なかったことのように
なってしまうものなのです

だから、「決断」を促すことは
とにかく「先延ばし」にして
チャンスを棒にふらないために
大事な行為だったのです。

わたし、ブリタニカ時代に
オリジナルのトークを作って
自分の組織の人に、
そのまま暗記をしてもらっていましたが
ほんとうにそれで
できたばかりのわたしの組織は
全国3位までになったんです。

これ、すごい効果があるのです。

もちろん
それに合わせて
「成約率98%の秘訣」
http://wadahiromi.com/books/%e6%88%90%e7%b4%84%e7%8e%87%ef%bc%99%ef%bc%98%ef%bc%85%e3%81%ae%e7%a7%98%e8%a8%a3)
に書いた
“クロージング”のスキルと合わせて使うことで
かなり、成約率が上がるのです。

営業って
もちろん、一番大事なのは
その人の、人柄、言葉の選び方、話し方
センスなどが、結果に大きく影響しますが

それ以外に
学問のような「ノウハウ」もあって
知っている人と、知らない人では
もうぜんぜん結果が変わってくるから
どんどん多くのかたに
この面白さを知って欲しいです。

■わたし、営業のことにずっと関わってきて、
ときどき、営業の仕事を底辺のように
思っている人に遭遇することもあって
このイメージを変えたいなと思ってきたんですよね。

いまだと、IT、マーケティング、企画、とか
クリエイティブなことに憧れる人が多いし
そんな人からしたら
まだまだ営業って、イメージは下の方…。

「他で仕事がないから仕方なく営業」とかね…。

でも、わたしから言わせてもらうと
営業ほど、クリエイティブな仕事はないんです。

営業をちゃんとやって
お客さんのファンもついている人は

文章を書かせてもうまい、
人前に立たせても話せる、
人の心を動かせるからです。
そして、お客様の声を聞いているので
商品企画も、宣伝もできるんです。

ぜんぶ、できるんです。

これから営業やる人も
いまやってる人も
「クリエイティブなんだ」と胸をはって欲しいです。


あ、先にこの本の内容を「ウレフェス」では
ちょい先に内容をお見せしますね!

あと、「和田フェア」のアイデア
まだまだたくさん届いています!
ありがとうございます。

いま、まとめて考案中です。

ではね。


和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは!
スタッフの黒澤です。

日経新聞出版社から出版予定の
「和田裕美の売れる教室」
執筆中の苦労を間近で見ているので、
年内発売の報は、
わたくしたちスタッフも
とてもうれしいです!

みなさま同様、
わたくしも早く読みたくて
教室の一番前の席で
待ち構えている感じです。

いや、それよりも
黒板の前で立たされていると
言ったほうがいいかもしれません。

…と、いうのも、
じつは先日、和田に
「黒澤さん、フロントトークって
 わかる?」
と聞かれ、
わたくしの頭に真っ先に浮かんだものは
ホテルのフロントマンだったので、
和田に大笑いされたからです。

お恥ずかしい限りです。

クロージングとちがい、
フロントトークって
耳慣れない言葉ではありませんか?

でも、フロントトークで
YESを8割も引き出せるとなれば
学ばない手はありません。

クロージングだけでも
強力なのに、
フロントトークが加わるなんて!
「和田裕美の売れる強室」じゃないですか。

発売までは、まだまだ少しだけ
お時間をいただきますので、
それまでにしっかりと
クロージングを学習、復習しておきませんか?

【本】成約率98%の秘訣
http://wadahiromi.com/books/%e6%88%90%e7%b4%84%e7%8e%87%ef%bc%99%ef%bc%98%ef%bc%85%e3%81%ae%e7%a7%98%e8%a8%a3

和田自らが台本いっさいなしで
クロージングを改善、実演している
DVD教材もどうぞ。

こちらは、人気No.1教材です。
【DVD】
【Vol.3】和田裕美”成約率98%の秘訣”生実演クロージングDVD
http://wadahiromi.com/shop/99900019


ではまた、次回のワダビジョンで。

==================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、その旨をご明記ください。
ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>