和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:アップルに営業はいらない?
日付:2017/11/24
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■先日のことです。

わたしのメルマガをたぶん
ときどき読んでいる友人から

「営業って、クリエイティブなんか?」と
唐突に聞かれました。

「うん、そうやで、
 めっちゃクリエイティブやの」と
関西弁で聞かれたので
反応して自信満々に関西弁で答えました。

そうしたら

「それな、世間で
 クリエイターって呼ばれている
 ゲーム作る人とか、デザインに携わる人も
 思っていることやろか?」と言うのです。

ああ…
弁慶の泣き所。
スネが、あの強い弁慶の
唯一の弱点と聞いたときに、
そりゃ痛いけど、頭打つほうが
もっと危険じゃないのか?と
屁理屈を言っていた
他の友人のことを思い出しながら
痛いところとつかれたなと思いました。

まあ、そう思うのも無理はない。

■ときどき、マーケティング専門の人たちが

「マーケティングが(クリエイティブ・デザイン)
 できているならセールスは不要です。
 アップルにやってくるデザインに惹かれた人たちに
 セールスは、いらないのです。
 お客さんが勝手に買ってくれます」

と、言っていたりしています。

そういう人たちにとっては

必死でクロージングして
ひたすらトークを磨いている「THE 営業」は
もう、ださくて古くて、
田舎の家にあった
繊細という言葉がまったく存在しない
大きな花柄の紫と赤色の混じった
あの、毛布みたいな(この感じわかる?笑)
ものなのかもしれません。やや、いいすぎだけど。

■しかし!それは違います。
営業がいらない?
アホか、なにを抜かすか。
  
なぜって
わたしがお伝えしている「営業」というか
「売れる技」あるいは
「カセギスキル」というものは
もう、それら全部入っているんです。

誰が売るのか
なにを売るのか
どうやって売るのか
どんなふうに見せるのか

結局はすべてのビジネスには
「売る」っていうことがないと始まらない。

わたしから言わせると
だからこそセールスのなかに、すでに
マーケティングが含まれているのです。

たとえば、わたしは
見込み客選び(プロスペクティング)において

1 すぐ欲しい人
2 いつか、そのうち欲しいなと思う人
3 今はとくに必要ない人

と、段階をわけて
どこの段階の人に
どのようなアプローチをしたらいいのかなどを
よく、セミナーなどで説明していますが
これ、いわゆる「マーケティング」なわけです。

あと、髪型やメイクを
より魅力的に変えるということも
発声トレーニングで声まで変えるということを
セミナーでやっていますが、
これ、いわゆる「人のデザイン」です。

買ってもらった後の
ファン作りにも「返報性の法則」を
取り入れた心理学も加わります。
これも、かなりクリエイティブじゃない?

そもそも、

「営業基本動作」そのものが

マーケティングからリサーチにつながり
プレゼンテーション、クロージング
フォロー、リファーラル…となっているので

全部が「セールス」なんですよ!

■「営業はいらない、売り込みしなくていい」
と、言えば
耳障りがいいので
みんなが飛びつきやすいのですが、

本当はね
アップルにも、冷やかしで
見にくる人も多くって
そこではやっぱり
説明が上手で人柄のいい人が必要なのです。
そういう人は
やっぱりそうじゃない人よりも
たくさん売っているわけです。

と、書いていたら
なんか、ムキになってきた感じする。
わたし、ムキになると
鼻の穴が膨らむのでやめておきますね(笑)

それに、
別に、マーケティングがどうとか言っている
わけじゃないのよ(笑)

とにかく、
営業やっている人
営業をこれからやる人
もっと自信を持て!という話。

すばらしいんだから。
最先端なんだから
なによりも、稼げるんだから。

すごいんだからね。
と、言いたいんだ。

ではね〜

和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
スタッフの黒澤です。

私も過去に営業職についたことが
あります。

保険の外交員で
成績は悪くはありませんでしたが、
いつも何か、腑に落ちないような
なんとなく居心地の悪い、
すっきりしない気持ちでいました。

セミナーのお手伝いをしたり、
こうしてワダビジョンを読んでいて、
いま、ああ、そういうことだったのか、とか
私は営業職というものをずいぶん
誤解していたな、と感じています。

あの頃のわたしが
和田のセミナーに参加できたら…
ものすごいことになって
起業しているかもしれない!

…って、そうなると
ここにいないかもしれないので
それはそれでさみしいですよね(笑)

和田の伝えてくれる営業は
何かを売るだけでなく、
売る自分そのものを変えて
その商品に輝きを与えて
ファンができてとにかく楽しい。
ものすごく多角的なものです。

そして
営業だけではなく、
どんな職業にも通じることが
たくさんあります。

これから、
売れる営業に変わるセミナー(ウレセミ)17期や
カセギスキル2期の募集が始まりますが、
こうした機会をぜひつかまえていただいて、
和田の営業の世界を知ってもらいたい!

セミナーはまだちょっと…と
不安なあなたは
パワースクールから始めてみませんか?

いや、すごい内容決定です!!!

実は、あのクロージングDVDの一部が
パワスクで公開されます!
また、今日の会議で決まったのですが
普段の朝礼に加えて、
セールスクロージングなどの動画が
12月より続々とアップされることになりました!

これはすごい!
11月26日〜12月25日(12月度)入会の方には
12月号のCDプラス、
過去の人気音源もプレゼント!

さらに、和田裕美フェアで配布しているステッカーも
もう盛りだくさんになる「パワスク」
さらにクリスマスには「売れる〇〇」が…(まだ秘密)
ご入会、お待ちしております!

和田裕美の会員制度
パワースクールはこちら
http://powerschool.tokyo/premium/


それではまた次回のワダビジョンで。


================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記ください。

ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>