和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:お金使ってよかった!
日付:2017/12/11
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

こんにちは 和田ひろみです。

■先週土曜日は、弊社主催のセミナー
「カセギスキル」のファイナルとなり
各自が今までの集大成としてプレゼンを
発表しました!

そして、今回は
業界初(たぶん)の
すごい仕掛けがありました。
ほんと、大掛かりです。

■通常のプレゼン発表会って
一人一人がみんなの前で順番に
実演するというものがほとんどですよね。

正直、最初は
わたしもそうするつもりでしたが、
30名近い人が
ひとりひとり10分間、延々と発表をするのを
ただ見ているだけだと、
きっと退屈してしまうので
他の方法がないかな?と以前からずっと
考えていたのです。

大事なことは
発表する人も、それを見る人も
「飽きないで、楽しめる」ということ。
それも1日中。

■考えても
なかなかいいアイデアが
湧かないままだったのですが
今回、ふと
カメラ担当のIさんに(テレビ関係)
「なんかないですかねえ」と
一言相談したら

「個室でほんとうにプレゼンしてもらって
 それを別部屋でモニタリングするのは
 どうでしょう?」と
ご提案をもらったのです!

なるほど〜、それいただきます!
と、膝を打ったところで
やっぱり、いつのまにか
「セミナーってこうでしょ」という
既成概念がけっこう自分にもあることに
気づきました。

どこかにそのフィルターがかかっているので
番組をテレビで見ても
「あ、これ取り入れたら面白いかも」
というような発想に
リンクできないことが多いのです。
さすが、業界の人は、発想が違う。

そして、このモニタリングは
結果的に、大成功。
みんな「あっという間だった」というくらい
熱心に飽きないで
見てもらうことができました。

■さらに、
最初は、個室に入って
対面するお客さん役を
ほかの生徒さんにやってもらおうと
思っていたんですが
それだと、ばらつきが出るので
これも不安だったのですよね。

そんなことを演出家の足立さん
(今回の実況中継(=MC)をお願いした
 ウレフェスではお馴染みの
 吉本の芸人さんのお芝居担当の先生)
に、何気にこのあたりのことを相談したら

「和田さん、これは
 プロの役者いれたほうがいいですよ。
 そのほうがぜったいにいいものになる。
 役者、手配しましょうか?」と
またもやご提案をもらったのです。

そうだ
その手があったのだった!
そして、役者さんはさすがの実力で
何人ものお客役をこなし、その場を
いっそう盛り上げてくださったのです。

やはり異業種
「発表する人も、それを見る人も
 飽きないで、楽しめる。それも1日中」

というの
わたしの理想が
実現したのでした!

当たり前のことですが
どうしていいかわからないときは
異業種で関わりのある方に聞くと
すごいヒントが降ってきます。
そして自分の既成概念があったことに
気付けるのです。

さらに、外部の人に聞くと
はっとする答えをもらえるのには
実はもうひとつ理由があるのです。

それは、アドバイスする側には
お金の心配がないってこと。

「高いから無理だなあ」
「経費かかりそうだなあ」という

心配や不安がないからこそ
既成概念を超えた発想が生まれるのです。

■だって、なにかを考えるときに
「これいいなあ…
 でも予算オーバーだな」と
お金が出た瞬間に
それ以上、そのアイデアを掘り下げるところを
やめてしまったことありませんか?

いつでも「お金」って
かなりネックになりますが、
でも、最高のアイデアって
お金から自由になっていないと
出てこないのです。

もちろん、なんでもお金かけたらいいって
わけじゃないけれど
今回はここにも
先行投資があって
「カセギスキル」はよい結果を出せたのです。
まさに「カセギスキル」だからなのです!

そして
みなさん、すごい変化で
すごい結果出てて
泣きました。うれしいです。

(また詳しく書きますね)


わだ



======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂(うえさか)です。

■いや〜それにしても、
カセギスキル第1期のファイナル、
ほんとうに素晴らしい時間・空間でした。

本気になれば、半年で人はこんなにも
変われるんだというのを
1期生のみなさまが実証してくださったように
思います。

そして、これまでの講義でゲストとして、
さらに最終回は審査員として登場してくださった
鮒谷修史さん、村尾隆介さん、菊原智明さんも
真剣に1つ1つの実演をご覧になって
アドバイスや賛辞をお一人ずつ
ご丁寧にお送りくださいました。
それもまた、受講生みなさまの
大きな自信になったのではないかなと思います。

懇親会のパーティーでは
なんと村尾さんがDJを務めて下さり
大いに場を盛り上げてくださいました!

さらには、表彰式のあと…
受講生のみなさまからは
和田へのサプライズが!

このあたり、詳しい様子は
和田がまたブログに書くようなので
ぜひお楽しみに。

最後にすばらしい絆で結ばれた
カセギスキル1期生のみなさまと
和田のようすに
目頭が熱くなるスタッフなのでした…。

■2期の募集が延期になりましたが
なんとかベストなゲスト陣のスケジュールを確保し
前回に引き続き、最高の内容を
ご用意したいと和田が息巻いておりますので
どうかお楽しみに、もう少しお待ちくださいね。

詳細はまだ秘密ですが、
開催時期は2018年4月〜9月、
+10月下旬に開催予定の
ウレフェス2018もカリキュラムに
含まれる予定です。

ほんとうに、すばらしいコースを
ご提供できる自信がわきましたので、
ボーナスは冬で使い果たさずに
少し貯めておいていただくことをお勧めします。

それにしても…
和田はますますパワーアップしております。

年内のセミナーは
もう終わってしまいましたが
どうか次回セミナーまでの間、
今週水曜日には
あの大人気クロージングDVDの一部が
アップされるパワースクールで、
進化中の和田を体感くださいませ!

年末には、パワースクール限定の
プレゼントもありますよ!
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0


それでは、また次回のワダビジョンで!


================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記ください。

ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>