和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:あたりまえだ!…じゃないだろう。
日付:2018/01/15
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは、和田裕美です。

■実は以下のメルマガは
土曜の朝、奈良にて
講演前に急いで書いたものでした。

しかし、講演が終わってから
ふと気付いたのですが
この13日は土曜日で
会社がお休みだったのです。
メルマガもお休みの日だったのです!

わたし、すっかり
曜日感覚を失っており
てっきり金曜と思っていたのでした。
「今日は13日の金曜日なのか」と
一人で思っていたのでした(笑)
ぼけぼけですけど
「13日の金曜日じゃなくてよかった!」と
間違っても、幸せになれた天然ボケです。

で、
せっかく書いたメルマガなので
今日はこれを
読んでもらおうと思います!
ちょっと日付おかしいけど
補足をいれておきました!

では
以下です〜。

■昨日は(←つまりは12日のこと)
「奈良ホテル」に泊まって
朝からJAさんで講演してきます!(←つまりは13日の朝)
(今は出かける前に書いているのだ)
 
さて、この「奈良ホテル」
泊まったことありますか?
明治39年創業。
細部のすべてにおいて
漂うヴィンテージ感にくらくらするホテルです。
http://www.narahotel.co.jp

(補足:翌日、タクシーに乗ったときに
 運転手さんが
「「奈良ホテル」のある場所までの
 一体が御神域だから
 春日大社お参りしなくても
 泊まっただけで、その場所に
 お参りしたようなものですよ」
 と、言ってました、それくらいすごいホテル!)

(補足:この日は、講演が終わってから
 春日大社と大神神社へ。(ブログで書きますね)
 でも、次回は天河神社も行きたいし
 食べ損ねた、奈良ホテル特製の
 ビーフシチューも食べたいので
 またぜったい泊まりにきます)
 
■さて、昨日のメルマガ
(補足:昨日じゃなくて、1月12日金曜のこと)
「悪いことがあっても、ららら〜」で
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=1605)

こんなこと書いていましたよね?
  ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とにかく、
「悪いことがある」×「よかった探し」
=「必ずいいことがある」
という方程式を
自分の人生に(徹底的に)
組み込んでいけば
結果が出せる人になるってことです。
悪いことあっても、ラララ〜なんです。
…というと
「いいことがある」と
「悪いこと」があるのか?と
心配する人もいるので
そのあたりは次回書きますね。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで。

”次回”と書いていたので、続きです。

たしかに
「いいことがある」と「わるいこと」があったら
いやですよね?(笑)
でも、だいじょうぶです。
回避する方法があるのです。

それは、
「いいことがある」×「感謝」
=「いいことが続く」

という方程式を守ることです。

と、こう書いたら、
「あ、感謝していればいいのね」と
簡単にとらえて、すぐに
スルーしてしまう人もいるのです!

でも、
瞬間に頭でわかっても
行動にそれが出ていないとダメなのです。

人間って
「感謝しています」と言いながら
それほど深く
そのことに対して
感じてないことが多いんです。
すごく薄っぺらい。

たとえば

手にするまでは必死でも
手にしてしまえば
その大切さを忘れたり
そこにあるのが”あたりまえ”になったり
もっともっとと求めてしまったり

病気が治ったときは
とても感動しても
時間が過ぎれば、元気なことが
”あたりまえ”となって、また不摂生したり、

家族や大事な人がいても
なにかをやってもらうのが
”あたりまえ”になって
ついつい、「ありがとう」と
言わなくなったりしたり、

とにかくいろいろと、
感謝って薄らいでいくのです。

いろんな部分に
”あたりまえ”が住み始めてしまうと
「ありがとう」どころか
「もっとこうなればいいのに」
「もっとこうしてくれたらいいのに」
というような
不満も出てきてしまいませんか?

だから、そうなってしまうと
「感謝しているよ〜」とか軽くいいながら
ぜんぜん”あたりまえ”なので
痛い目に合うわけです、イタタ。

なので
「いいことがある」×「当たり前になる」
=「悪いことがある」

という逆方程式も
確かに存在してしまうのです。

感謝って言葉で言うと簡単だけど
案外、できてないものだからこそ
”感謝をし続ける”って、
いいことを人生に起こすために必要な
わたしたちの課題なんです。

では、奈良JAさんのお仕事いってきます!
(もう、とっくに終わって
 今は東京にいますけどね…(笑))

ではね〜。

和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんばんは!
スタッフの黒澤です。

■本日のメルマガ、実は
13日にすでに読んでおりました。

どきっ、としました。

〜〜家族や大事な人がいても
なにかをやってもらうのが
”あたりまえ”になって
ついつい、「ありがとう」と
言わなくなったりしたり、〜〜

身に覚えのひとつやふたつ…です。
そこで反省して、
感謝のもと(その人がしてくれたこと)を
思い出して、ちゃんと「ありがとう」と
いうことにしました。

不思議なもので、
相手を変えることはできませんが、
こちらが変わると相手も変わるんですよね。
日々、単調だったり、逆に余裕がなかったりすると
ついつい忘れてしまいがちなことですが、
大切なことなんだな、と痛感した週末でした。

■ところで、年が明けてから
気がつけばもう半月も過ぎています!
2018年の波に乗り遅れていませんか?

来週あたりから、いよいよ
売れセミ17期の受講募集がはじまります。

すでに昨年のウレフェス時に先行予約を承り、
たくさんのお席が埋まっております。
ありがとうございます!
お申込みは先着順に受け付けますので、
募集のお知らせをお見逃しないよう
メルマガをチェックしてくださいね。

和田の営業系のセミナーを
受けたことがないから
ちょっと不安…というあなたには
まずは、
ダウンロード教材『コンサルセミナー第1回』
https://hirowa.thebase.in/items/7563979
をおススメします。

ダウンロード教材の良さは、
いつでも、どこでも聞けること。
何度でも繰り返し聞けること。

コンサルセミナー第1回は
営業だけでなく、さまざまな職種のかたの
仕事のお悩みに即答しています。
あなたのお悩みも解決できるかも…!

ダウンロード教材『コンサルセミナー第1回』
https://hirowa.thebase.in/items/7563979

それではまた、次回のワダビジョンで!


================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記ください。

ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>