和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:時代がわたしに…。
日付:2018/01/19
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■今朝は7:00台の新幹線に乗っています。

いろいろと他の仕事をしていたので
名古屋過ぎたあたりから
「あっ、今日のメルマガ!」と焦り
このメルマガを書き始めたのですが…

だめだ、眠い。
脳が休息タイムに入ろうとしています。

しかし、この後も時間ないので
なんとかコーヒーを飲んで
目を覚ますことにします。

ワゴンのお姉さんを待つ…。

………

あ、待っている間に
なぜか、京都に着いている!
ぼうっとしていた?
いや、寝たのか…、え、寝たらしい。

わたしの本日のミッションは
もうこの後は時間がないので
新幹線でメルマガを書くということだったのです。
わたし、今から本気だします!
神戸までのあと20分弱で
このメルマガを書くのだ。

急ごう。
(こんなこと書いて、本題にはいれよ。)

■ということで急いでいるので
唐突に話題を変えますが

ちょっと前のニュースで
わたし、
「ああ、やっと時代がわたしに
 追いついたか…」と
つくづく思ったことがあったのですよね。

ふふふ。

というのも、そのニュースとは
ご存知、
政府が公的年金の受け取りを始める年齢を
70歳超に先送りできる制度を
検討しているというもの。

そして先送りした場合は特典があって…
65歳よりひと月ずつ遅らせると
0.7%ずつ、毎月の受け取り額が増えるという仕組み。
(このあたりの数字は今
 ニュースをググったから信用していいです。)

たとえば
65歳で受け取らないで
一年、先送りして66歳で
受け取りをスタートしたら
月額で8.4%の金額が上乗せされることに
なるとかなんですって!
これ、けっこうでかい。

でも、65歳で我慢して
「70歳からもらおう」と思っても
69歳で死んだら…なんか
もったないじゃん!なんか損じゃん!
って、一瞬思ったのですが(苦笑)、

実は、「もうちょっと働こう」と思って
たとえば70歳まで
社会と触れ合っていることを選んだ人は
きっと、そのまま隠居するよりも
わりと病気もすくなくなり
元気にいられるのかなと思うのです。

現実に、働いている人って
ほんとうに若いし元気な人が多いです。

政府も60歳、70歳…となっても
できるだけ就労するように
促すみたいですしね。
これからは、長く生きる時代というより
長く働く時代なのです。

■そうなんです!
わたしが去年から
ギャーギャーと
100歳時代に向けて
これからは一生食べていけるために
「カセギスキル」を身につけて!と
必死で言ってることにつながるのです(笑)

だからわたし、
「時代がわたしに追いついた」と
けっこうな大口を叩いているのですよね(笑)

と、調子のって書いていたら
到着アナウンスが!

時代がわたしに追いついたとは
言い過ぎかもしれませんが、
でも、このままだと
今20代の人の年金受給スタートは
おそらく、85歳とかになるよ。

そして、その頃はもっと
仕事がAI化しているので
人にしかできないことを
身につけておいてくださいって
言いたかったのです。

それこそが、「営業スキル」です。
そして「カセギスキル」なのです。

で、では〜。
それにしても
ワゴンのお姉さん、まだ来てない。
(静かに通り過ぎたのか…?)


和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂(うえさか)です。

■これからますます仕事がAIに
奪われていく時代…
もっと先のことだと思っていましたが
案外もう目の前なのかもしれませんね。

いずれこの編集後記も
AIのアイちゃんとかいう
新キャラに引き継いで
「みなさん、こんにちは。
 AIスタッフのアイです」
とか、取って代わられて
「ウエサカさん、あなたはもう要りません。」
と言われるのではないか…
と、びくびくしてしまいますが(汗)

昨日のメルマガでも
和田が言っていたように
「びくびく」で動くより「わくわく」!
ということで、
どんな時代や状況になっても
自分の力で稼いで、人の役に立つ
最強の力、「営業スキル」と「カセギスキル」を
身につけたいなと、改めて思うのでした。

■さて、それに向けて!
あの大人気セミナー
「和田式『売れる営業』に変わるセミナー」は
2018年、17期生募集となります。
今年は3月17日、18日、5月19日の
3日間で開催予定です。

本気で売れるようになりたいかたは、
もうスケジュールを空けて
募集スタートまでお待ちください。
こちらの一般募集は
来週にスタートする予定です!

参考:前回「売れる営業」に変わるセミナー
16期の募集ページ
http://mmct.jcity.com/?ct=187F14093F17F0F0

■さらに「カセギスキルセミナー」の第2期が
4月〜9月に開講します。
こちらは2月下旬くらいから
一般募集を開始できるよう準備しております。

世の中にはもっと高額なセミナーが
たくさんありますが、
和田が開催するもののなかでは
ダントツのお値段です。
しかし、ダントツのコンテンツ。
今のうちに、ご予算を組んでおいてください!

参考:前回カセギスキル1期の募集ページ
http://mmct.jcity.com/?ct=408F14093F17F0F0

「和田式『売れる営業』に変わるセミナー」と
「カセギスキルセミナー」って
なにが違うの?
と思われる方が多いと思います。

即決クロージングやプレゼンなど
より、「売ること」に特化しているのが
「『売れる営業』に変わるセミナー」ですが

広報、ブランディング、話し方などなど
期間が長いぶん、お伝えする内容も濃くなるのが
「カセギスキル」です。

両方受けて欲しい…というのが
和田の願いです。

「和田さん、両方では
 あまりにもコストが…」
と言うと、
和田は
キョトンとしておりました。

その理由は、
和田は金額だけで「高い」とは
決めない人間なので、
2つ合わせると高くなってしまう
という概念がなく、
合わせたらもっと結果がでる!
という概念しか
頭にないのです(笑)

セミナーに来れない方は
会員制度パワースクールで!
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
一部、こちらでも授業チラ見せいたします!

パワスクもセミナーもまだ先だわ…という方は
「人に好かれる話し方」や
http://mmct.jcity.com/?ct=221F14093F17F0F0
とくに!
「成約率98%の秘訣」などを
http://mmct.jcity.com/?ct=374F14093F17F0F0
お読みいただければ、予習になります!


それでは、また次回のワダビジョン!



================

▼和田裕美のオーディオ・ゼミ
(ダウンロード教材)はこちら▼
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記ください。

ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>