和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:勇気はどこに?
日付:2018/03/15
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■今日は、ワダカフェの収録がありました。
ブログでも書きましたが
ワダカフェのゲストがやばいことになっています。

まさかの
クリエイター揃いなのです!

まあ、いまのところ
全員、友人なのですが
友人のなかでも

ちょっと変人というか(ごめん!)
普通の感覚ではない方を選んで
声をかけています。笑

ブログにもありますが
https://ameblo.jp/wadahiromi/page-2.html

なんか、まあ普通じゃないでしょ?(笑)

■今日のゲストは
いちおう、一部上場会社の社長さんなので
そんなに変じゃないはず…なのですが、
やはり、
話を聞いていたら
やっぱり普通とは違う、
まあ、だからすごいわけです!

で、そのゲストとは
トレジャーファクトリー代表取締役社長の
野坂英吾さんです。

社長になるために
生まれてきたような人なのですが、
学生から起業して、
一度も就職したことがないってことは、
学生時代のアルバイトを除き、
一回も、
誰かにお給料をもらったことがないってこと。
ずっと、自分で稼いで
生きてきて、さらには
いまでは、多くの人に
お給料を払う側になっているってこと。
これって、想像できますか?
すごい、勇気ある人生ですよね。

起業したいといいながらも
なかなか怖くて独立できない人は
多いと思うし、
それが普通の感覚だと思うのです。

それに、会社員として
学べることも多いし
なにもすべての人が起業することないのです。

ただ、今が
どういう状況にあっても
野坂さんのように
でも、なんの後ろ盾もなく
なんの保証もなく、お金もなく、
それでも

掲げた人生の目標に向かって
独立できるという
その、「勇気」だけは欲しくないですか?
ないより、あったほうがずっといいですよね。

この「勇気」の元になっているのが
自分の未来と、
自分を信じることができる
ということなんです。
 
なかなか一歩出ないのは
やっぱり、自分の未来に対して
「ぜったいだいじょうぶ!」と
思えないからです。

だから
自己投資して、
「自分ならできる!」と思えるように
自分を磨くことが、勇気ある
人生を作れる方法なんだと思います。

本を読む
人に会う
とにかく、なにか
行動してみることが
いちばん、大事です。

■さて、この、勇気の話は

絵本
「ぼくはちいさくてしろい」と同じなんです。
http://mmct.jcity.com/?ct=136F14093F17F0F0

しろいペンギンの「ぼく」がお母さんに聞きます。

「勇気はどこにあるの?」

おかあさんペンギンが答えます。

「歩いて行けば出会えるの。
 でもね、そこで泣いていたら
 勇気に出会えないのよ」

今の自分に自信を持ちたいのなら
とにかく、動いてみることです。
 
そして!

なにから動いていいのか
わからない人は

◯ ワダカフェを聞く
◯ 和田の本を読む(5冊ノルマ)
◯ 和田のセミナーにくる

など、おすすめです(笑)

ど、ど、どうかな?

あと、今日のゲスト、野坂さんの本です

「勝ち続ける会社をつくる起業の教科書」
http://amzn.asia/b5MMMqm

起業したい人におすすめです!

ではね〜

和田裕美


======
 編集後記
======

みなさん、こんにちは!
いつもありがとうございます、
スタッフの黒澤です。

自分を信じる、
自分の未来を信じる

お恥ずかしい話ですが、
私はずっとそれができませんでした。
あなたはダメな子という
「否定」のなかで育った弊害か
自分を信じることができなかったのです。
はじめの一歩どころか、
マイナス十歩くらいですね(笑)

でも、自信はなくても
勇気って持てるんですよ。
おかあさんペンギンも言っています。
「さいしょに ゆうきにであうから
 いっしょに あるいていきなさい。
 きっと ゆめにであえるから…」

マイナス十歩だろうが、百歩だろうが
そこがはじまりで、
勇気をもって、はじめの一歩なんですよね。

和田も難しいことは語っておりません。

「今の自分に自信が持ちたいのならば、
とにかく、動いてみることです」

この言葉が
どれだけ意味深いものかは、
動いた人だけがわかると思います。

みなさまも
ゆうき(勇気)と出会って
いっしょに歩いていってくださいね。

■さて、
先日の吉祥寺の絵本のイベントでは、
絵本の誕生秘話や営業との共通点のほか、
大人の世界やビジネスでも使えるヒントが
たくさん話題になっていました。

神保町ではどんな話がとびだすのか、
私たちスタッフも楽しみです。

■「ぼくはちいさくてしろい」発売記念イベント
〇2018年4月1日(日)14:00〜15:30
〇@三省堂書店神保町本店 8階特設会場
▼詳細およびお申込みは、こちらから▼
https://www.books-sanseido.co.jp/events/306737

■実はビジネス書?!
勇気をもって歩くきっかけに、お守りに。
大切な人へのプレゼントに。
絵本「ぼくはちいさくてしろい」は
絶賛発売中!
http://mmct.jcity.com/?ct=136F14093F17F0F0

■そして、本日文中にもご紹介した
和田裕美のブログ「ももブロ」も
ぜひぜひご覧くださいませ。
メルマガと併せて読んで情報通に!

和田の「今 」がわかるブログです。
https://ameblo.jp/wadahiromi/


それではまた、次回のワダビジョンで!


=================

▼和田裕美のラジオ「WADA CAFE」▼
2月より復活いたしました!!

FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00配信です。

*放送エリア外のかたには
Podcastでも後日お聴きいただけますので
ご安心ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

*さらに、さらに!!!
アメリカはLAの
TJS Radioでも放送いたします♪
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)
こちらも、日本国内でも
WEB・アプリ等でお聞きいただけます。


「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast


▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
(ダウンロード教材)はこちら
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記ください。

ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>