和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:上皇超え?
日付:2018/05/14
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■ついにスタートした
全国白熱ツアー。

土曜日は大阪
日曜は熊野と無事終了しました!

ご参加してくださった方
ほんとうにありがとうございます。

熊野では、遠路はるばる
遠くは長崎、新潟など
たくさんの方が(すごい時間かけて)
来てくだったのですが
当日に限って、すごい雨。

いままでのイベントは
すべて、朝が雨でも
イベント時間になると
からっと晴れていたのにとなぜ?と思って
冗談でスタッフに
「すっごく禊が必要なんじゃない?」なんて
言っていたのですが、

現地のイベント担当の方が(鳥居の店の鳥居さん)

「今までは、屋外のイベントだったから
 晴れたんです。
 今日は屋内なので、雨が降っても開催できるから
 止まないんです、そういうものです。
 屋外だったら、ぜったいに止んでいます」
と自信満々でおっしゃっていました。

だから、次回のイベントは
どんなに暑くても、寒くでも
屋外でやることにしました。

…とつまりは
もう一度、熊野でイベントすることに
なりそうです。(笑)
(詳細は決まってからね!)

■熊野は古くから熱い信仰に
支えれた聖地で、熊野詣が流行っていたのは
平安時代から、鎌倉時代にかけてで
白河上皇が9度、鳥羽上皇が21度、
後白河上皇が34度…と
熊野詣をされているらしいのです。

それも、すべての行定を「歩いた」わけで
どれほどの魅力があったかは
昔の人のほうがより深く知っているみたいです。

…と、
わたしは、熊野本宮大社さんには
もう50回以上は詣しているので
後白河上皇超え!しているのだ!すごぃ。と、
密かに自画自賛しているのですが
飛行機、車を使っているので
自慢にもなりませんよね。(笑)
で、ででも、何回も!ってすごい大事なんですよ。

■わたしね、”これ!”
と思った自分が好きになった
”人と神社”においては
深堀するほうが好きなんです。
同じ神社、同じ人をより深く知りたいのです。

もちろん、いろんな神社にお参りもしますが
やっぱりね、何回も何回も何回も行くと
縁というものはより深くなるんです。

そして
いつのまにか
自分の居場所がそこにできるんです。

それに、深堀しても深堀しても、未だに
知らないことが山のようにあって
そして、何度同じ場所に行っても
これが不思議と、だんだんと
発見が増えていくんです。
雨の日の顔、寒い日の顔、
春のさくらのとき、
新緑のときなど
すべて違うからいつも
新しい出会いがあります。


■人も同じです。
たくさんの人と広く浅く
つきあうのもいいけれど、
やっぱり、「この人!」と思ったら
とことん深堀してほうが
わたしは好きです。

1回会うよりも2回
2回よりも3回
10回になったら?
30回になったら?

どれだけ関係性が変わると思いますか?
その深堀のなかに
どれほど深い学びがあるかわかりますか?

■わたしは、神社じゃないけれど…(苦笑)
で、で、でも、人として
なんども会いにきて欲しいのです。
まだまだツアーは続きますし
何回参加してもいいのです。


それに!
大阪、熊野と両方参加された方が

「昨日(大阪)と話の内容が違うので
 また違うところも参加します!」と
スタッフに言い残して帰られたみたいです。
同じパワポを使ったし
朗読の音源も同じだったので
そう変化はないはずなので
わたし、ぜんぜん違う話をした記憶がないんですが…(笑)

でも、その場所の空気とか
参加された方の気配とか
すべてが、いろいろと影響し合うので
同じ内容を話したつもりでも
表現の方法とか、例題とかが
違ってくるのは事実です。

どうか
今生きている和田の深堀をしてみてください。
いや、もうなんも出てこないかもしれませんが
案外、えげつないとか
案外、ゲスいとか
案外、かわいいとか(ごめん…)
もっと気づきがあるかもです!!

ということで
次回、お待ちしておりますね。
http://special.wadahiromi.com/doubletour/

実はわたしたちは、今日は
お休みをもらって
熊野周辺でお参りをしてから
帰る予定です。

では、お参りしてきます。

和田


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
いつもありがとうございます。
スタッフの黒澤です。

大阪と熊野のツアーが無事終わり、
ほっとしております。
お越しいただいたみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

私、初・熊野でしたので、
感動もひとしお。
ツアーとともに素晴らしい体験を
させていただきました。

お手伝いをいただいたみなさまも、
ほんとうにありがとうございました。

ツアーの詳細は青ガッパが
ブログに書いておりますので、
ぜひぜひご覧ください!

大阪会場編
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12375435289.html

熊野会場編
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12375792522.html

お申込みはこちら ↓↓↓
■和田裕美の「陽転」×「営業」白熱ツアー
http://special.wadahiromi.com/doubletour/

実はまだ熊野におります(^o^;)


それではまた次回のワダビジョンで!


=================

■和田裕美 株式会社HIROWA
スタッフブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/

■和田本人のブログ
ときどき更新されます。
https://ameblo.jp/wadahiromi

▼和田裕美のラジオ「WADA CAFE」▼
2月より復活いたしました!!

FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00配信です。

*放送エリア外のかたには
Podcastでも後日お聴きいただけますので
ご安心ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

*さらに、さらに!!!
アメリカはLAの
TJS Radioでも放送いたします♪
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)
こちらも、日本国内でも
WEB・アプリ等でお聞きいただけます。


「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast


▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
(ダウンロード教材)はこちら
https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
すべて目を通させていただいております。

いただいたご感想などにつきましては
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございます。

なお、基本的には実名での
ご紹介とさせていただきますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記ください。

ご希望のニックネーム等があれば
ご一緒にお知らせください。

ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


▼HIROWA公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>