和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:つかってよかった!でお金来る
日付:2019/01/10
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは 和田ひろみです。

■年末年始っていろいろと
お金を使ったかと思うのです。

で、ちょっと
「いたたた〜」
なんてことになってたり?(笑)

あくまでもお金の考え方は
個人的なものなので
押し付けることもないのですが

わたしがいつも
セールスの現場で言ってきたことは
「生活を棒にふらない程度なら
 わくわくしたものがあったら
 お金を使ってください」ということ。

セールにいってお金使いすぎたり
年末年始の旅行や帰省で
お金を使いすぎたなと思っても
それだけ、楽しめて
わくわくできたなら

「あ〜使ってよかった!」と
出ていったお金に対して、めちゃくちゃ
ポジティブになったほうがいいです。

そうやって、
ポジティブに受け取っていることは、
潜在的に、
「出ていっても入ってくるから大丈夫」
という確実な思いがあることに
繋がっていくからです。

でも
「ああ、使った。なくなった。ああ…」と
さみしい気もちになっていると
それは、潜在的に
「なくなって困る」という意識を
植え付けてしまうことになるので
お金マインドが貧しくなるんです。

今を「肯定」することが
未来をわくわくに変えていくんです。

■稼ぐことをいつも大事と言っていますが
それと同時に使うことはもっと大事。

もし、コツコツお金を貯めることが
すごく大事と思っていたら
たぶん、稼ぐ意味なんて生まれないんです。

なにをやりたい
なにになりたい
なにが欲しい
という「思い」があって
それを持てる手段に
(ぜんぶじゃないけど)お金を使う。

未来を作るために、今、使うことが大事
それは「わくわく投資」だからです。

わたしも
老後のこと心配して
お金を貯めなきゃと思ったこと
あったけど、

いったいくら?
いったい幾つまで?
ということが、見えなくて
ぜんぜんわからないんです。

うちの父親が死んだとき
わたしたち姉妹は
父の貯金を相続したんだけど
もっと、旅行いったり
もっと、あれとかこれとか
したらよかったのに…と
振り込まれたお金見て思いましたもん。

身体動かなくなってから
お金って使えないんですよね、
旅行も行けないし。

今、手元から消えても
すぐに戻ってくる
旅して大きく戻ってくる
そんなお金の使い方をすることが
なにより大事かなと思うのです。
(つまりは自己投資なんだけど)

■去年、
「今年は戌年だから株が上がるよ」と
言われて、わたしも例に漏れず
損を被ったわけですが(笑)
そんなこと繰り返しながら
「それでも、怖がって
 なにもしなかったよりもよかったな」と
思っているんです。

だって

「出ていくと、空間ができる
 そこに新しいものが入る」というのは
鉄則ですから!
(これを心から信じていたら)

転職するときも、起業するときも
「お金が入ってこなくなったら」とか
「お給料が減ったら」とか
思うから動けないんでしょ?

でも、だからこそ
「出ていくと、空間ができる
 そこに新しいものが入る」
ということを
もっともっと信じてください。

わたし、ずっと誰からも
お給料もらってないけど
そして、たまに
めっちゃ先行きが
不安になることもあるけど
なんとかやっています(笑)

ではね〜

と、追加!

■さて、
なんだか昨日のメルマガでも
梅津先生こと書いているので
ちょっとだけ続き。
(梅津先生とは
 陽転思考を広げてくれた
 小学校の元校長先生)

昨日は先生のお通夜だったのです。
船橋駅(千葉)からバスかタクシーで
25分という場所で
ちょっと遠かったのですが、
先生が20代のころの教え子さんとか
(もう40代になっている)
最近の生徒まで制服姿で駆けつけて
PTAの方、あちこちの学校の先生とか
もうたくさんの人が集まりました。

「家族だけでこじんまりと」と
最初はおっしゃっていたのに
あちこちの方がどんどん声をかけて
集まったわけです。

わたしが乗ったタクシーの運転手さんが
「偉い方なんですね」というので
「はい、小学校の元校長先生で」と言うと
「それは、すごい校長ですよ
 いってはなんですが、普通の校長先生で
 こんなに集まることって滅多にないです。
 聞いたことないです。
 すごい方だったんですね」と
言ってました。

そうなんですよ
あの人、普通じゃないんですよ。
だから、わたしも覚悟きめてやらないと
なんですよ、と
思って泣いた夜でした。


ではね。


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
いつもありがとうございます。
スタッフの黒澤です。

〜「お金が入ってこなくなったら」とか
 「お給料が減ったら」とか
 思うから動けないんでしょ?〜

はい、私もそうでした。
事務屋なんて仕事になるだろうか、
お金にならなかったらどうしよう、と
躊躇したこともありましたが、
動き出したらいろいろなことが
まわりだしました。

「出ていくと、空間ができる
 そこに新しいものが入る」
というのはほんとうです。

洋服ダンスを思い出してください。
ぐちゃぐちゃに一杯に入っている
引き出しの中のものを畳んだり、
いらないものを捨てたりすると
隙間ができますよね、
そこに新しいものが入る、
そんな感じです。

動いてみるもよし、
整理するもよし、
新しいものを取り込むために
信じて動いてみませんか。
きっとそうして
自分を取り巻く世界が
変っていくのだと思います。

「でも…どうしても動けない」
という方は
まずは自分の思考グセを変える
チェレンジはいかがでしょう。

スクールなら心強い同期と一緒に
学べます。
☆陽転エデュケータースクール第6期
ただいま、受講生受付中!
http://special.wadahiromi.com/youteneducator/

スクールに参加できない方は、
CDで自主学習もあります!
毎日聴き込んで、陽転体質に。
☆陽転思考オーディオBOX
http://special.wadahiromi.com/cdbox/

こういう「つかってよかった!」が
次のお金を生むのだと思います。

きっと「よかった」があります。

毎日更新のスタッフブログ
今日は、尻をたたかれて
(サバの尻ってどこ???)
黒サバの登場〜!( ̄▽ ̄;)
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12432018639.html


それではまた次回のワダビジョンで!


====================
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1