和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:黒ひげとオリジナル
日付:2019/03/07
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


ワダビジョン
2019/03/07

こんにちは 和田ひろみです。

■急にブルーレイレコーダーが壊れたので、
楽しみにしている朝ドラの
「まんぷく」が途中から
観れなくなってしまいました。

数回観れてないまま
今朝の「まんぷく」をみたら
もう10年後になっていて
子供が大人になっていた!

そして、カップ麺を作ろうとしている!!!!

時間が過ぎるのが早過ぎる・・・・

そうテレビだけでなく
自分も自分の周囲も。
やや焦る。(笑)

■そうそう、それで思い出した。
わたしのお気に入りの本で
「国産はじめて物語」(https://amzn.to/2NLkpY8)
というのがありまして
この本にも「チキンラーメン」が
世に生まれた話が書いてあるんです。

ここでもう一回
引っ張り出してきて
再読してみて
世にないものを生み出すことの
すごさを実感しています。

■それにしても今のわたしたち、
コピペ文化があるし、
オリジナルで語る人も
どんどん少なくなってきていますよね。

もちろん、わたしも含め
みんな
誰かに影響を受けているので
その若干の「模倣」があるのは当然だし
売れたらいい
儲かったらいいと考えれば
中国にある変な
ドラえもんもどきもオッケーになるのですが

やっぱり、なにが大事かっていうと
自分で考えて
自分で産みの苦しみを味わって
自分で作ることで
身につく力かなと思います。

効率が悪いけれど
効率が悪いからこそ
人の心に長く伝わるものに
なると思います。

■そうは言っても
すぐに自分の「オリジナル」なんて
なかなか見つけるのは大変と
思うかもしれません。

でも、今学んでいることを
自分なりに考えて
自分の経験と合わせて
落とし込んで
実践して、自分の言葉にすることで
確実にオリジナルになっていきます。

わたしから営業を学んでも
考えて、実践して、経験と合わせたら
それは完コピにはなりません。
学んだ人の
そこから「オリジナル」になるんです。

セミナーを受けた人
それぞれがすごい結果を出して
くださるのは
コピーしたからじゃなくて
めちゃくちゃ練習させられて
体で覚えて実践して
自分オリジナルを作れるからです。

受け取っただけだと変われないです。
練習して経験と合わせてみてください。

■さて、さっきの本ですが
これいろんな商品が
生まれた話が書いてあるんです。

ポップアップットースターとか、
黒ひげ危機一髪とか。

わたしNHKEテレの「芸人先生」で
タカラトミーさんの収録だったとき
この本がすごく役にたったんです。
(「芸人先生」本にもなっています。
https://amzn.to/2tRTYXt)

「黒ひげ危機一髪」の開発秘話を読んでいたので
それをコメントに使うとか関係なく
その原点を知っていることで
なんかすこし親近感をもてたからです

ちなみにこのゲーム
今は「黒ひげ」がポーンと出ると
負けだけど、最初はそれが「勝ち」だったそうです。
でも売り出してから
遊ぶ人が「勝ち」を「負け」とするようになって
自然に定着したそうです。

オリジナル商品も
消費者のほうが
自分のオリジナルにしていく。

そうやって広がるんです。

ではね〜

和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは!
スタッフの山下です。

本日のメルマガ、
タイトルを見たときに
「黒ひげとオリジナルって、何のこっちゃ?」
と思ったのですが、
そういうことだったとは・・・

“考えて、実践して、経験と合わせたら
それは完コピにはなりません。
学んだ人の
そこから「オリジナル」になるんです。“
という一文に、
私はなんだか心軽くしてもらった気分です。

何か学んでやってみても、
「これは自分のものじゃないし」
「真似しているだけなんじゃないか」
という気持ちが、
私の中にこっそり潜んでいたんですね。
でも、
私の経験は「私のもの」。
だから、どんどん練習(実践)して
経験をかけ合わせていけば、
オリジナルとなる。

思えば、「守破離」という言葉も
最初は「守」。
「型をまずは徹底して真似る」
ということができてからの
「破」・型破り。

だから皆さんも
まずはどんどん真似てOK!
それを実践して、
経験を積んでいって、
自分オリジナルを作っていきましょう。
(ええ、私も頑張りますよ)


ということで、
和田をどんどん真似る(学ぶ)機会を
ダダダッとご紹介!

まず、和田の営業力と陽転力を
「両方一気に学びたい!」
という方へはこちら!
▼白熱陽転ツアー
http://special.wadahiromi.com/doubletour/

温泉にもつかると、
ワダエキスがさらに脳内に浸透していくこと、
間違いありません。


そして、和田の講演などを聴いて、
「心動かされた!
ああ、私もそんな風になりたい!」
という方へは、こちら!
▼和田式「人に好かれて、人を動かす話し方講座」
http://special.wadahiromi.com/ugokasu/


そしてそして!
ワダエキスだけにとどまらず、
少人数で、
「色んな分野の一流講師陣から
人生100年を生き抜く、稼ぐ力を学びたい!」
「互いを応援し合える仲間が欲しい!」
という方には、こちら!
5月開講、カセギスキル!!
・・・・・
って、
あ、募集はまだでした(汗)
ごめんなさい。もう少しお待ちくださいね。

・・・と、こんな風に、
和田を真似る機会は続々とあります。

受講されたら、真似だけにとどまらず、
実践をお忘れなく。


最後はいつものようにスタッフブログ!
今日はというと・・・
おぉ♪これはまさに
「和田からの学び×実践×経験=オリジナル」
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12445065238.html


それではまた次回のワダビジョンで!

==================
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1