和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:なかなか買えないのただ
日付:2019/05/15
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


ワダビジョン
2019/5/15

こんにちは 和田ひろみです。

■昨日はまたもや
「芸人先生」の収録で赤羽方面に行っておりました。
とある家具の会社さんです。

そこ、本社ビルの下にそのまま店舗があるので、
収録が終わってからお店を探索・・・

でも、わたし別になにか欲しいという
目的があったわけじゃないので
店内をさまよって
「なんか欲しいものないか?」と
歩きまわっていたのです。

■ところが
「あ、これ犬用のクールマットだ!
 買おうかな・・・」と思って手にとっても
ついつい
(荷物になるしな、ネットで探そうかな)
(もっとかわいいものあるかもな)とか
思ってしまうわけですよね。
そしてどっちでもよくなり、元に戻す。

この後も店内をぐるぐるとしながらも
手に取る、「買おうかな」と思う、
「でもいいや」ともとに戻す・・・の繰り返し。

そうです!
これが購買への遠い道のりなのだ〜〜。

■わたしはこの自分の行動を
客観的に見ながら
みなさんが本屋で
和田の本を手にとってからの心理さえも
よく理解したわけです(笑)

「買おうかな(手に取る)」
「う〜んでもあとでネットのほうがいいかな」
「いや、ワダ本よりもっといい本ないかな」
「後で考えよう(もとに戻す)」

(こらっ〜〜)

でも、まあほとんどの場合
後で、、、なんてやってこないし
「ちょっといいかな」くらいの訴求は
霧のように薄く、しらっ〜〜と消えてしまうのです。

■大事なことは二つ。

まずはお店の側の陳列の工夫です。
そもそも「なんとなく見に来た」人が多いならば
「これが今すごい売れている」というポップ
使い方とか、コメントとか。
そして、入り口あたりにどーんとワゴンで
置いてあるといい。
そういう訴求があると
もうちょい背中押してくれるんですよね。

そして、もうひとつ。
もっと大事なことは
買う側のインスピレーションです。

いいなと思って
手にとってわくわくしたら
それは一期一会かもしれない。
後はやってこないのだから
ちょっとでも感じた「わくわく」を大事して
動いてみるってことです。

結果的に
動いたほうが
「買ってよかった」を手にできます。

仮に、
買って失敗したとしても
経験を持てて
失敗した人でさえ
「今度はあの類のものやめておこう」という
実体験での自分の意見を持つことが
できるのです。


■ということで
和田はその後「わくわくグッズ」に出会って
ちゃんと買ったよ〜。

お料理用のハサミ、
キッチンクロス(使い捨て)、
ペットボトルにつけたら
米びつの代わりになるやつ。

野菜をハサミで切って
まな板を使わないで
おおちゃくしてみたかったんです。(笑)
わくわく。


■さて、それでも
「買わずに手に入れたい!(読みたい)」という
人いますでしょうか?(笑)

ええ、そんな方に朗報です。

わたしの小説「ママの人生」が
ようやく「タカラモノ」というタイトルになって
中身も冒頭から書き直して
ついに6月発売になります。

その中身が今読めちゃうサイトがあるのです
NetGallely
https://www.netgalley.jp

ここ、登録したら
出版前本が読めるんです。

感想待っています。
(さらっと書いてるけどすごい欲しい)

ではね〜


======
 編集後記
======
みなさま、こんにちは!
いつもありがとうございます。
スタッフの山下です。

ちょっと今わたくし、
ワクワク興奮しています。

だって、
出版前本が読めるサイトがあるなんて!
ご存知でした?
私、知りませんでした。
これは早速登録して、
「タカラモノ」を読まないと!
(そして感想も送ったらサクラでしょうか?笑)

そうなんです。
和田の初の小説「ママの人生」
タイトル変わって「タカラモノ」となり

文庫本で6月にいよいよ発売です!
表紙もイラストになってかわいいんですよ。
すでに、テレビ関係の方から
「ドラマにしたい」という声もあるとか・・・。


もともと板尾創路さんが「映画にしたい!」と
おっしゃったママの人生が、
冒頭から書き直して、
どんな風になったんでしょうか?
ほのみは?ママは?パパは?

気になりません?(ふふふ)

ということで、
読んでの感想、お待ちしています。

まだ「ママの人生」を読んでいないよ
という方は、
どこが変わったのか知りたくないです?
それに
(冒頭の強烈なシーンが読めるのは
こっちだけですので)

この機会にぜひどうぞ。
☆「ママの人生」
https://ux.nu/ATWwF

あ、人前で読むのはお勧めしません。
「喫茶店で読んで最後は号泣してしまい、
 外で読んだのを後悔しました。笑」
という感想をいただいたくらいですから。

「新しいのが出るなら、
 そっちだけでいいかな〜」
という人もいるでしょうが、
いやいや、和田が書いているじゃないですか。

『買って失敗したとしても
 経験を持てて
 失敗した人でさえ
「今度はあの類のものやめておこう」という
 実体験での自分の意見を持つことが
 できるのです。』って。

和田の本を買って失敗はないけれど、
失敗したことが、自分の糧になるんです。

それでもなあ・・・と迷うあなたには
こちらです。
☆「失敗してよかった」
https://ux.nu/Yugdo

いわずもがな陽転思考の本ですよ。
今までしてきた失敗も
これを読めばこう言えるはず。
「ああ、失敗してよかった」って。

でも、なにより強烈なのは
陽転思考にどっぷり疲れる
これですよね。今でも人気NO1です。
日々、しんどいこと、辛いことあっても
これを持っているとどんどん幸福度があがっていく!

☆「陽転思考オーディオBOX」
http://special.wadahiromi.com/cdbox/

陽転思考について語る和田の声を
耳からシャワーのように浴び、
思考グセを変えていけます。
絵本「ちいさくてしろい」の
朗読もついていますよ。


そして最後はスタッフブログ!
ハッピーになる報告とは?
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12461521596.html

では、また次回のワダビジョンでお会いしましょう!
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1