和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:テレビは愚か者が見ると言う人へ
日付:2019/07/25
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


ワダビジョン
2019/07/25

こんにちは 和田ひろみです。

■昨日、あるビジネス書を読んでいたら
「テレビを見るなんて愚か者だ」
なんてことが書かれていました。(苦笑)

「テレビを見ている時間は
 何も価値を生み出していない」とも。
(どの本かは言わないよ(笑))

ううむ・・・
ほんとう、こういう
偏った人がいるから困る
やめて欲しいわ〜と
和田は著者さんと会ったことがあるくせに
むか〜となっているわけです。

たしかに、だらだらと
見ているとか
無意味にテレビをつけっぱなしとか
ためにならないし

高齢者がテレビをずっと見ることで
体を動かさないことも
問題になっています。

でも、これはすべて
情報選択と
情報収集の方法がわかってないから
起こることなんです。

■もちろんテレビだけをだらだら見るのは
ぜったいにダメです
これは冒頭の著者さんにも共感できます。
ただ、いいものもあるし学べることもあるので

「そっかテレビは愚か者が見るのか
 じゃ捨てよう」となってはダメだと
言いたいのです。

■たとえば、
昨日のメルマガでも書きましたが
私は人の会見を見て
「話し方研究」をしているわけです。
だからテレビの前でも
メモ帳持って座っています。
(しかし・・・せこいことやっていますよね(笑))

ビジネス本も小説も読んで欲しい
ネットもいいしラジオもいい
時に新聞も大事・・・

えっそんな見れないって?
(うん、まあそうなんですけど・・苦笑)

とにかく!
言いたいことは
「偏らない」ということ。

メディアも忖度しているし
なにがどう正しいのかはわかりません。
ひとつのことに対して
右側から言うのと
左側から言うのは意見が違います。

だからこそ
自分の情報収集と
選択するものによって
自己判断できることが
重要なスキルとなります。

その真ん中に立って
俯瞰して考えることが大事なんです。

そうしたら
「わたしはこう思う」になれる。
「わたしの意見」が生まれる。
そしてそれは
いつしか自信へと変わるんです。

さて、テレビの話に戻します。

今年のドラマは
「3年A組 今から皆さんは人質です」
とか「あなたの番です」がいい感じ。
(どっちも日テレですね)

今のネット炎上や、
フェークニュースをテーマにしたり
今の社会の歪みとか、そういうことが
わかりやすく語られていて
この二つのドラマの視聴率は
他の(もっといい視聴率のドラマと比較して)
若い人の割合が多いとの結果も
出ているそうです。

レオパレスのずさんな施工問題を
取り上げた「ガイヤの夜明け」も
すごかったです。
そして、
学べるといえば「芸人先生」もね。えへへ

見るものだけを選択して見て
あとはさっと消して本を読むなど
工夫をしながら情報を選択してみても
いいのでは?
今の世の中、ここが大事なんです。
飲み込まれて思考停止になる人が
増えてて嫌なんですよ、辛いんですよ。


あと、言い忘れた。

「テレビなんか愚か者が見るものだ
 わたしは見ない」と言っている人は
  
”今は見てない”のだから
今のことは
なんにも知らないわけです。

だから
「今は見てないから知らないけれど
 昔は見てたときはわたしにとっては
 価値がなかった」という
言い方にしないといけないのです。

ああ、ぷんぷんだ。

ではね〜

和田裕美


======
 編集後記
======
みなさま、こんにちは!
いつもありがとうございます。
スタッフの山下です。

テレビは見る価値がない、
などのことは
私も聞いたことがあります。

そして素直でピュアな私
(ピュアは不要?)
「そうか、テレビは見ないほうがいいのか」
と思っていましたが、

実は・・・・

「あなたの番です」観ています。
そして、
「3年A組 今から皆さんは人質です」も。

だって、面白いんですもの。
それに、色々考えさせられます。

自分だったらどうかな?とか
そんな意見もあるよね、とか。

昨日のメルマガではないですが、
「ハッピーエンドにするにはどうするか?」
「自分が成長するためにはどうするか?」
を考えながら見れば、
どんなものでも、
自分の血肉になるはずです。
(と、見る理由をつけてみました)

そして和田が書いているように、
大事なことは、どこから情報を取るか
ということよりも、
いろんな角度で情報収集して
そこから自分で判断すること、
なんですよね。

ああ、これだけで授業になる。
興味ある方いますか?
和田にセミナーを持ち掛けようかと
もくろむスタッフ山下です。

ご希望の方は
support@wadahiromi.comまで。

そのセミナーの前に
良質な情報に触れ、
自分の判断基準が上がっていたら?

・・・・
加速度的に
結果が出ると思いません?

というわけで
良質な情報に触れたい方には
こちらおススメですよ。
☆パワースクール
http://special.wadahiromi.com/powerschool_lp/

今ならリニューアル記念プレゼントも
ついてきます。
和田が触れた情報の中から
厳選して、毎週動画やメールで
最新の情報をお届けします。

仕事で結果を出したい!
前向きにいつもいたい!
人生をよくしたい!

と思うなら、
この機会にお試し感覚でどうぞ〜。
(いつでもやめられます)

そして最後はスタッフブログ!
今日も侍が、朝からキレッキレです。
☆スタッフブログ
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12497607000.html


ではまた次回のワダビジョンで〜〜〜。


====================
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1