和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:落ち込んでいるときは本当の自分じゃない
日付:2019/11/07
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 <news@wadahiromi.com>

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

--------------------------------------
ワダビジョン
2019/11/07

こんにちは 和田ひろみです。

■昨日、「命について考える」なんて
哲学的なタイトルをつけて
あとで自分の配信をみたときに

「しまった。なんか恥ずかしい」という
気持ちがこみ上げてきました。

いやお前
体操服を着る方がよほど
恥ずかしだろう?

いくつになっても
夜中にカラオケで熱唱して
泥酔、二日酔いとかのほうが
もっと恥ずかしいだろう?と

自分でも思うのだけど
いや、こっちのほうが恥ずかしい。

なぜって
「命について考える」って
ほんとうは(昨日書いたことよりも)
もっともっと深いことなのだから。

例えば、動物の殺傷問題とか
自殺者2万人とか。
(でも両方とも毎年減っている)
だから、メルマガでは書ききれないです。

■先日、ある人が
こんなことを言いました。

「最近、死にたくなった」

ええっ!!!と
周囲が振り返るくらい大声だして
びっくりしたわたし。
明るく元気で自信ある人がなんで?

「どういうこと?」
「なんか、生きていくのが嫌になって
 ぜんぜん動けない。で寝てばかりだった」
「じゃ、寝ながらNetflixとか見てたの?」
(和田のズレ過ぎた質問・・・)
「いや、それも見れない感じ」
「で、でもご飯は食べた?」
(生きているから食べているだろう)
「なんとか食べていた」
「いや、自分でそういうときって作るの?」
(だめだ質問がどんどんおかしい・・・)
「もう、欝。真っ暗で。」
「そうか、人生は一寸先はダークだもんね」
(ルー大柴になって笑いをとりにいく)
「・・・・」
「そうか・・・」
(ウケなかった・・ルー語って気づかれない)

と、あまりにびっくりして
切れ味のわるく会話を展開。

■けれど聞いていたら
わかってきた。

「死にたいのではなく
 生きていきたくない」

つまりは、これから先の人生
いろいろな新鮮なことへの
期待が薄まってきたから起こること。

(結婚しよう、就職しよう
 留学しよう、出産しようとかの
 これから
 未来に起こることへの期待が
 消えてくる)

そんなとき
人ってため息が多くなって
「もう、いいかな人生」と
なってしまうのかもしれません

それってなんかわかります。
だからわたしは
「わくわく」がテーマなんです。

■で、その人が
どうやってその状態を
脱出したと思いますか?

実は学んだことから脱出したんです。

その人は
とっても学びが多い人で
以前から学問的に
いかに客観視するかで
冷静になるということを
徹底的に学んでいたことが
役にたっていたのです!

「こんなにやる気がないのは
 自分が本当に死にたいのではなく
 更年期だからだ。
 いつか抜けると客観視して、
 もう一人の自分が冷静でいれたから
 大丈夫だったんだと思う」

明確にはっきりと
客観的に認識できたから
無意識にマイナスに向かう自分を
制御できたってこと。


■これ、まさに
陽転思考でもやっていることです。
なぜなら「よかった探し」は
悪いことを無意識で考える状態を
意識化して客観視(メタ認知)できる
簡単な方法だから。

だからこそ
日々の「陽転思考」が大事です。
いざというときの救済グッズは
常備できても
心の救済は自分の内側で
するしかないから。

客観視して落ち込んだときは
ほんとうの
“自分じゃない”と気づくことです。

あとはやっぱり
「学び」

新しいことを学んで
自分を磨くことが
生きることにつながります。

初めての営業1 dayコースで
和田が刺激のシャワーを
浴びせかけます!!

よかったら
自分の後輩や部下にも
勧めてみてください。
1日でマインド変わって
変身してかえってくるかも。

ではね
本気で一歩を。
今すぐに。

和田裕美


======
編集後記
======
みなさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
スタッフの山下です。

やばい・・・
まじめな話なのに
吹き出してしまいました。
(うけなかった・・・ルー語って
 気づかれなかった、のところ。
 きっと同じ仲間がいると信じたい)

たぶん私が吹き出せたのって
和田が言うところの
「客観視」できているから
なんだと思います。

でももし自分が鬱だったり、
なんか落ち込んでいたり
ネガティブモードだったら・・・
きっと吹き出せなかった。

ほんと心を整えるって
大事だなあと
しみじみ感じています。
(ビバ!陽転思考!)

そうやって心を整えられるのは
そういう方法があることを
知っているから
(学びがあるから)
なんですよね。

だからもし
何かうまくいっていないなあ〜
と気持ちが沈みかけていたら
「学び」の力、
頼ってみてはどうでしょう?

そう、刺激いっぱい、
今年最後の和田裕美のセミナーで!
↓ ↓ ↓
「売れる人」になるためのファーストレッスン
〜初めての営業1DAYセミナー〜
http://special.wadahiromi.com/uretame/

人生100年時代に向け、
自分の価値を上げることが大事と
和田も常々申していますが
カセギスキルや
売れる営業に変わるセミナーは
ちょっとハードル高いな・・・・
という人に、うってつけです。

誰からも信用され、
相手の背中を押せる
コミュニケーションのコツ、
売れる人になるためのベースを
和田がお伝えします。

ぜひ直に、
和田シャワーを浴びに来てください。

そして最後はスタッフブログ。
動画撮影の様子をレポート!
あの方もいい味出していらっしゃいますよ。
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12543141627.html

また次回のワダビジョンで!

--------------------------------------
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1