和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:小学校での陽転が実現するわけ
日付:2019/12/02
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine
--------------------------------------
ワダビジョン

こんにちは 和田ひろみです。

■日曜は
「初めての営業1Dayセミナー」でした!

定員60名の方に参加いただきました。
広島から、福岡からも
遠方の方もありがとうございます!
楽しかったし、
必要性がまだまだある。
今後は福岡、名古屋でもやるか
検討してます。


■そして土曜日は
千葉県市川市の福栄小学校にて
陽転思考の授業をしてきました。
ディズニーランドを通り過ぎたあたりの
ところにある小学校です。

来年は2月も3月も
千葉の小学校で授業をします

え、なんで千葉ばかり・・・?(笑)
そう「ザ・ちば!」に集中しているのです

これは「千葉小学校の小さな口コミ」現象です。


■もともとは
千葉の八千代市にある
新木戸小学校の梅津元校長が
わたしの講演を聞いて
「陽転思考はすごい!」
と刺激を受けてくださったことから
授業化となり、その先生の「思い」が
千葉の小学校に
伝染していったのがきっかけです。

だから、千葉の小学校の先生たちは
すでに
陽転思考を自ら
勉強してくださっているのです。


■小学校で授業することは
単にわたしが一人で参上して
語るだけだとダメなんです。

校長の理解も必要、
そしてこの授業は
和田と先生が一緒になって
実施するからこそ
子供達に浸透するのです。

感情なんて
陽転思考を知っていても
なんどもなんども
乱れて落ちます。

だからこそ
そばにいる大人が
一緒に「よかった探し」が
できるかどうか。

これ、めっちゃくちゃ大切。

本当は親が一緒に
「よかった探し」を毎日やってくれる
そんな習慣があることが
なにより大事なんです。


■先日の日経新聞では
「教育虐待」の記事がありましたが

苦手だった計算問題を解けた息子が
「パパできたよ!」
と嬉しそうに答案をみせたときに

「なんだ。それ以外はできてないじゃないか」と
父親が言うと

その息子はその後
塾も学校にも通えなくなったという内容です。

そんなことがなくなるように
より多くの人に
「よかった探し」を広げるのだ!
と和田は思うわけです。


■さて実は、残念なことに
冒頭の梅津先生が今年のお正月
ほんとうにほんとうに突然
お亡くなりになりました。

誘導してくださった方がいなくなるなんて・・・
もう、小学校での授業は無理かなと
思っていたら、
ちゃんと授業を参観していた
若い先生たちには浸透していて
今回の授業へとつながっていきました。

「思い」って
受け継ぐ人がいれば
残って
繋がって
生きていくのです。

たとえ
その人が死んでも。

さて、陽転思考を広げる人を
さらに増やさねば!
ということで
来年2月に
「陽転エデュケータースクール」をやります。
(募集はもうすぐです。)

一緒に小学校へいくこともありますので
陽転思考を広げたい人は
授業をぜひ受けてみてください。

では、今から
K大学で講演です
どうなるかな・・・?
(去年は怖かった(笑))

では〜

和田裕美


======
編集後記
======
みなさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
スタッフの山下です。

そうなんです。
この週末、営業と陽転の両面で
和田シャワー放出だったのです。

今回の授業には
陽転エデュケーターの方も
サポートで一緒に同行されていました。

私、その様子を写真で見たのですが、
和田も陽転エデュケーターさんも
いい表情!
みんな、笑顔が最高です!

そして、エデュケーターの方から
次のような感想もいただきました。
少し紹介しますね。
↓ ↓ ↓

私も和田裕美さんのワダシャワーを浴びて、
もっともっと陽転思考を広めたい
多くの人達にこの想いを届けたい
と決意を新たにしました。
最高の時間をありがとうございました。
感謝してます。
(T.A様)

私も和田さんが小学生に熱心に
陽転思考を伝えているお姿に
心うたれました。
不慣れなサポーターでしたが
子供たちと一緒にかるたも楽しめて
改めて陽転思考の素晴らしさを
感じました。
(I.W様)
・・・・・・

陽転エデュケーターって
何するの?
自分にもできるの?
という質問もよくいただきますが
陽転エデュケーターの活動は
体験セミナーの開催だけではなく、
このような活動のサポートもあります。

「陽転思考を世界へ!」という
合言葉のもと、
2019年は動き出し、
来年もさらに陽転思考を広めたい!
と和田も思っていますので、
ぜひ一緒に広めていければ嬉しいです。

・・・あ、募集サイトはまだだった。

まずは自分が陽転思考を体験することが
大事ですよね。

ということでこちら。
「陽転思考オーディオBOX」
http://special.wadahiromi.com/cdbox/
CD7枚組で、いつでもどこでも
何度でも、耳から和田シャワーで
定着できます。

そしてなんといっても
パワスクです!
https://powerschool.tokyo/

陽転思考オンライン講座で
和田から最新のレクチャーにプラス、
朝礼にシークレットセミナーにと
いろんな和田シャワーを浴び放題!
そして今なら
和田と直接会える機会がある!
(新年会、募集中〜!)

もちろん陽転思考と言えば
よかったカルタもお忘れなく。
http://special.wadahiromi.com/yokatta_karuta/

このカルタ、
もうすぐ新しい仲間が増えます!

ええ、わくわくでも好評だった
アレです、アレ。
年内お届け目指して、
いま頑張って製作中。
お楽しみに〜。

最後はスタッフブログ。
侍が週末の様子をお届けしています。
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12551834360.html

では次回のワダビジョンで!
--------------------------------------
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1