和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:生徒が楽しく学べる授業ができる先生が持っているもの
日付:2020/02/07
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine
--------------------------------------
ワダビジョン
2020/02/07

こんにちは 和田ひろみです

■今日は千葉の新木戸小学校で
陽転思考授業でした〜。
6年生の4クラスそれぞれに授業したので
各担任の先生と4回のコラボです。

各4人の先生とは
今日初めてお会いして
打ち合わせ5分で即授業。

どうなるのかな・・・?と思っていたら

担任の先生がみなさん前もって
陽転思考の勉強をしてくださっていたので
やたらとスムーズにすすむし
教室中盛り上がっておりました。


■そこで今日あらためて思ったのですが
生徒が楽しそうで
集中しやすい授業というのは
やっぱり
一方的に話すのではなく
「みんな、こうだよね?」
「こう思った人いる?」
「これ、聞いたことある人?」

という対話形式なんですよね。

まさに、昨日のメルマガで書いた
「質問力」によって
関心を引いて、盛り上げていくのです。

「質問力のまじすごい効果知っていますか?」
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=2295&tv=


■人は質問されると質問されたことで
頭がいっぱいになる習性を持っています。

だから、質問して対話をすることで
最初はこっちに向いてなかった
相手の意識を
こっちに向かせることができるのです。

質問力は
コミュニケーション力の
ひとつですが、
このような対話スキルは
学校の先生だけでなく
上司にも、部下にも、家族にも、友達にも
人と関わるシーンにおいて
ぜったいに必要です。


「わたし、コミュ力ないから〜」と
それを改善しないままでいることは
自分だけの問題ではなく
関わる相手との問題になるのです。


■とはいえ、人と話すのが苦手という人は
まだまだ多いと思います。

でも、「もういいから」なんて
あきらめないで欲しい。

これから未来はどうなるかわからない。
全部、AIスピーカーでつながっていたり
人がロボット生活していることになって
そんな対話などできなくても
いい世の中になるかもしれない。

けれど、誰かと
楽しい会話ができるということは
自分を幸せにできる能力であることは
変わらないと思います。

今日の授業を受けた
子供達のなかにも
意見をすぐに言える子と
おとなしくて言えない子が
混在していたけれど

拗ねてあきらめている子は一人もいなくて
一生懸命に話を聞いて
「人生よかったカルタ」を
笑顔でやってくれてました。

とにかく
いまからでも遅くないので
コミュ力が弱いなという自覚のある人は
人の話を一生懸命に聞いて
相手に興味を持って
相手を知りたいと思って
質問ができるようになってください。

別にうちのセミナーを
来なくてもいいのです、これは

日々の意識で改善できます。

(それは来た方がいいけど(笑))


とにかく繰り返しますが
あきらめないで欲しい。


■ああ、それにしても
小学生は
あっというまに脳内変換してくれるので
大人よりもスキル高い
だから今日も
全然疲れなかったです。

すっかり仕事をいっぱいした気持ちとなっています
ビール飲みたい(笑)

ああ、
楽しい毎日をありがとうございます
幸せです。

ではね〜


和田裕美


=======
編集後記
=======
みなさん、いつもありがとうございます。
スタッフの幸村です。

ほんと、、すごい!!
この感動をどうつたえたらいいのか・・

僕は今日、
45分の時間のなかで
子供たちの

表情や発言がどんどん変わって
いくのを目の前ではっきり見てました。 

特に最後にやる
人生よかったカルタの
トレーニングで
大きな変化が起こります。

こんなにすぐに
効果があるのか?
とにかくびっくりしたんです。
やはり言葉にできません。

・・・・・これはやっぱり
全国に、世界に広げていくしかない!
と、めらめら情熱が燃え上がっています

人生よかったカルタはこちら
http://special.wadahiromi.com/yokatta_karuta/


そして、コミュニケーション力
まさにこれ、最近のぼくの課題。。

初対面のときや、立場の違う人と話すとき
自分がどう思われるか気にしすぎちゃって
まさに、相手への質問が出てこない・・

だから、せっかく出会った相手と
関係を深められず、、
なかなか楽しく対話することができない

(仕事や日常でこんなシーン、ありませんか?
むむ、、もしやぼくだけか・・)


これ、じつは結構辛いんですが
「陽転思考を世界へ!」ということで
いま、めらめら燃えてますので
今のうちにやる、変える、行動します!!

和田はセミナーに来なくてもいいと
言っていますが、、
やっぱり、絶対に学んだ方がいいんです!

人に好かれて人を動かす話し方講座
http://special.wadahiromi.com/ugokasu/

和田式の話し方を集中して学べるのはここだけ。

気が付けば、東京開催残席僅か、、
東京開催はこれを逃すと来年以降となります。

情熱が燃えている、熱いうちに行動すべし!

チャンスの神様の前髪
つかみ取ってくださいね!


それでは、さいごはスタッフブログ〜
サバ〜女が登場、そして重要なお知らせも!?
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entry-12573439438.html

では、また次回のワダビジョンでお会いしましょう。
--------------------------------------
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1