和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:本当に怖〜い営業
日付:2020/06/18
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 <news@wadahiromi.com>

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine
--------------------------------------
ヤマビジョン
2020/06/18

こんにちは スタッフ山下です。

何?!今日はワダビジョンと
言っていたじゃないか!

と思っている方もいるでしょう。
ええ、私もその一人です。笑

でもこれには深いわけがあるのです。

えっ、和田が虫に襲われたとか?

・・・なんて考える人はいないですよね 
はい、そうではないです。すみません。

それはおいおい書くとして・・・


今日はですね、
和田から聞いた怖〜い話を
お伝えします。


題して
「山下は知った!本当に怖〜い営業」

■あれはムシムシした
6月のある日のことでした〜。

和田とこんな会話をしたんです。

和田
「最近、友人が無料の
オンラインセミナーに出たら
結局最後には120万円の
コースを勧められて
断りにくくなったんだって。
どうも以前よりも
増えてるみたいだけどどう?」

山下
「はい、増えているようです。
 ちなみにどんな内容だったんですか、それ?」

和田
「ええとね、聞いたところによると・・・」


ここで和田が
本当にクロージングかけるような
感情移入ばっちりのトークを。


和田
「今、ここで決めていただくと
 通常150万円のコースが
 120万になります。
 さらに、通常は20万のテキスト
 書籍もついてきます。
 この機会は今日しかありません!
 あ、山下さんお申込みありがとうございます。
 あと5枠です、
 あ、佐藤さんありがとうございます。
 あと20分で終了です。うんぬんかんぬん・・・」

山下
「なんかショーみたいな・・
 でご友人は?120万を・・・」
(和田がいうとなんだか買いたくなるから怖い)

和田
「いや、それで、友人は
 一瞬、『ここで申し込まないと負ける』と
 思ったみたいなんだけど、
 ふと我に返ってやめたとか言ってた」

山下
「あ〜〜(安堵)」

和田
「でもいい内容だったらいいんだけど・・・」

山下
「はい、けれどそういう煽りは怖いですし
 そこは目利き必要ですよ」 

和田
「わたし断るの苦手だから要注意かも。むふふ」

という会話をしたわけです。
(和田は堂々と断れると思う)


■あ、こんな話「関係ねえ」って感じですか?
そうかもしれませんが
和田が懸念していたのは

「こんなプッシュ型のセールスは古いし
 これをセールスだと思って欲しくない」

ということでした。


■コロナがどうなるか
先が見えないときだからこそ
「稼げる自分」を育成することが
なによりも自分と大切な人を守ることに
つながる、というのを
今までに和田はお伝えしています。

でも世の中には
心理的に追い詰めて申し込ませる
テクニック使うセールスがあるのは事実。

調べたら、

「商品の中身はなくていい
 心理テクニックと
 強烈なクロージングかければ
 参加者は買う!」
ということを教えるセミナーも
あってびっくりしました。


もちろん和田も、
外資系のフルコミッション営業で
生きてきた身。
だからそういうテクニックほぼ知っています。
でもあえてプッシュ型は使わないそうです。

なぜか?

それは売り上げは伸びても
未来のお客様を失うだけでなく

「営業」という仕事が嫌になるからです。

だから和田は急遽
営業のセミナーやると言いました。

名前は今までの
売れる営業に変わるセミナーなのですが
なんと中身は、イチから作っています。

ええ、イチから。

だから今日もヤマビジョンなんです。
(それが私が連投している理由)

ではその中身を
ちょいと先出しです!


●1日目:
・圧倒的に売れる営業脳を身につける

・営業など向いてないと思っている人が
もし、営業をしなくちゃいけなくなったら?

・これからのセールスと、コロナのセールスとは?

・なぜ営業は「学歴不問」が多いのか?

・いったい「なに」から取り組むのか?

・こんな営業はもう消えてしまいます。

・煽り系ごりごりセールスの「販売型」
ノウハウはこれだ!

・類は友を呼ぶ!ファン作り営業は共感から
 わくわくするファン作りセールスの全体像

・ファンづくりセールスで得られる三つのメリット

・営業基本動作の全体像を見える化

・オンラインで実践!
和田のクロージングを見せます。


●2日目:
・消極的なわたしが取り組んだ
「ネガティブ心理」アプローチ法

・商品のことがわかっていなくても売れるのはなぜ?

・わくわくする未来を作るはメリットを超えた先にある

・世界2位になれた本番力の鍛え方

・イエスの9割をつくる
フロントトークの方程式とは?(初公開)


●3日目:
オリジナルトーク作成
売り込みしないで売れるファントーク
生クロージングから学ぶ3つのセンス

(作成中)


■どうです?
強烈なノウハウを使わないでも
売り上げが継続的に伸び
お客様を幸せにし、愛される営業。

それが和田式なんです。

今、もしあなたが営業じゃないとしても
人とつながるセールススキルを
身につけておけば
これからの人生に必ず役に立ちます。
いろんな考え方が身につくので
行動も変わります。

そして和田いわく、
「セールスを理解していると
煽り系のサービスがわかるから
大事なお金をそこに投資して
失敗しなくなるんだよ」

和田式を実践してくださる方
興味を持った方、お待ちしています。

https://special.wadahiromi.com/uresemi_online/

あ、そういえば、
例年、今の時期に募集をかけていた
「カセギスキル」
8月から開催予定です。
この和田式営業はカセギスキルでは
ここまで学べないです。
でも稼ぐことに
セールスは切っても切り離せない。

ということで
「カセギスキル」を受講される場合は
オンライン版売れセミの半額を
キャッシュバックしますので〜。

▼さいごはスタッフブログ
冒頭に、もも専務のオフショットも!?
https://wadahiromi.com/staffblog/14115.html

では、明日こそワダビジョンで!
(私が一番、祈ってる。笑)
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1