和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:答案用紙が真っ白だった悪夢
日付:2020/07/30
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine
--------------------------------------
ワダビジョン
2020/07/30

こんにちは 和田ひろみです。

■先日、怖い夢をみたんです。

わたしは何やら受験会場にいて
大量の問題用紙を前に
試験を受けているのですが
どの問題もまるっきりわからないのです。

周囲を見渡すと
スラスラと答えを書く人たち。

今は記憶にないのですが

出てきた問題は
歴史から数学までほんとに

ありそうなもので
超リアル。

実はテスト中に隣を見て
カンニングしようとして
隣の人の答案をチラ見したら
あまりのミミズ字に驚愕しあきらめ
白紙で提出したのです。
そして、
夢が覚めた瞬間は

「己の馬鹿さはいかがなものか、、、」と
激凹みしていたんです。

でも、ふと気づきました。
なぜ
「答えをまったくわからない私」が
自分の夢で難しい難問を
出題できるのか?

わたし、もしかしたら
潜在的にかなりの知識を
持っているのではないか?
そうやって
都合のよいように解釈して
あっというまに
元気になったという寝起きの話

めでたい朝でした(笑)

これもきっと
陽転思考の賜物ですよね?(笑)


■不思議な夢はさておき、
受験というのはまさに
「期限」があったからこそ
しっかり勉強できた人もいたわけです。

期限がなかったら
どうなっていたかわかりません。

いつまでも
「いつかいつか」と
先延ばしにしていたかも。
しかし
期限があっても
先延ばしにしてしまう人も
やっぱりいますよね?

はい、わたしも
「先延ばし共犯者」として
手を上げて白状しますが
期限つけても
腰が重いときがある。(笑)


■実は、期限があるにはあるけど
たとえば
「宅建の資格試験」のように
毎年試験がある場合は
どうでしょうか?
「いいや、
 今年はあきらめて来年で」と
やっぱり先延ばしが起きてしまう。

そこで期限にプラスして必要なのは
「一度きり」という希少性です。

買い物するときに
「あと一個限り、
 今月末まで20%オフ」とかに
なっていると
とたんに背中を押されるあれです。

でも、買い物だけじゃない。

考えてみてください。
人生は一回きり
ここに最高級の希少性があるのです。

いつまで生きるかわからないので
希少性を感じないまま
人生を過ごしてしまうという罠に
はまらないことが
生きるコツかなと和田は思います。


■さて、
実は今週の日曜日に
「カセギスキル特別ご招待講演」を
やるのです。
で、ごめんなさい!
以前の受講生やマインド編にご参加して
くださった方から先に案内したら
定員枠が埋まってしまい
こちらのメルマガで
ご紹介できませんでした。

希少性・・・と言いながら
うわさを聞きつけた方々から
「ええ〜〜〜〜〜」という
責めるような声が
上がっているので
もう一回できるか検討しています。

あ、ところで

わたしのセミナーに
無料なんてないので(笑)
あくまでも「ご招待」という言い方に
こだわっているわたしですが
それってまるで
「オレの寿司は黙って食え」という
頑固職人のようなこだわりですよね?

正直、そんなお寿司屋さんを
「めんどくさ・・・」と
思ってしまうわたしは
みなさんに
「いいじゃん、無料と同じ意味だし
 ・・・めんどくさい」
思いをさせているのかもしれません。

でも、無料で受けても
力つかないのです。

それはまた今度
強烈な事例をいれつつ
じっくり話します。

では〜

和田裕美

=====
編集後記
=====
こんにちは、スタッフ山下です。
いつもありがとうございます。

そうなんです。。。
「カセギスキル特別ご招待講演」
メルマガでご案内する前に
満席になってしまったのです、
すみません。。。。
あまりの申し訳なさに
こっそりいこうかと思いましたが(笑)
和田、正直。
カミングアウトしちゃいましたね。

これはきっと
次回があるという予告だと思うので
いつなのか
ぜひお待ちくださいね。
(たぶん8月の最終週くらいかなと
 予想しています)

カセギスキル特別編の「ご招待」は
初の試みで
こんなこともうないので
ほんと〜〜〜に希少ですから!

人数決まっていますので
メルマガ、毎日チェックをお忘れなく!

それにしても
数に制限があったり
期限があると
ほんとみなさん、
一気に動きますよね。

これが心を動かすということか!
と和田式話し方の威力を
ひしひしと感じています。

今日も
「人の心を動かす話し方オンライン」
を受講された方から
このような感想いただきました。

・・・・・・
少人数での開催だったので
みなさんの
顔とお名前が一致し
ワークも全員とでき楽しかったです。
和田裕美先生の
ピリッと引き締まる講義と
間賀田先生の全体を
ふわっと包みこむ講義のバランスが
よかったです。

また、自分の課題が
具体的にみえました。
・表情や言葉の抑揚を意識して
 感情を表現しないと伝わらない
・相槌のパターンが単調だった
・普段から身の回りのことに
 興味をもって雑談力をつける
・会話をつなげるコツを知らなかった
……など

人を動かす話し方セミナーは
話し方講座というより、
コミュニケーション能力を高める
講座だということ。
ファンメイキングのスキルなんだ
ということがわかりました。
(R.K様)
・・・・・・

相手を動かす
ファンづくりコミュニケーション。
身につけたい方、
お待たせいたしました!
9月の日程確定です。

▼侍がブログでお知らせ
https://wadahiromi.com/staffblog/14444.html
(申し込みはもうちょっとお待ちを)

そ・し・て
パワスク会員だと
通常より1万円引き!

オトクに受講されたい方は
まずはパワスクへ
https://powerschool.tokyo/
(来週月曜は朝活もありますよ)

では次回のワダビジョンで!
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1