和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:もっと早く運転手していたら・・・
日付:2020/11/11
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 <news@wadahiromi.com>

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊だった)
【ぜひ、ワダビジョンがいいなと思った記事は
 よかったらお知り合いにも伝染してくださいきっといいことあります!】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine
--------------------------------------

●お詫び●
昨日のメルマガでは
一部改行がうまくできておらず
読みにくい箇所がありました。
大変申し訳ございません!

今まで以上に
読みやすさに気を配ってまいります。
今後もワダビジョンを
よろしくお願いいたします。
(スタッフ一同)


ワダビジョン
2020/11/11

こんにちは 和田ひろみです。

■今日は神戸にいます。
昨日、駅のコンビニのレジに
スマホを忘れて
お店の人に
「お客さん忘れ物!」と
追いかけられたのですが

その後、神戸に移動し
デパ地下で夜ご飯を買ったときも
「お客さん、お釣り!」と
追いかけられました。

なんと迷惑なお客なんだ、わたし!

ほんとすみません
頭が次のことでいっぱいで
体と頭が一緒に動いてくれないのです。

(いや、それ、単なる物忘れだ!と
 思っている人いる?笑)

■さて、物忘れも酷いですが
今回のコロナ禍では
もっと思い知らされたことがあります。

それは
「お金」と「健康」は
人の2大不安要素にだ!ということ。

長期戦になるコロナとの戦いの中で
健康状態のよしあしは
自分の生活に(経済状況)
に大きく影響します。

糖尿病、高血圧、心臓病など
基礎疾患がある人は
さらにリスクが高まると
いわれていますし
ご家族にそのような方が
いらっしゃる場合も
気を使うことが増えます。

たとえ健康な人でも 
自分が感染すれば
「お店を休業しなくてはならない」
というリスクがあります。

健康って(この場合は免疫力)
ほんとうにありがたい。

そして「お金」
なにがあるかわからないからこそ
「きちんと将来に備えること」
リアルに考えた人は少なくないはず。

■さらに!
歳を重ねて老後を考えた人は
「元気でいることにもお金がかかる」
ことに気がつきます。

「国民医療費の概況」
(2017年、厚生労働省)によると
65歳以上の医療費は
年間73万8300円に
なるのだとか。

な、な、ななじゅうさんまんえん!!

ふえ〜。

保険で負担があるとはいえ
かなりのお金がかかっているのです。

ああ、しかし
これがリアルな数字なのです。
「お金」と「健康」
切っても切れない縁ですよね。

そういえば
我が家の包丁さんは
もう切れ味悪いんだけど
もらったものなので
捨てれないんですよねぇ

・・・・・ということとは
ぜんぜん違うし!(笑)
(研げよ!)

■とにかく、これからは
定年後も働く機会が増えますし
専業主婦の方も働く機会が増える。

先行きが不安な状況であれば
「コロナ転職」を
視野にいれる必要はあるでしょうし
起業しないと仕事がないのであれば
自分で自分の価値をあげて
会社にも社会に依存しない
生き方が求められるんです。

だから
カセギスキルや
セールスのスキル
そしてそのベースになる
マインドが何より大事だと
強く思っています。

■「もっと早く
  運転手していればよかったよ」

先日出会った
タクシー運転手さんが
言っていた言葉です。

彼は定年後に転職したそうですが
愛想がよくて
お客さんの気持ちがわかって
機転が利くんです。
むやみに話しかけないけど
車内の空気がいい。なんだこの人!
もちろん指名がかかるので
普通の人の何倍も稼いでいるんです。

そう、サラリーマン時代よりも
稼げてる!
こんなことってあるんですよね。
定年後も明るい話を
聞けて嬉しかったです。

定年後、
知人のコネをいかして
会社を紹介してもらうひとも
大勢います。
それってつまり
現役時代から
自分をアピールする力
自己ブランディング力
を磨いていたひとです。

売れるスキルは
ほんとに人生を助けます。

あらためて、必要なスキルのことを
実感しているワダです。

そして
「これって私の得意分野じゃん!」と
微笑んでいます、ふふふ。

では〜

今から帰りの飛行機です。
もも専務と会えます。


和田裕美

=====
編集後記
=====
こんにちは、スタッフ山下です。
いつもありがとうございます。

和田のスマホ忘れ、お釣り忘れで
追いかけられたというのを読んで
なぜかサザエさんが浮かびました。

そういえばこの前オフィスでも
「スマホがない〜」と
探していました。

ほんとどんどん先へ進んでいます。

それにしても・・・
「ななじゅうさんまんえん」には
ほんと驚きです。
お金かかる〜〜〜。
(保険で一部賄うと言えども)

保険料もあがっているし
定年しても働くことが
求められているわけですから
何をしても稼げるスキル、
本当に大事です。

サラリーマン時代よりも稼げてる!
というタクシー運転手さんのように、
所属している会社に
固執していなくても
自分のスキルで食べていける!
というのは
何より自分が安心できるし
家族や大切な人も守れる。

うん、ほんと人生100年時代に
そしてコロナで先が見えない時代にこそ
欠かせないスキルです。

でもそれも
土台となるマインドあってこそ
なんですよね。

というわけで
まずは土台を整えましょう〜〜〜。

GO TO 陽転ツアー2020
https://special.wadahiromi.com/youten_tour2020/

ほんと連日しつこくてすみません!

でもこの機会、逃してほしくないんです。
だって和田がこんなにも地方に
行かせていただくこと、
ないものですから。

あ、名古屋はそろそろ締めますよ。
開催は12月なのですが
もうほぼ埋まっているのです。

心が元気だからこそ
スキルが大いに使えます。

ぜひまずは土台の部分、
年内に整えて
来年のスタートダッシュ、
元気に切っていただくことを
和田もスタッフも
心から願っています。


では次回のワダビジョンで。

・・・・・・・・・・・・
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ ほぼ毎日更新中
https://wadahiromi.com/staffblog

▼過去のスタッフブログはこちらです
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/entrylist.html

→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcast、Spotify
スマホアプリ「ラジオクラウド」で後日お聴き頂けます。

YouTubeでは、ラジオ収録の様子を動画で配信
https://www.youtube.com/channel/UC2RC5bx9gVcfG-SzbJ-Un_A


アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1