和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:【陽転思考】こうして私は・・・の誕生
日付:2011/11/11
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

金曜版

 『身体にしみこむ陽転思考』 第353号
   和田裕美  <株式会社ペリエ>              



---本日の目次----------------------------------------

1. 和田裕美の「出版ほやほや」

2. 最新情報コーナー
  (毎回欠かさず読めてない人は
   このコーナーでまとめて情報収集です!)
  ・引き続き最新情報
  ・お待たせしました! リニューアルWADACAFE
   あらため「wadahiromi channel」他
------------------------------------------------------



こんにちは、スタッフの菊地です。
11月11日、ゴロがいい日ですね〜。
実は、この日って
我が社にとっても記念すべき日なんです。

何かといいますと、
「陽転コミュニケーション講座」の財団を
設立した日で、今日は1周年。
http://mmct.jcity.com/?ct=357F14093F17F0F0
講座は今年の2月からでしたが、
この財団設立に向け、
紆余曲折ありながら、4年の歳月をかけ
誕生しました。

来年にはついに、
受講生の中から「先生」が誕生します。
今日も「先生」を目指す方々が
筆記試験を受けに来られたんですよ。


さて、前回のメールマガジンで
和田がお知らせした
『過去の書き物(公開、未公開含む)の抜粋』

今回は2004年11月配信号からお届けします。
あの「こうして私は世界NO2・・・」
http://mmct.jcity.com/?ct=255F14093F17F0F0
出版ほやほやの時の心境を和田が語っています。


では、さっそく行ってみましょう!!
(あっ、情報コーナーもあるので、
最後まで読んでくださいませ・・・。)




1.和田裕美の「出版ほやほや」


とうとう
とうとう
とうとう

出ました・・・。じゃじゃーん。

新刊が・・。
「こうして私は世界No.2セールスウーマンになった」
(相変わらず長い題名ですいません。
この題名は担当の佐藤副編集長が一押しで決定したやつです)


内容はここに紹介してあります。
http://mmct.jcity.com/?ct=255F14093F17F0F0


自伝的に
営業的に
マネージメント的に
いろいろな角度から読んでみてくださいね。
軽いから安心して読めます(いつものことか・・)


さて、この本の冒頭シーンですが
私、実際に泣きながら書いたんですよ。(照)
パソコンに向かってひたすら打ち込みながら泣いている姿って
なんか変だけど・・・。

実は冒頭のシーンで母親の死について書いているんです。
それが私の今のがんばりどころというか
くじけそうになったときに
支えてくれる原因だったから
営業する人も人と関わる人も
みんなみんな
「もう、やってらんねぇ〜」と
思うときだってあるから。でも前向いてやっていくための
ひとつの考え方として
共感して欲しかったからなんです。(読んだら感想くださいね)

さて、今回、本には書いてないのですが、その続きがあります。
母が死んだあとに(医療ミスだったので)
私ひとりで病院の訴訟問題ばかり扱う弁護士さんのところにいくんですよ。
許せない気持ちでいっぱいでね
「訴えてやる」って本気で思っていたんです。
そしてね、そこの弁護士さんに内容を泣きながらお話したんですよ。
そしたら弁護士さんがこういいました。
「和田さん、お金が欲しいですか?
 命は戻らないということはご理解いただいていますね?」
「はい」

「病院相手の訴訟は、はっきりいって長引きます。覚悟できていますか?」
「・・・・・」
「何度も何度も今のお話を説明していただくことになるのですが
 そのたびにそのつらい過去を何度も何度も思い出すことになりますよ。
 時間もとられます。
 人生も変わります。
 そのような人生を選ぶ覚悟はありますか?
 それで勝つという保障はありません。」

単にこの弁護士さんが面倒な訴訟になりそう(大きな病院)だったので
あきらめさせようとしたのか
本当に親切で言ってくれたのかわかりませんが
これってすごいクロージングだなと今になって思いました。

私はこのときだって
いつだって
クロージングを受けているんですよね。
二者選択をしているのです。
前向く人生か
後ろ向く人生か

訴訟で勝つことが人生の目的ではなくって
仕事で成功して
喜んでもらうことが大切だと
この冒頭シーンの後さらに再確認しています。

裏切られたり
だまされたり
憎まれたり
するときもありますが
それに対して同じ気持ちで
うらみ返すとか仕返しすることも
たまにはあってもいいのかしれないけど(人それぞれ)
もっとわくわくすることに
人生の時間と自分のパワーを投入していこうと
そんなふうに思ったのです。

そんなことを
今回の本の執筆にあたって
たくさん思い出しました。

そして、今回の本で
たくさんの人に助けられて生きてきたのだなと
さらに実感したのです。

心をこめて書いたので
心で感じて読んでくださると嬉しいです。
あと・・・
本はとても小さい自己投資の一歩だから
本当は自分で買ったほうがいいです。
読まないで積まれていくこともあるけど
本にだけはケチにならないで欲しいなぁと思います。
その中に入っている情報を自分のものにするということは
あっ、と思ったり後で思い出したりしたときに
その瞬間に自分のそばにあることがものすごく大切だからです。

と、まじめくさった感じなってしまったです。
すいません。
(らしくないなぁ。。)



和田裕美





和田裕美に関すること
まとめて一気に情報収集!

2.最新情報コーナー


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ 引き続き最新情報
┗━┻--------


2004年11月配信号、いかがでしたか?
この本が出た後、あの「はじめに」で
涙する人が続出して
のちに「あなたの成功を楽しみにしている人がいます」が
名フレーズとなりましたが、
まだこの当時の和田はそんな事は知らず、
ドキドキしている、
そんな様が語られてましたね。
次回はどんな和田裕美が飛び出すのか?
お楽しみに。




さて、ここからは
引き続き、ペリエ最新情報、お届けします。



和田裕美のわくわく伝染ツアー2011
いよいよ大阪開催まで2週間となりました。


スタッフツイッターでもお知らせしたのですが、続々満席。
東京会場は第2回、一般指定席を僅かに残し、
その他は満席になりました。
ただいま、入金切れ待ち受付中。

大阪も駆け込みお申込みが増えてきています。


実は先日、和田が親しくさせていただいている
『全脳思考』で有名な神田昌典さんが
メールマガジンでご紹介くださったのですが、
そのとき、アクセス集中して回線がパンク。
さらに、一気に満席が続出したのです。

そのすばらしい神田先生の
文面を和田がブログで紹介しています。
http://mmct.jcity.com/?ct=238F14093F17F0F0

迷ってる方、お急ぎ下さい!

☆★パソコンのサイトからお申込みご希望の方★☆
http://mmct.jcity.com/?ct=391F14093F17F0F0

☆★携帯サイトからお申込みご希望の方★☆
http://mmct.jcity.com/?ct=187F14093F17F0F0



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃今週のWADACAFE 〜podcasting〜     
┗━┻--------


┌┐
└■ [ 毎週月曜更新 ]
和田のラジオ番組「WADA CAFE」
(11月5日放送、7日podcasting配信)

今週のWADACAFEは
『和田の最近の葛藤』
年を重ねていって、最近ふと思うことを
語っています。
その他、質問コーナー、和田が思うリーダー論等々もありますよ。
最新のWADACAFEはこちらから。
http://mmct.jcity.com/?ct=442F14093F17F0F0
(今はココログから配信しています)

i-Tunesでお聴きの皆様も、こちらからご試聴くださいませ。



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃お待たせしました! リニューアルWADACAFE
┃ ┃あらため「wadahiromi channel」
┃ ┃次週、11月15日(火)午後3時に登場します!!
┗━┻--------


システム移行にともない
特にi-Tunesでポッドキャスティングをお聞きの皆様には
ココログURLのページでご試聴いただくなど
ご不便をおかけしておりましたが、

大変お待たせしました。
ようやくAppleの審査もおり
次週、11月15日(火)午後3時
「wadahiromi channel」として登場します!!

これにともない
ココログのサービスは年内いっぱいとさせていただきますので
i-Tunes以外でお聞きの皆様も
11月15日(火)午後3時以降、
再登録をお願いいたします。


さて、
この「wadahiromi channel」
直近オンエア1ヶ月分を配信するほか
別途会員登録(弊社システム)すると
過去のオンエア厳選、20本を別に視聴できたり
さらには、会員登録した人だけが聞ける、見ることができる
コンテンツが登場したりというサービスも
連動して登場します。


くわしくは、11月15日(火)午後3時に
和田裕美とスタッフのツイッターから
第1報をお知らせします。

和田裕美ツイッター
http://mmct.jcity.com/?ct=459F14093F17F0F0

スタッフツイッター
http://mmct.jcity.com/?ct=476F14093F17F0F0



■重要なお願い■
ただいま、i-Tunes上では
2つのWADACAFE番組が出てくるのですが、
新しい方(11月配信分がアップされている)の
i-Tunes内のPodcasting番組は
まだ登録をしないようにしてください。
(登録をすでにされた方は、まだシステムが不安定なので
その後は操作せずままにしておいてください)

システム移行中なので、
アクセスが集中すると、15日の午後3時に
皆様にご案内することができなくなってしまう恐れがあります。
申し訳ございません!
あと少しだけ、お待ちくださいませ。



--------------------------------------------------------
【編集後記】 by 菊地 真理子


昨日の私のFacebookでもぼそっと書いたのですが、
http://mmct.jcity.com/?ct=68F14093F17F0F0
私のパソコンもここ数日で
わくわく伝染ツアーの素材やりとりとか何やらで
ハードディスク空き残量が非常にまずい事態に(苦笑)
隙間時間にせっせとパソコンのファイルの掃除をしております。

というぐらい、まぁ、今回のわくわく伝染ツアーは
非常にデータのやりとりが多い、
つまりは皆さまにお見せするものが濃い・・・そんな感じです。


それでは、よい週末をお過ごしくださいませ。
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1