和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:【陽転思考】文章で残念な人にならないために
日付:2012/07/17
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

火曜版

 『身体にしみこむ陽転思考』 第421号
   和田裕美  <株式会社ペリエ>              



---本日の目次----------------------------------------

1. 和田裕美の「福島ありがとう!」

2. 最新情報コーナー
  (毎回欠かさず読めてない人は
   このコーナーでまとめて情報収集です!)
   ・「人に好かれる書き方講座」本日募集スタート!
   ・今週のWADACAFE〜podcasting〜 他
------------------------------------------------------



1.和田裕美の「福島ありがとう!」


こんにちは、和田裕美です。
先週は松山と福島に出張しました。

松山は法人様向けの講演で時間がなくて
空港で「ひゅうが飯」を食べてトンボ帰りでした。

※ちなみに「ひゅうが飯」とは属にいう「卵かけご飯」を作って
 その上に鯛の切り身を乗せて
 薬味(きざみ海苔・みかんの皮・青ネギ・ゴマ)、たれをかけて食べるものです。
 なかなかおいしいです。

で、金曜は福島。
Walking Tourでは、
仙台、札幌、福岡(わくわく)、名古屋(わくわく)と
回ってきて、今回、福島だったのです。
地方は少人数になるので、それを狙って
わざわざ東京とかからも来てくださる人もたくさんいて
実は参加の半分が福島以外の人だったのです。
いやいや本当にありがとうございました。

最後にお見せした
福島の神社の写真をブログに掲載しましたが
思わずたくさんの反響をいただき
嬉しく思っています。
http://mmct.jcity.com/?ct=51F14093F17F0F0


さて、Walking Tour、
次回は東京です。
それも、あの「人に好かれる書き方講座」です!!

内容については以下にたっぷりありますんで
見てくださいませ〜。

あと、本日から流行にのって
「まぐまぐ」をはじめました。
昔から携帯の有料バージョンをとっている方は
思い切りかぶるので、申し込みしないでくださいね。

で、いちおうこれです。
http://mmct.jcity.com/?ct=408F14093F17F0F0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんか営業のビタミンが、iPhoneアプリの
ビジネスカテゴリで1位になっていて、
トップに画像で出ています。
10年経っても、こうやって読んでもらえることは
何より嬉しいことだと感謝でいっぱいです。

ある意味
しぶとい(笑)

ではでは〜
今日も息切れしながらこのへんで。
キーワードは金曜にします。(最近、この手を覚えました)

和田裕美



====
ということで、金曜日の成功キーワードは「ね」
挑戦してみたい人は
【和田裕美公式ブログ】まで
http://mmct.jcity.com/?ct=170F14093F17F0F0
どしどしお寄せください。
====




和田裕美に関すること
まとめて一気に情報収集!

2.最新情報コーナー

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ 「和田裕美の人に好かれる書き方講座」本日募集スタート!
┗━┻--------


「あっ、わたし、“ネタ”になってるっ・・・(赤面)」

ペリエで仕事をさせていただいていると
どのスタッフもそういう経験、たびたびあるんです(笑)

こうやってメルマガを書かせていただいているわたしも・・・
(あ、あいさつもなしに書き始めてしまいました。
メルマガ担当の紺野です。こんにちは!)

実はまさにその「書き方講座」のテキストの“ネタ”、
つまりビフォーアフターのビフォーとして
テキストの題材になっているのです、はい。。。(苦笑)
(そのネタになった部分については下のほうにあります)

だから「書き方講座」のことを
ここで書くのはものすごく勇気がいります。
いや、正直、恥ずかしいというか、
「おこがましいぞ!」と自分で突っ込みたくなるのです。

が!
だからといって遠慮して書かないというわけにはいかないので、
体当たりな気持ちで、でも、できる限り心を配って
書いてみますねっ。



「書く」って、怖いなぁって思うこと、ありませんか?
わたしは、文章を書くことはとても好きですが、
知らず知らず相手に思いもよらない印象を与えていたり、
傷つけたりすることもある・・。
それを考えると、ときどき
腰が引けたり筆が進まなかったりすることもあります。

でも、書かなきゃ伝わらないことは書かないといけないし、
書くからこそ伝わることもある。
それ以前に、仕事などで書かなければいけないこともありますよね。

だから、できる限りいい形で書きたいな、と思います。

そう思ったとき、和田が「人に好かれる書き方講座」テキストの
「はじめに」で書いている次の文にわたしは心から共感を覚えるんです。

-----------

(人に好かれる書き方の)目的は明確です。
 
相手が読んでいて心地よく
書き手に好意を持ち
相手の心を動かす文章を書くことです。

ちょっとした相手とのやりとりの中に
自分と相手の距離を近くして
少なくともイヤな気持ちにさせないことです。

人に好かれる書き方はそういう文章です。

-----------


ハッ!

この文を読んでから、わたしの文が“ネタ”になっているテキストを見ると・・・

★ビフォー(=紺野の書いた文)
「まずはベーシックコースで出てくる
腹式発声や2種類の発声練習を継続してみてください。
今日やって明日に、とはいきませんが
続けていけば必ず変化は出てくるはずです。」

★アフター(=和田の手直し後)
「まずはベーシックコースで出てくる
腹式発声や2種類の発声練習を継続してみてください。
声ってまだまだ可能性のある部分です。
必ずいい方向に変わってきますから。
とにかく信じて継続です。」



うわー、わたしが書いたほうは、
とんがった眼鏡にタイトなスーツ、ひっつめ髪のセンセイが
黒板をトントン叩きながら教壇の上から生徒を指導しているみたい(汗・・)

それに比べて、和田が直してくれたほうは、
ふんわりやさしい雰囲気の家庭教師のお姉さんが
机の横から自分と同じ目線で、目を見てにこっとほほえみながら
はげましてくれてるみたいですね!


ほんとに、「自分と相手の距離」が全然違うーっ!

でも、

こういうポイントって、
誰かに実際に指摘してもらわないと
ぜったいにわからないって思いませんか?


「書き方講座」では、
その場で実際に文章を書いて
和田や他の参加者から直接感想や意見をもらうことができるから、
自分が思ってもいなかった書き方の無意識のクセに気づくことができます。
そしてその場ですぐどう直したらもっと伝わるか、
好かれる文章になるかを習得することができます。



今まで「書き方講座」を受講された方も、
それぞれに大きな気づきを得られたようで、
うれしい感想をたくさんいただいています!

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

▼▼▼
気づかないところで自分は人を責める表現をしていた。
全く気づかなかったが、そこが自分の弱点だと知り、
少し工夫するだけでずい分変わることを知った。(NN様)

▼▼▼
before→afterで実践的に学べたところがよかった。
また、発表された方の内容がとても素晴らしく、
自分の書いたものと比較して、足りないところがよく分かりました。
無意識にやってしまうミスも分かりました。(TM様)

▼▼▼
“相手の立場に立った”文書、
不快にさせない書き方を具体的に学べて良かったです。
書き方というよりも、仕事でのスタンスや
人間関係全てに必要なことだと感じました。(TM様)

▼▼▼
ほんの少し工夫すること・・・それは相手のためということなんですね。
顔も見えないし、読み手によって陰にも陽にもなってしまう文章だから
話すときとはまた違った気遣いが大切なんですね。(NK様)


みなさんの感想を読むと、勇気づけられますね!
自分の文章の弱点は「無意識」のことだからなかなか気づけないけど、
気づくことさえできたら、「ほんの少し」変えればいいだけなんだ!
それで人間関係が大きく変わるんだ!って。


もっと伝わる書き方をしたいと思っている方、
もっといい人間関係を周りの人と築きたいと思っている方、
ぜひ受講してみてください。
こういう場で直接指摘してもらった気づきって
ほんとに一生モノの財産ですよね!


お申し込み、本日よりスタートです!

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓
 
「和田裕美の人に好かれる書き方講座」
■日 程/2012年8月4日(土)13:00〜16:00
■会 場/TEPIA(東京都港区北青山2丁目8番44号)

詳細、お申込みはこちらのページから
http://mmct.jcity.com/?ct=34F14093F17F0F0



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 今週のWADACAFE〜podcasting〜 
┗━┻--------


今週のWADACAFEは
(7月15日放送、16日podcasting配信)


「白湯毒出し健康法」でおなじみの
蓮村誠先生をゲストにお迎えしています。

・・・と!思わずここでひと言挟んでしまうのですが、
わたし紺野、ラジオゲストに蓮村先生が
いらっしゃることを知るちょっと前に
たまたま「白湯毒出し健康法」のことを知り、
本を読んで始めてみたところだったんです!
(勇んで始めたはいいものの、白湯を煮出すやかんが
 今までほうじ茶を煮出していたため
 白湯ならぬ茶湯になり・・・
 なんだか気が抜けてそのままになってますが・・。汗)

蓮村先生の本はとってもおもしろい!
白湯って、ほとんどお金がかからないのに
毎日飲むだけで人生が変わるんですって。
このラジオ聞いたら、もっと内容がよくわかりました。
今日から取り入れられる夏バテ防止法なども
お話いただいているのでぜひ聴いてみてくださいね!


▼i-Tunesの方はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

▼他、パソコンでの視聴、
ポータブルプレイヤーにダウンロードされる方はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=442F14093F17F0F0

▼ラジオのご質問もこちらから大募集中です!!
http://mmct.jcity.com/?ct=476F14093F17F0F0



--------------------------------------------------------
【編集後記】 by 沖園さつき

冒頭にあったように
最近の和田はいつも以上にいろんな場所に
飛び回っているのですが今週末は関西へ!!

その合間をぬって
ラジオ関西で生放送されている
原田伸郎さんの「のびのび金曜日」に
お邪魔してきます。
7月20日(金)15:15〜15:30の間に
ゲストで登場する予定ですので
関西圏のみなさま要チェックでお願いします!!

■ラジオ関西 (JOCR 558KHz)
http://mmct.jcity.com/?ct=68F14093F17F0F0

それではまた金曜日に!
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1