和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:レレレのおじさんがいなくなった日本
日付:2012/12/04
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

ニューヨークからこんにちは。
和田です。
こちらでの講演も2本無事に終わり
ようやく、ほっとしております。
今日も少しだけ、こちらで働く日本人の方たちとの交流会があり、
またもや神社の話をしてきました。
というか、「神社の話が聞きたい」というリクエストがあったのです。
これはきっと、ここ、ニューヨークにいる方たちの多くが、
「日本人としての誇りを持ちたい」と心から思っているからだと思います。
自分の国の素晴らしさを知って
自信を持つことで、ビジネスも人間関係も変わってくるのだと
海外にいる人はよくわかっているのです。

ニューヨークのMoMA(近代美術館)では、
「TOKYO1955-1970:A New Avant-Garde」展をやっています。
戦後の復興時のときにあった芸術が数多く展示されているのです。
戦争の暗い影や、貧しい気配を残しつつも、勢い放出する写真や絵画、
その他の芸術作品が並んでいました。
それは、必死で生きる人たちの気配であり、それこそが
あの頃の日本の「力」なのだと思いました。
今の私たちにはその気配がありません。戦後でないからとか
もう豊かになってしまったからとか関係なく
もっと必死で生きたいなと、私は思ったんです。
この時代の気配を感じてみたいなと私は思ったんです。

もうすぐ解散総選挙です。
各党における、足の引っ張り合いのコメントに辟易し
メディアの偏った報道にも、うんざりしたりする中で、
同じ船に乗った日本人同士が、船の底に開いた穴をみんなで埋め、
上昇気流に乗って明るい方向に航海できるようになりたいものですね。

もう少し、こちらの空気を感じてきます。

和田裕美


成功キーワード「れ」
「れ」はとっても難しくて、以下の4年を見ても
なんか「練習」が2回も出てきたりしています。
言葉探しになんか苦労した痕跡ですね(笑)

ROUND1:練習を繰り返して進もう
ROUND2:劣等感があるからこそ
ROUND3:冷静に受け止める
ROUND4:練習、練習

では「れ」
今回はこれで。

「レレレのおじさん」はどこに行ったのか?

こちら(NY)のスターバックスでお茶をしているときに
脳性麻痺の車イスの弟を連れたお姉さんがいました。
なんと言うか、その姉弟があまりにも普通で
本人たちが周囲に遠慮することもなく、
周囲が彼らに気を遣うという気配もなかったことが
とにかく、心地よい感じでした。

自分と違う人を、普通に受け入れることを
人は苦手とするものです。
そして、自分と同じ人と集まって、違う人を排除することで
自分の正しさや、自分の優位性を保とうとするのです。
だから「いじめ」があり、「村八分」があり、「批難し合う関係」があり、
「関わらない世界」が生まれるのです。

けれど、もともと日本人が持っているのは
寛容性です。否定するより、反対するより、
受け入れて融合してさらにいいものを創るのが得意なのです。
そして、それを「肯」としたのです。それがパワーになったのです。

昔は“レレレのおじさん”みたいな人が
普通にいたけれど、今はどこにいったのかな?と思います。

私がまだ小さい頃、レレレのおじさんたちは街にたくさんいました。
彼らは昼間から酔っていたり、ちょっと頭がぶっとんでいたり、
一人でぶつぶつ言ったりして、ちょっと危ない、
ちょっと変わった人たちでした。
勢いのあった日本には、表面的な優等生ばかりではなく
レレレのおじさんみたいな人が街にたくさんいたのです。

日本は成長して、先進国の仲間入りをして
レレレのおじさんは消えてしまいました。

自分と違う人たちを排除するより
当たり前に受け入れている世界のほうが、
成長パワーがあるのではないかと私は思います。
レレレのおじさんはどこにいったのかな?

(レレレのおじさんは、赤塚不二夫さんの
「天才バカボン」に出てくる、ほうきをもって
「おでかけですか〜?レレレのレ〜?」という人です。)


さて、次回のキーワードは「ろ」
挑戦してみたい人は【和田裕美公式ブログ】まで
http://ameblo.jp/wadahiromi/
どしどしお寄せください。


和田裕美に関すること、まとめて一気に情報収集!

-------------------------------------
和田裕美のプレミアム会員「和田脳」〜
-------------------------------------

毎日、やる気が湧いてきたら。あなたの人生はどんなふうに変わりますか?
和田裕美が、ときにあなたの上司となり、ときにあなたの友人となり、
あなたの背中を押してくれます。

もう遠方でも大丈夫!いつでも会える、いつでも見れる、いつでも聞ける!
本や声だけでなく、動画ならではの
もっと深く「陽転思考」や営業・コミュニケーションを理解できます。

会員様限定のイベントも開催していきます。
今ご入会したら、クリスマスパーティーにも参加できます(希望者のみ)。

■和田脳への入会はこちら(月額5,250円)
http://www.wadahiromi.com/info/

・毎週月曜日 「和田ジャーの朝礼コーナー」
・毎週水曜日 聞く力を身につけよう!「裕美の部屋」
 話の内容はもちろん、ためになりますが、
 和田の聞き方からコミュニケーションが学べるとっても美味しいお部屋。
・不定期 「7分間の営業脳」、「人づきあいのレッスン」、「恋愛塾」
 とにかく和田に聞いてみよう!「和談義 わだんぎ」

充実のコンテンツで展開中!

-----------------------------
今週のWADACAFE〜podcasting〜
-----------------------------

今週のWADACAFEは
(12月2日放送、12月3日podcasting配信)
年上の部下が言うことを聞いてくれなくて困っている方からのお悩みに
お答えしています。
20代で年上の部下を多数持ってきた経験からビシッとアドバイス。
そして、最近の文筆業の和田としては
「私は最近は、そういうとき最後は相手を人と思わない、○○と思う」とのこと。
さて、○○とは?答えを想像してからぜひ聴いてみてくださいね♪

▼i-Tunesの方はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0
▼他、パソコンでの視聴、
ポータブルプレイヤーにダウンロードされる方はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=442F14093F17F0F0
▼ラジオのご質問もこちらから大募集中です!!
http://mmct.jcity.com/?ct=476F14093F17F0F0


■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1