和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:ダサいのも、陽転できる。
日付:2015/07/28
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

【ぜひ、こちらのメルマガをお友達にも教えてあげてください】
⇒ http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

こんにちは、和田裕美です。

■「ダサすぎる」言われている
東京都がつくった「おもてなし衣装」を見て
なんであんなのを作ってしまったのか
話題になっていました。

これをみて「かわいい!」と
思う人もいるので、
あくまでも好みだと思いますが、
私もまじまじとこの制服を見て、
確かに気絶するくらいダサい
と思いました
 (すみません、私の個人的な意見です)

こんなとき、私たちの思考は
「なんでこんなもの作ってしまったんだ!」
という発想になってしまいます。
そして、多くの人は
「だれのせいだ!」ということを
追求したくなるんですよね。

■しかし、作ってしまったんだし
いまさら作り直すこともしないのならば
できれば「この制服でよかった」という
陽転思考をしたいですよね(笑)

世の中には、
折り合いをつけていかないと
いけないことが
たくさんあるのですから。

ということで、私が
「この制服を着なくちゃいけないこと」
になってたら
どうやって陽転思考するか
考えてみました。

「体型をカバーできるからよかった」
「お洗濯が楽そうでよかった」
「ダサいのを着こなせる
 練習になってよかった」
「おじさんが着ると、どんな人でも
 かわいくなれるのでよかった」

どうでしょう?(笑)
無理ある?

■思い起こせば2008年
奈良県のゆるキャラとして誕生した
「せんとくん」は、
最初一部の人から「気持ち悪い」
と言われていましたよね。
見ているうちに慣れてきて、
今では大人気です。

酷評も、のど元過ぎれば
好評となる。

それくらい、
時代の変化と価値観の変化が
早い時代に生きているのです。

気絶しそうにダサい制服も
「超クール!」になる未来が
あるかもしれないのだと思いつつ、
見守りたいと思います。

(今、流行している
 フロイントインという着方は
 シャツを前だけいれて
 後ろを出すというもの。
 ちょっと前までだらしないと
 言われていたことです。
「あなた、後ろシャツでていますよ」
 と言われそうで、
 なかなか挑戦できません……)

では〜。


    和田裕美

追伸:
最近、ますます暑くなったので
日の出とともに
もも(犬)の散歩に
行かねばならなくなりました。

6時頃はもう
暑くなってきているので
4時半起きの4時45分スタートが
ベストとなるのです。
しかし、毎朝寝坊して
6時に起きてしまいます。
犬も寝坊しているので
仕方ないですよね(笑)

※※【急募!】※※
明日、7月29日
紀伊國屋サザンシアターでの
新刊の記念講演会、
一般募集はすでに
満席になっておりましたが、
メディア席から何席か
今日空席が出てきました。

チケットが買えなかった方、
本日中(24時まで)に
弊社までご連絡くださいましたら
お席確保できます。
先着数名さまですので、
お急ぎくださいませ。
support@wadahiromi.com
フルネームでお名前を添えてください。

受付できたかたには、
明日スタッフよりご連絡いたします。

======
 編集後記
======
みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂です。

さいきんはネットの
動物たちのかわいい映像で
癒やされています。

そういえば先日、
和田の愛犬もも専務が
とつぜん失踪しました。

お散歩中、大好きな公園で
遊んでいたのですが
遠くで花火の音がして
びっくりしてしまったらしく
気づいたらどこにも姿がなく…
という青ざめる展開。

和田はそれはもうショックで
公園にいた人たちみんなに
必死に聞いてまわって
一緒に探してもらいましたが
どこにも見つからず……

悲しみと不安でいっぱいのまま
とりあえず帰宅したところ、
マンションのエレベーターホールに
保護されたももがいたそうです。

ももはどうやら、
かすかな匂いと記憶をたよりに
自分でお家をさがして
がんばって、がんばって
たくさんの大通りもすり抜けて
奇跡的に無傷でマンションまで
到着していたのです。

それに気づいた
ご近所のかたがたが
家主が不在だったために
扇風機をもってきたり
毛布をもってきたりして
ももをわかるところに
寝かせてくださっていたのでした。

和田はほんとうに
不安に押しつぶされそうでしたが
ももの本能のちからと、
ご近所のみなさんの優しさと
神様がくれた奇跡のおかげで
またももとともに
平和な毎日を送っています。

それにしても、
普段は自分のことを
人間と思っているもも専務にも
やはり力強い野生の本能があり、
家族のもとに帰らなきゃ!という
強い想いががあったのだと思うと
とても感動した私でした。

いや、でも本当に危なかったです!
もも専務、ちゃんと
帰ってきてくれてありがとう。
おかげさまで、和田もみんなも
今日も笑顔で頑張っています。

以上、わたしが最近目にした
奇跡の物語でした。

さて、明日はいよいよ
紀伊國屋サザンシアターでの
講演会!

大きなすばらしいホールでの
貴重な機会に、
和田も出し惜しむことなく
みなさんに秘訣を伝授しますよ!

そして、さきほどもお知らせした
【急募】の数席、
受付は本日24時までの先着順です!
support@wadahiromi.com
フルネームでお名前を入れてくださいね。

受付できたかたには
明日、スタッフより詳細をご連絡いたします。

※こちらでお申込みいただいた場合、
当日キャンセルは承りかねます。

最後のラッキーチャンスを
つかめるのはどなたでしょうか?!
楽しみにおまちしております☆

それでは、また次回のワダビジョンで!
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>