和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:女性の◯◯を入れるということ。
日付:2015/10/28
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

【ぜひ、こちらのメルマガをお友達にも教えてあげてください】
⇒ http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

こんにちは、和田裕美です。

ワダビジョン、
昨日配信予定でしたが、
エラーが発生したので
1日遅れの配信となってしまいました。
申し訳ございません、
おまたせいたしました。

■最近、肩こりがひどいんです、わたし。

もともと、根っこは
引っ込み思案なほうなので
人前で話すときは
意識的にテンションをぐんっと
上げて話しているのですが、
そうすると
身体のいろんなところに
力が入ってしまう。
それが毎日続くと、
「コリ」に…なるらしいです。
(年齢じゃないからね!!)

でもまあ、緊張からのものなので
どっかで一週間くらい、
さぼればいいのだ。
なので、日常のなかでも
スマホの電源を
切ったままで過ごすとか、
出先から行方不明になるとか、
泥酔して記憶を失うとかして、
回避しております。(笑)

■ところで!
先日、家に遅く帰ってきたときに
出張マッサージを
呼んでみようと思ったんです。
で、ググって
出張マッサージの
サイトを見ていたら、
こんなこと書いてある!
   ↓
「当店では20代から30代の
 経験豊富な女性が
 担当させていただきます」

おおお、
「若い女性ばかりですよ」か!

私は熟練の人のほうがいいので
20代とか言われても
嬉しくないのだけど

これ、普通のマッサージですよね?
と考えて(笑)
おそるおそる電話して
「そちらは、男性専門のとこでしょうか?」
変なこと聞いてしまった!(笑)
ちがうよね。うん。

■まあ、とにかく
90分14000円頼んでみた。

そしたら、ほんとうに
普通の女の人が
大きなかばんを持ってやってきた。

まずは書面にサインする。
これ大事。
(風俗ではないので、そのような
 行為を強要しないとか
 そういう制約が書いてある)

それからごくごく普通に
マッサージスタート。
「ベッドどこですか?」
「ここにマットひきますね」
「では、紙パンツだけになって
 うつぶせでお願いします。
 部屋でていますので
 お着替えください」
たんたんと進みます。

■で、やっぱりいろいろ聞きたい。

「知らない家にいくのって
 怖くないんですか?」

「はい、やっぱり新規の男性が
 ちょっと勇気いりますね」

「女性と男性はどっちが
 お客さん多いですか?」

「男性が多いです。
 やっぱり男性は
 マッサージ好きが多いですね」

・・・・・・・・・
ううむ、
すごいな、私なら
おじけづいてできないわ。
(年齢ですでにひっかかって
 できないんだけど……(苦笑))
 
■聞けば、彼女、
普段は日中エステティシャンで
週に二回だけ、
夜中働くみたいです。
自分のお店を持つために
お金貯めているそうです。
割り切って必死で働いているようです。
よかったですよ、ほぐれたし、
マッサージ上手でした。

知らない人の家にいって
マッサージをしている人のほうが
もっと緊張してて、
私よりも肩こっているんじゃないか
と思うと、
なんだか申し訳ない気になって
「がんばってくださいね」
と、目力こめて伝えました。

■しかし、ここでこだわりたいのは
「当店では20代から30代の
 女性のみ…」というもの。

==============
今日の気付き
「女性の年齢を入れる」ということ。
==============
■この言葉があることによって
たとえば、この手のマッサージは
すでに「男性向けサービス」に
なっているということが
わかりますよね。

「当店では、女性のみが
 施術を担当します」
と年齢をいれないだけで、
とたんにこれは女性向けになります。
自宅に男の人が夜中に来るのは
怖いし、女性の方がいい。
かといって若いとかには
こだわらないからです。

どうせ、マッサージしてもらうなら
おばさんよりも若い子が
いいというニーズは
やっぱりありますか?
それとも年齢関係なく、
熟練の人にやってもらいたい?
(と、男性に聞いている)

私が自宅訪問して
「こんにちは」と行ったら
がっかりされるってことですよね。
(ぷんぷんっ)

■まあ…いいとか、悪いとかは
おいといて。
女性の年齢って、ずっと
男性がこだわっていること。
とくに日本はその影響が強いですね。
女性活用というのは、
出産して子育てが終った女性も
気持よく働ける職場があってこそ。
「どうせ一緒に働くなら
 若い女性がいい」
と思っている男性が多いと…。
(その気持はよーくわかるんですけど)
なかなか「女性活用」が
成功しないのです。
方法ではなく、
すべてマインドの問題なのだ。

ということで、
「当店では、20代から30代の
 男性が担当します」
というお店を
誰かがやってみたとき
流行るかどうかを検証したいな
と思った次第です。あはは。
これも、なんか怖いです。

さて、今日は
自分の身体を大事にするために
仕事は明日に先延ばしにして、
飲みにいってきますーー!

      和田裕美

あ!そうそう。
ブログ、ぜひ読んでみてください。
http://wadahiromi.com/?p=3181

講演をきいてくださった方から
あたたかいお言葉を
たくさんいただいてます。

===========
▼和田裕美の営業手帳2016▼
■同じくキャラクター手帳を
ずっと出しておられる
影山先生と対談しています。
後編も公開されていますのでぜひ。
「なぜ、忙しい人ほど
 休みをとるのがうまいのか」
和田裕美×陰山英男対談【後編】
http://diamond.jp/articles/-/78800

■11月28日(土)15時から
手帳発売記念
トークショー&サイン会!
パルコブックセンター吉祥寺店
▼お電話での予約もできます▼
http://www.libro.jp/blog/pbc-kichijoji/event/2016.php

営業の達人たちの実演見れます!!
■営業マンフェス2015
11月21日(土)
@ヒューリックホール(浅草橋)
10:00から17:00まで
(その後プレミアム席限定懇親会)
http://mmct.jcity.com/?ct=102F14093F17F0F0

■パワースクールトーキョー
会員は随時募集中!
会員だけの特典もりだくさん!
入る理由が見つからなかったけど
ちょっと興味あるというかた、
ぜひ参考に、ご覧ください。
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0

それではまた、
来週のワダビジョンをお楽しみに!

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>