ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第8号】
日付:2015/06/26
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第8号】
■┛-------------------------------
2015年6月26日(金)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガに登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし、配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************

□MENU―――――――――

1. 沖縄便り 

2. 全米問題賭博協議会(NCPG)で発表します!

3. 7月上旬ワンネスグループセミナー情報

4. 潜伏する女性の依存症〜『フラワーガーデン』にご相談を〜

5. 依存症セミナー、講演会を開いてみませんか?

6. 編集後記

―――――――――――――
1.
★沖縄便り★

ワンネスグループ代表の矢澤です。

今、沖縄県南城市のリトリート施設「The Oneness Place」で、このメルマガを書いております。

沖縄は夏たけなわとなり、沖縄ぜんざいが美味しくなってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

この地は、沖縄を代表する聖地で、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)にも近く、琉球開闢(かいびゃく)の地、久高島を沖合に望むスピリチュアルなパワーがみなぎる場所です。

晴れた日にはさんさんと照らす太陽に、サンゴの息づく海辺が輝き、曇りや雨の日も、空と海が混然一体となって一刻ごとに表情を変える風光明媚な場所です。

ここにいると、様々なプロジェクトに心が開かれていきます。豊かな自然と自分の心の琴線を響き合わせ、落ち着きと共に可能性に心を躍らせています。

穏やかな気持ちで、皆様にメッセージをお届けいたします。

一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 矢澤祐史

************************************
2.
★7月、全米問題賭博協議会(NCPG)で発表します!★

ワンネスグループの活動の場が、世界に広がっています。

7月8日からアメリカのボルチモアで開催される「全米問題賭博協議会 (NCPG) 第29回総会」で、国際ギャンブル依存カウンセラー認定委員会 (IGCCB) 代表のロリーン・ルーグル博士と共同発表をいたします。

また、ワンネスグループが手掛けているギャンブル依存症者の支援についても報告予定です。

海外との交流が増える中で、より広い視野と多様な価値観に基づいた経験を蓄積し、ワンネスグループ内での技術の向上や、
わが国における依存症への取り組み全体に貢献していきたいと考えています。

************************************
3.
★ひとりで抱え込んで苦しんでいませんか?
7月上旬ワンネスグループセミナー情報★

ワンネスグループのセミナーでは、依存症の問題について初めての方でもわかりやすく解説し、
どうしたら依存症から抜け出せるのかについて、具体的な方法や道筋を実際の数多くの回復例を元にお伝えしています。

様々な問題に対する治療プログラムの情報や概要、ご本人を治療施設へ繋げるインタベンション(介入)システムなどのご紹介も行っています。

依存症は回復できます。どうぞお気軽にご参加ください。

またお知り合いの方で依存症に悩まれている方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。

◎【大阪】依存症を知るセミナーin大阪「女性の依存症と回復」
■日時:2015年7月8日(水) 13:30〜16:30
 場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター <ドーンセンター>セミナー室2
(大阪市中央区大手前1-3-49)

◎【沖縄】「依存症回復セミナー」
■日時:2015年7月18日(土) 17:30〜20:00
 場所:沖縄県男女共同参画センターてぃるる3階研修室1 (那覇市西3-11-1)

詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi.html

************************************
4.
★潜伏する女性の依存症
〜『フラワーガーデン』にご相談を〜★

女性の依存症者は、厚生労働省の調査班が昨年発表した数値によると、アルコール依存症は約15万人、ギャンブル依存症は約90万人とされ、いずれも前回の調査より増加しています。

しかし、ワンネスグループもふくめ、社会資源への相談件数は決して多いとは言えず、
医療関係含めてあまり表に浮かび上がってきていないのが現状です。

こうした依存症に苦しむ女性たちはどうしているのでしょうか?

苦しみの中で、ただ耐え、依存行為を繰り返しているのでしょうか?

はたまた、最悪の事態への道を歩んでいるのでしょうか?

なぜ、女性は自分の状況を相談しにくい環境にあるのでしょうか?

それとも女性は耐える力が強いのでしょうか?

依存症の苦しみからの解放は、初期のレベルならば医療機関でも回復の可能性がありますが、進行した依存症は、専門的な回復施設でじっくりとプログラムに取り組まなければ、回復は難しいのが現実です。

開設1年を迎えた『フラワーガーデン』は、全国で初めての治療共同体メソッドに基づいた、女性だけの、女性のための依存症リハビリ施設です。

周りに依存症で苦しんでいる方がいたら、また、そのような話を聞かれた時には、
ぜひ『フラワーガーデン』のことを教えてあげてください。

フラワーガーデン↓↓↓
http://www.f-garden-ag.org/

…………………………………
5.
★依存症セミナー、講演会を開いてみませんか?★

ワンネスグループでは、全国各地の行政機関、医療機関、学校、地域の団体などからの要望で、依存症をより広く、より深く知っていただくためのセミナーや講演会などを開催しています。

この夏にも、高校での講演や、行政主催のセミナーなどを予定しています。

依存症に関する正しい知識は、まだまだ世の中に普及していないのが実情です。
依存症に正しく対処することも、依存症を未然に防ぐことも、まずは正しい知識を得ることから始まります。

講演会の形式については、パワーポイントや動画を使った説明や、体験発表など、様々なご要望にお応えします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/management.html

…………………………………
6.
★編集後記★

先日、トヨタの外国人女性役員が麻薬密輸の疑いで逮捕されました。

事の真偽はまだ明らかではありませんが、こうしたニュースが世を騒がせるにつけ、
依存症について世の中の正しい理解の必要性と、ワンネスルグループの活動に対する時代の要請を感じます。

WAKWAK

…………………………………

「マイナス10からプラス10へ」

依存症で苦しんでいるときはマイナス10。

依存症を回復して普通の生活が送れるようになることが0。

そして本当の自分らしく輝き、より良い人生を歩むならば、それはプラス10と言えるでしょう。

ワンネスグループはこの言葉を理念とし、プラス10の回復を目指して日々活動に取り組んでいます。


★お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■