ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ 【第71号】
日付:2016/12/07
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第71号】
■┛-------------------------------
2016年12月7日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
**************************************
-------------------------------------------------------
★ワンネスプレイス
沖縄の自然に抱かれた安心の空間。
依存症リカバリーセンター ワンネスプレイス沖縄

エグゼクティブリカバリー
とくに高い機密性を必要とされるVIP・法人役員・著名人の方は
こちらにご連絡ください。
http://place.oneness-g.com/
TEL0120-200-069
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウント開設!!
「@oneness-g」でID検索を!
お友だちでつながりましょう。

メッセージの送信可能です!

□MENU―――――――――
1. あいさつ(ワンネスグループ代表理事)
2. 【特集】ミュージシャンのASKA容疑者、再び逮捕。薬物依存脱却を考える
3. 【お知らせ】全国で「ギャンブル依存症を知るセミナー」緊急開催
4. 【コラム】カジノはギャンブル依存症の温床になるか?
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ★
今年もはや師走に入り、クリスマス・年末の足音も近づいてまいりました。寒さも厳しさを増し、インフルエンザなども流行し始めているようですね。どうぞご自愛ください。

さて、さる12月3日には名古屋でセレニティパークジャパン名古屋のフォーラムを開催しました。当日はおかげさまで200人の方がご来場くださり、会場は満席となりました。改めてお礼申し上げます。

今回のテーマは、「トラウマ、依存症、そして回復」のテーマでお二人の専門家をスペシャル講師としてお迎えして意義深いイベントとすることができました。

リチャード・グレイ先生は脳神経科学と神経言語プログラミング(NLP)やユング心理学を組み合わせ、独自の依存症/トラウマ治療メソッド(ブルックリンプログラム)を作られた方です。独創的なプログラムをわかりやすくご紹介してくださいました。

もうお一方の友田明美先生は、医師として研究者として虐待や育児困難の問題に取り組まれてきました。先生は脳の発達の研究も進められており、言葉による虐待が身体的な虐待よりも脳の損傷が大きいという調査研究をご紹介くださいました。

その他にも脳には回復力があって、介入や支援は早ければ早いほど良いが大人になってからもトラウマから回復することができるというお話にも心を打たれました。

グレイ先生はオリジナルのプログラムに加え、友田先生も脳の関係部位への好影響が期待できる認知行動療法や作業療法・遊戯療法などに触れられていました。このような解決策が専門家から示されることは大きな希望です。

私を含めた対談では、お2人とも脳の研究をなさっていることもあり、お互いの発表に刺激を受けられたようでした。

グレイ先生には、引き続き奈良の施設でブルックリンプログラムとヒーローズジャーニーのワークショップを指揮していただいています。また、ワンネスグループではトラウマや子どもの支援を取り扱った絵本や書籍も発行しています。詳しくはウェブサイトをご参照ください。

ワンネスグループ 代表理事
矢澤祐史

************************************
2.
【特集】ミュージシャンのASKA容疑者、再び逮捕。薬物依存症からの脱却について考える。
2014年に薬物事件で逮捕され、執行猶予中だったミュージシャンのASKA容疑者(58)が、先月末、覚せい剤使用の疑いで再び逮捕され、メディアで大きく報じられ、非常に大きな衝撃が走りました。

薬物依存脱却のための取り組みに励み、来年は新曲リリースが予定されるなど、回復の道を歩んでいると思われていた矢先の今回の逮捕。

回復を支えて来られたご家族や支援者のことを思うと、いたたまれない気持ちになります。また復帰を心待ちにしていたファンの方々もさぞかし残念に思われていることでしょう。

今回のASKA容疑者の事件で、薬物依存からの脱却はやはり難しいとのイメージだけが社会に拡がっているのではないかと懸念されるところがあります。

薬物だけに限らず、依存症からの回復は簡単ではないことはたしかですが、エビデンスに基づいた回復プログラムを、その方に適した場所で、専門家のケアのもとで適切に受けることで、回復の道は開けていきます。薬物依存に関して、正しい情報が発信されるよう、ワンネスグループではマスコミへの働きかけを積極的に行っており、先週もスタッフがメディアでコメンテーターとして情報発信しました。

ふり返れば2016年は、薬物に関する事件が多発しました。芸能やスポーツ界だけでなく、一般社会にまで広がり、身近な社会問題になっていることを忘れずにいたいですね。

依存症に関するさまざまなトピックス紹介しているサイト「アディクションラボ」の記事をご紹介いたします。

▼【アディクションラボ】華やかな芸能界、スポーツ界での薬物事件に揺らいだ2016年。
そして、あの有名歌手も再度の使用で逮捕…。
一般社会でも増加する薬物使用を考え、正しい知識を得るきっかけに。
http://addiction-lab.com/

************************************
3.
【お知らせ】全国で「ギャンブル依存症を知るセミナー」緊急開催!! 
‘カジノ法案’可決を受けて、ぜひ一緒に考えましょう!!

昨日、衆院本会議においてIR(カジノを含む統合型リゾート)推進法案が可決しました。この動きについては、賛否両論がありますが、反対を唱える方の多くが「ギャンブル依存症者が増えるのではないか」という懸念を持っています。

法案審議以前から、少しずつ私たちの目や耳に入ってきた「ギャンブル依存症」。ワンネスグループでは、単に賛成、反対と論じるのではなく、これを機会に依存症をより深く理解する場を作りたいと考え、急きょ、全国各地で「ギャンブル依存症を知るセミナー」を開催することにいたしました。

進行は、かつてギャンブル依存で苦しんだ経験をもつ、グループ副代表の三宅隆之(精神保健福祉士)が務め、各会場ではギャンブル依存から回復したグループのスタッフがサポートします。また、報道関係の皆さまの取材もお受けします。お近くの会場にぜひ足を運んでいただき、ギャンブル依存症について一緒に考える機会を持ちたいと思います。

★ギャンブル依存症を知る緊急セミナー・記者会見★
※各会場とも 入場無料/事前予約不要です。

【大阪・大阪市】
■日時:12月16日(金)14:00〜16:00
■会場:ドーンセンター中会議室2(大阪市中央区大手前1-3-49)

【愛知・名古屋市】
■日時:12月17日(土)18:45〜20:30
■会場:ウィルあいちセミナールーム6(名古屋市東区上竪杉町1)

【東京・千代田区】
■日時:12月18日(日)13:00〜15:00
■会場:アクセア半蔵門貸会議室第1会議室(東京都千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル5F)

【宮城・仙台市】
■日時:12月21日(水)13:00〜15:00
■会場:貸し会議室PARM-CITY 131 4H (仙台市青葉区一番町3-1-16)

【北海道・札幌市】
■日時:12月22日(木)13:30〜15:30
■会場:札幌市教育文化会館研修室402 (札幌市中央区北1条西13)

【福岡・福岡市】
■日時:12月25日(日)13:30〜15:30
■会場:新光ビル 2F・B室 (福岡市中央区天神4-4-24)

【沖縄・那覇市】
■日時:12月26日(月)18:45〜20:30
■会場:沖縄県総合福祉センター401研修室(那覇市首里石嶺町4-373-1)

<お問い合わせ先>
ワンネスグループ奈良オフィス
電話:0745-24-7766(月〜金 10:00〜17:00)
メール:info@oneness-g.com

************************************
4.
【コラム】カジノはギャンブル依存症の温床になるか?
先週はASKA容疑者のニュースだけでなく、週末になってIR(カジノを含む統合型リゾート)推進法案が、国会で審議入りしきのう衆院を通過しました。以前より、経済効果や地域振興を謳う推進派と、治安悪化やギャンブル依存を懸念する慎重派の両方の意見があり、注目されていましたが、衆院本会議で可決されたことによって、ギャンブル依存症についても注目が集まっています。

薬物依存症にも同じことが言えますが、メディアで取り上げられることで、ただ怖がるのではなく「正しい情報を知る」ことが必要です。ギャンブル依存症はカジノができるから増えるのではなく、それより以前からある社会問題なのです。

私たちグループのセレニティパークジャパンは、日本でも数少ないギャンブル依存症の回復支援施設です。今回の法案審議をきっかけに、ギャンブル依存症についての認識が広まり、オープンな議論、前向きな依存症対策がなされるよう、私たちも可能な限り活動します。

依存症を防ぐためには、まずは知ることから。今回のIR推進法案について、ワンネスグループ副代表の三宅がブログを更新しています。こちらもあわせてお読みください。ぜひ!!

▼ワンネスグループ副代表、精神保健福祉士/三宅隆之によるブログ「問題ギャンブルとカジノ対策を考える」http://www.oneness-g.com/Psychiatric_Social_Worker/?p=260


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■