ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ 【第77号】
日付:2017/01/18
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第77号】
■┛-------------------------------
2016年1月18日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
**************************************
-------------------------------------------------------
★フラワーガーデン
女性専用の依存症ケア施設
http://f-garden-ag.org
依存症や生きづらさを抱える方たちへ
安心できる環境で、女性らしさ・人間らしさを取り戻す
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウント開設!!
「@oneness-g」でID検索を!
お友だちでつながりましょう。

メッセージの送信可能です!

□MENU―――――――――
1. あいさつ(ワンネスグループ副代表)
2.【レポート】フラワーガーデンフォーラムin東京が無事に終了
3.【情報】セリーン・ベガ博士による「鍾乳洞ワークショップin沖縄」
4.【コラム】声をあげるということ
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ★
今年一番の寒波の中、フラワーガーデンフォーラムin東京が無事に終了いたしました。

当日は120名近くの方に、お足元の悪い中、参加いただき、5時間以上の長い時間をともにさせていただけたことに、大変感謝しています。

今回はフラワーガーデンが、初めて東京でフォーラムを行うということで、今までで一番の盛り上がりにしようと、企画、準備から広報、当日の会場運営まで、ワンネスグループのスタッフ全員で力をあわせて実行した、まさに“ALL”ワンネスグループのイベントとなりました。

クライアントが自らの経験を発表するシーンでは、回復へ向かおうとするエネルギーに共感し、胸を熱くしてくださっているご様子の方が多くいらっしゃいました。

この日、私たちが日頃の思いをしっかりと表現できたのは、やはりスタッフ全員のサポートがあってこそです。みんなのサポートがあったからこそ、勇気を持って発表できたのだと実感しています。

フラワーガーデンだけでは決して成功させることができなかった東京フォーラム。まさにワンネスグループのエネルギーがひとつになった、まさに“ALL”の1日になりました。

参加してくださった方々からの温かい拍手やメッセージに、クライアントもスタッフもまた1日、1日と回復の日々を重ねて行くパワーをいただくことができました。本当にありがとうございました。

次は2月26日、名古屋にてフラワーガーデンのフォーラムが開催されます。1人でも多くの方に会場にお越しいただけますよう、お待ちしております。

ワンネスグループ副代表
フラワーガーデン ディレクター
オーバーヘイム 容子

************************************
2.
★【レポート】フラワーガーデンフォーラムin東京が無事に終了!★
1月14日(土)、「フラワーガーデンフォーラムin東京」が東京都千代田区にあるワテラスコモンホールで開催され、多くの方にご来場いただき、温かなエネルギーに包まれて無事に閉会いたしました。

当日予定をしておりました安倍昭恵さんの基調講演がご公務のために開催ができず、この機会を楽しみにご来場いただきました皆さまへ、あらためてお詫び申し上げます。

代わりに、昭恵さんから会場の皆さまに向けてメッセージをいただきました。その中にとても胸にしみるひと言がありました。

「皆さんも、自らを型にはめてつらい思いをされたり、自分の気持ちを抑え込んだりするのではなく、自分の頭で考え、自分の気持ちに素直になって行動してみてはいかがでしょうか。きっと、周りの人は、あなたの意見を受け入れ、あなたを尊重してくれます。そして、あなたの人生、あなたの思うように生きてほしい。」

その後、2名のクライアントから体験談発表が行われたのですが、初めて公の場で発表した話でもあり、涙、涙のストーリーでした。彼女たちの壮絶な人生、しかし、どんな状況でも回復へ繋がれることで、人は変われると、話の中から涌き出てくるエネルギーで生の声を届けてくれました。

さらに『フラワーガーデン』が、女性の依存症について、どのような回復支援プログラムを提供しているのかを発表させていただきました。

またこの日は、依存症回復支援の国際機関であるICCE(国際アディクション専門職認定教育センター)代表理事であるテイ・ビエン・ホウ氏がご参加くださり、女性の依存症回復支援について報告と発表をしてくださいました。ICCEは国連に準ずるコロンボプランの組織です。世界基準の支援をもっと日本へも取り入れたいと、強く思わされる内容でした。今後も女性の回復を支えていくために使命をもって、情報や知識、ネットワークを持つこと、たくさんのスキル向上を図る必要があると感じました

第2部は映画『THE HUNTING GROUND』を上映いたしました。
日本でも最近、起こっている大学キャンパス内での女性学生への性被害。メディアでも取り上げられることが多くなっている問題のひとつです。この映画はアメリカ有名大学で起こった実際の事件を描いています。その被害に立ち向かっていく彼女たちの勇気、被害にあった仲間たちを当事者の仲間たちが支えるピアサポート、家族支援、社会へ現状を発信していくことで、NOをYESに、社会情勢をも変えていく彼女たちの姿に、強いエンパワメントやレジリエンスを感じました。

フォーラムの最後、フラワーガーデンのテーマソング、クリスタル・ケイさんの『何度でも』を合唱しました。一人ひとりが自分の思う「私を生きる」を発表し、依存に苦しんでいた頃に、助けがほしかった頃に聞きたかったメッセージを歌で皆さんにお届けしました。

ご来場いただいた皆さんから、本当にあたたかいお言葉をいただきました。これからもフラワーガーデンは、私たちらしく活動を続けてまいります。皆さまご支援ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます

************************************
3.
★【情報】セリーン・ベガ博士による「鍾乳洞ワークショップin沖縄」★

2017年も幕を開け、早くも混沌とした時代を思わせるニュースが飛び交っています。
そんな時代の中で自分を見失わず、成長するために必要なのは「本質的な自分(魂)」とつながることです。

4月に開催される、心理療法士セリーン・ベガ博士による「鍾乳洞ワークショップin沖縄」。
セリーン博士が行なう「身体のムーブメント」や「ジェネラティブ・トランス」といった体験的なワークでは、
自分の成長を妨げる否定的な思考や制限的な信念によって分断された「本質的な自分(魂)」とのつながりを取り戻します。
「無力感」や「恐れ」による欠乏感によって人生の選択を行うのではなく、人が本来持っている生命のエネルギーを繊細に感じ取り、
「いのちの限りを生き尽くす」豊かな人生を歩むプロセスへと導きます。

今回のワークショップは、悠久の時間を越えたエネルギー溢れる神秘の鍾乳洞、沖縄の「ガンガラーの谷」で開催されます。
「ガンガラーの谷」で行うことによって、自分自身の魂だけでなく、自分の心や存在を超えたあまねく世界へとのつながりを感じていただくためです。

また「鍾乳洞ワークショップin沖縄」に合わせて、南城市ワンネスグループ施設において、セリーン博士によるアディクションに特化したワークショップを開催いたします。

身体や魂を養うセルフケアの実践に興味のある方や、自らのワークを深めたいセラピストやコーチの方、必見のワークショップです。
みなさまのご参加を心よりお待ち申しあげます。

◎セリーン・ベガ博士による「鍾乳洞ワークショップin沖縄」
●日時:2017年4月21日(金)16:00〜21:00、22日(土)・23日(日) 15:30〜21:30
●場所:沖縄ガンガラーの谷(沖縄県南城市玉城字前川202番地)
●参加費:
[超早割]2月末まで:98,000円(税別)
[早割]3月末まで:108,000円(税別)
[通常]当日まで:128,000円(税別)
※収益は依存症の回復支援に活用します。
※すべての日程で、夕食が含まれます。
※宿泊費・移動費は含まれません。

◎セリーン・ベガ博士による、アディクションに特化したワークショップ
●日程:2017年4月18日(火)、19日(水)
※詳しくはお電話・メールでお問合せください。

▽詳しくはこちら
http://oneness-g.com/jaai/semi_selene/
▽ガンガラーの谷
http://www.gangala.com/
▽お問合せ
TEL:0120-200-069
MAIL:info@oneness-g.com

************************************
4.
★【コラム】 声をあげるということ★

「フラワーガーデン設立2周年フォーラム in 東京」が盛況のうちに幕を閉じました。
5時間という長時間にもかかわらず、大勢の方々が最後まで熱心に耳を傾けてくださったのは、
やはり、フラワーガーデンのスタッフやクライアントの思いが、会場の一人ひとりに伝わったからだと思います。
中でも、回復途中のクライアントが自らの辛い体験を、一言ひとこと絞り出すようにして語る姿には
会場全体が深い感動に包まれました。

人前で自分の過去を語るのは、どれほど勇気が必要なことだったでしょうか。
その声は小さく、まだ不安げでもありましたが、回復を遂げて、
自分の人生を取り戻そうという強い意志が感じられました。

どんなに小さな声であってもいい。
声をあげるから、気がついてもらえる。仲間が見つかる。次の扉が開かれる。そう感じます。

当日上映された映画『The Hunting Ground』でも、大学内で性被害に遭った女子学生が、
多くの誹謗中傷を受けながらも勇気をもって声をあげ続けることで、
少しずつ世の中を動かしていきます。

「フラワーガーデンにつながってくれてありがとう」

そう語る、オーバーヘイム副代表の言葉が印象的でした。

wakwak


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■