ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ 【第78号】
日付:2017/01/25
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第78号】
■┛-------------------------------
2016年1月25日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループのスタッフと、名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
**************************************
-------------------------------------------------------
★セレニティパークジャパン奈良・名古屋
ギャンブル・アルコール依存症の回復施設
http://spj-ag.org/

施設のことがよく分かるブログも更新中!
http://spj-ag.org/hibi/
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウントで情報発信中!
「@oneness-g」でID検索
LINEでお友達になりましょう!

□MENU―――――――――
1. あいさつ(セレニティパークジャパン名古屋代表)
2.【情報】さらに充実!「ワンネスファミリーグループ東京セミナー」
3.【情報】<女性限定>豪華講師陣による「セルフケア&パッション・イン・アクション ワークショップ」開催決定!
4.【コラム】生き延びる
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ★

メルマガ読者の皆さま、はじめまして。セレニティパークジャパン名古屋の池田秀行と申します。

私は、2015年7月からセレニティパークジャパン名古屋で勤務をスタート。
現在は、東海および北陸地方で、依存症で苦しんでいる方たちへ、ワンネスグループの活動を知って欲しいという思いで、活動を続けています。

昨年12月に、名古屋市内で開催させていただきました「セレニティパークジャパン名古屋フォーラム〜トラウマ、依存症、そして回復〜」では、ご家族や地域の皆さま、関係機関の皆さまに、ご支援とご協力をいただき、当日は約200名の皆さまにご参加頂きました。本当にありがとうございました。

また、昨年2月より、毎月定例で開催させていただいております依存症者の家族会「ワンネスファミリーグループ」では、ファシリテーターを務めさせていただいております。回を増すごとにメンバーも増え、皆さまと一緒に回復に取り組んでいます。
 
さて、今年よりセレニティパークジャパン名古屋を、前代表の泉から引き継がせていただきまして、より地域に根差した活動を目指していきたいと思っております。これからもどうぞよろしくお願いします。

セレニティパークジャパン名古屋 
代表 池田秀行
************************************
2.
★【情報】 さらに充実!「ワンネスファミリーグループ東京セミナー」★

ワンネスグループでは、全国各地で依存症を正しく知り、回復へ導くためのセミナーを開催しています。

なかでも、依存症の方を抱えるご家族を対象として、毎月東京で開催していますのが、「ワンネスファミリーグループ東京セミナー」です。
依存症ケアのスペシャリストである臨床心理士の加藤力先生が、30年以上にわたる依存症ケアの臨床経験をもとにサポートを行います

依存症の方、本人が回復につながり、家族との関係再構築をしていくためには、本人の変化はもちろんですが、家族の変化も重要です。
家族の変化によって本人が回復へ繋がるきっかけになったというケースも数多く見られます。

「東京セミナー」は、朝10時から夕方まで、時間をかけて行う1日ワークショップ形式です。
加藤先生は、参加された家族の状態を丁寧に見ながら、実際にワークを行ったり、映像を交えたりしながら進行します。
そして、家族が依存症者との関わりにおいて、「被害者、加害者」という立場から、
「支援者」という位置に移ることの大切さを、体験を通して理解を深めています。

問題を家族の中で抱え込まず、どのようにして解決の方向へ導けばよいのか、
本人を依存症から抜け出させ、家族も苦しみから解放され、安心して幸せに生きて行くお手伝いをいたします。
参加の秘密は厳守されますので、どうぞ安心してご参加ください。


◎臨床心理士・加藤力がサポートする「ワンネスファミリーグループ東京セミナー」
●次回開催日程:2017年2月18日(土)
●会場:セルフサポート研究所202号室 (東京都江東区亀戸3-61-22 尾崎ビル2F)
●参加費:10,000円

▽ワンネスファミリーグループ東京セミナーについてはこちら
http://oneness-g.com/semi_ofg/

▽全国各地のセミナーについてはこちら
http://oneness-g.com/semi.php

▽お問合せ
TEL:0745-24-7766
MAIL:info@oneness-g.com

************************************
3.
★【情報】<女性限定/特別ワークショップ>世界最高峰の豪華講師陣による
「人生を成功へ導くセルフケア&情熱の源泉を見つける
パッション・イン・アクション ワークショップ」開催決定!★

この夏、NLPの共同開発者であり、世界で最高峰のNLPトレーナー、ジュディス・ディロージャー、
ホリスティックヘルスの第一人者 パトリシア・ノビック博士、
イギリスNLP協会理事であり、「パッション・イン・アクション」の共同開発者ジュディス・ディロージャーという豪華講師陣による
「人生を成功へ導くセルフケア&情熱の源泉を見つけるパッション・イン・アクション ワークショップ」開催が決定しました!

このままで人生を終わりたくない、自分の人生を100%生きていないという感覚を持つことはありませんか?
そんな方は、「自分の人生なんてこんなもの」という思い込み(ビリーフ)を持っているのかもしれません。

今回のワークショプは、
「困難を乗り越えて人生を自分のものにしていきたい」
「これまでの人生を手放し、新しい自分の人生を生きたい」
「勇気を持って人生に取り組み、夢やビジョンを実現したい」
というすべての女性たちのための特別ワークショップです。

ボディ・マインド・スピリットのホリスティックな視点から、自分自身の存在を取り扱い、人生を成功へと導く「セルフケア」と、
情熱の源泉を見つけ、モチベーションを開花させる「パッション・イン・アクション」という2つのテーマを扱います。

このワークショップでは、あなたの価値観の変容がもたらされるほか、体験的な様々なワークを通じて、
あなた自身の深い気づきとインスピレーションを得ることができます。
頭でわかるという以上に、身体で体験的にわかる=理解できるように身体的知性に働きかけ、
顕在意識では気づきにくい、潜在意識レベルでのビリーフの書き換えが行われます。

自分らしさを生きて、才能を目覚めさせ、人生を成功に導きたいすべての女性に贈る
貴重な体験的ワークショップへぜひご参加ください。

◎<女性限定>ジュディス・ディロージャー「パッション・イン・アクション ワークショップ」
●次回開催日程:2017年7月20日(木)〜23日(日)【4日間】
●会場:KFC Room115 (東京都墨田区横網1-6-1)
●参加費:
【超早割】(3月末まで) 248,000円(税別)
【早割】(5月末まで) 268,000円(税別)
【通常】(当日まで) 288,000円(税別)
※収益は依存症の回復支援に活用します

▽詳しくはこちら
http://oneness-g.com/jaai/semi_judith/
▽お問合せ
TEL:0120-200-069

************************************
4.
★【コラム】 生き延びる★

先日お伝えした「フラワーガーデン設立2周年フォーラムin東京」では、映画『ザ・ハンティング・グラウンド』の上映会が行われました。
大阪、札幌に続いて、今回で3度目となる上映会ですが、オーバーヘイム副代表の言葉を借りれば「見るたびに胸がふさがれる思いがする」映画です。

実は映画の中には男性の被害者も描かれています。彼らの存在が表に出てくることは稀です。
なぜなら、「男のくせになぜ戦わなかった」「どうして自分を守れなかった」という、ジェンダーバイアス(性的偏見)がかかるからです。

女性の被害者が「自分から誘ったのではないか」「挑発的な格好をしていたのではないか」という心ない言葉を浴びせられ、深く傷つけられることが多いのと同様に、
彼らもまた、事件そのものだけではなく、その後の取り扱いによって深く傷つけられるのです。
女性も男性も、被害者であるにもかかわらず、世の中の偏見によってさらに追い詰められ、自ら命を絶つ場合もあります。

ワンネスグループが、あらゆる回復のシーンの中でお伝えする「自分らしく生きる」ということ。
それは自分の「生きづらさ」を乗り越えると同時に、自分を守り、自分を自由にすることと同義でもあります。

ワンネスグループへつながるまでに、壮絶な人生を体験してきた方々が大勢います。
「つながってくれて、ありがとう」というオーバーヘイム副代表の言葉には、
「生き延びてくれて、ありがとう」そんな思いが滲み出ているように感じました。

wakwak


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■