ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第9号】
日付:2015/07/10
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第9号】
■┛-------------------------------
2015年7月10日(金)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************

□MENU―――――――――

1. NCPG(全米問題ギャンブル協議会)全国大会現地リポート

2. フラワーガーデンフォーラム開催報告

3. 「クライアントのストーリー」フラワーガーデン利用者の声

4. 開催間近!映画『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会

5. ワンネスファミリーグループ東京セミナー会場変更のお知らせ

6. 編集後記

―――――――――――――
1.
★NCPG(全米問題ギャンブル協議会)全国大会現地リポート★

アメリカ東海岸の古い港町・ボルチモアから、グループ副代表の三宅がお届けします。

現在、この地で開催されているCPG(全米問題ギャンブル協議会)第29回全国大会に、ワンネスグループから私と通訳スタッフの川口衆の2名が参加しています。

NCPGは、問題ギャンブルに関する様々な立場の方が会員となる団体であり、ワンネスグループも昨年の同大会参加後に、会員として名を連ねています。

問題あるギャンブラーとその家族を支援するためのプログラムやサービスを提供し、依存症による個人的・社会的・経済的コストを低減することによって、ウエルネスの向上を目指しています。

また、アメリカにおける合法ギャンブルに対して中立の立場を保 ち、ギャンブルの是非を論じるのではなく、ギャンブルの影響を受けている本人や家族を支援するために機能しているところも特徴です。

ワンネスグループでも、ギャンブルの是非を問うのではなく、現に問題を起こしている本人や家族の支援(相談、問題解決策の提案など)を主眼にしています。

最近では「早期発見・早期対処・再発防止」や「予防教育」の構築を目指し、NCPGをはじめとする海外の関係団体とのネットワークづくりを進めており、今大会においても新たな出会いに恵まれています。

昨秋には、国際ギャンブルカウンセラー認定委員会(IGCCB)代表のロリーン・ルーグル博士を招聘し、日本で初めてギャンブル依存症特化型のカウンセラー資格を導入しました。

従来日本で行われてきた支援とは異なる「単に断ギャンブルや節制ギャンブルを提案するだけではなく、その人のウエルネスの向上もサポートする」という理念のもと活動を広げています。

今大会では、そのルーグル博士監修のもと、国内における問題ギャンブルの状況や私たちが提供している支援について発表いたします。

「私たちは、一生学んで成長する必要がある」

と、昨晩食事をご一緒した際にルーグル先生から最高の言葉をいただきました。

私たちは、過剰に過去を悔やみ、自分をなじる必要はありません。私自身もギャンブル依存症者の一人です。

学び、成長すれば、可能性は広がります。

ONENESS GROUP
副代表 三宅 隆之

************************************
2.
★フラワーガーデンフォーラム開催報告★

フラワーガーデンの開設1周年を記念した「女性の依存症回復〜一緒に回復していこう〜」が大阪市立総合生涯学習センターで開催されました。

当日は、依存症に苦しむ当事者をはじめ、その家族、司法・行政・医療関係者など、大勢の方々にご参加いただきました。

利用者の体験発表や、フラワーガーデンに関わるみなさまの熱い思いが語られ、女性の依存症支援に何が必要なのかを考えるひと時となりました。

学び多きフラワーガーデンの1年の歩みをふり返り、ますます女性専用回復施設の必要性を感じさせられた1周年記念フォーラムでした。

************************************
3.
★「クライアントのストーリー」フラワーガーデン利用者の声★

フラワーガーデンフォーラムでは、回復の道を歩む利用者の方々が、勇気を持ってご自分の体験を語ってくれました。
その一部をご紹介いたします。

●「自分自身を探求し、自立を目指していきたい」
<まいさん>

17歳の時、当時付き合っていた男性に覚せい剤を勧められ、興味本位で始めました。薬を使うと自信が持てるので、ダラダラと続けるうちに、薬のない生活ができなくなりました。
そんな時、警察に逮捕され刑務所に行くことに…。裁判の時に、情状酌量のために証人として立ってくれた父が、必死に私をかばう姿に涙が止まりませんでした。
2年半服役し、弁護士さんの勧めでフラワーガーデンにつながりました。
最初は不安でいっぱいでしたが、仲間と話ができるようになったり、ふとした景色に心動かされたりと、日々の暮らしの中に小さな喜びを感じられるようになりました。
逃げてばかりの人生から、自分自身を探求し、自立を目指していきたと思います。

●「愛する息子たちや母と、いつか笑顔で会いたい」
<ゆみさん>

初めて覚せい剤を使ったのは18歳の時でした。ギャンブルに狂っていた夫と離婚し、水商売をしながら必死で働いて幼い子供たちを育てました。
地元を離れて子育てをする不安や淋しさを紛らわせるために薬を使ううちに、薬なしでは生きられなくなりました。そんな自分を責め続ける生活が15年以上続いたのです。
一度は他のリハビリ施設で回復を目指したものの、再使用が始まり、昨年10月にフラワーガーデンにつながりました。
そして入寮5ヶ月の時に再使用し、ようやく「底つき」に至りました。今は仲間の力を借りて回復に希望を持てるようになり変わりました。
私の回復はまだ始まったばかりですが、いつか愛する息子や母に笑顔で会いにいきたいです。

************************************
4.
★開催間近!映画『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会★

出産、命とは何か、子供は親を選んで生まれてくる!?

ドキュメンタリー映画として異例のロングラン大ヒットとなり40万人を動員。

現在も各地で自主上映が続いている映画『うまれる』、その続編となる『うまれる ずっと、いっしょ。』が公開され、全国で再び感動の輪が拡がっています。

この素晴らしい映画のワンネスグループ自主上映会が間近に迫っています。

観た多くの方が、皆さんそれぞれの琴線に触れ、涙される映画です。

深い共感とともに、癒やしが起こる映画でもあります。どうぞお見逃しなく!!


◎『うまれる ずっと、いっしょ。』自主上映会
主催:一般財団法人ワンネスグループ
●日時:7月18日(土)【午前】10:00 - 12:20 【午後】13:20 - 15:40
 場所:奈良・橿原 奈良県橿原文化会館
●日時:7月19日(日)【午前】10:30 - 12:50 【午後】13:50 - 16:10
 場所:大阪・西淀川 エルモホール(西淀川区民会館)
●日時:7月25日(土)【午前】10:00 - 12:20 【午後】13:50 - 16:10
 場所:三重・津 フレンテみえ(三重県男女共同参画センター)

大人(前売り)\1,500  小・中・高(前売り)\600

■前売りチケットのご購入はこちらから↓↓↓
http://peatix.com/user/807274
主催:一般財団法人ワンネスグループ

…………………………………
5.
★7月・8月の東京セミナー会場が変更になりました!
臨床心理士 加藤力がサポートする、ワンネスファミリーグループセミナー★


毎回ご好評をいただいている、ワンネスグループ臨床心理士 加藤力がサポートするファミリーグループセミナーの東京セミナー会場が変更になりました。

新会場は、江東区にある「NPO法人 セルフサポート研究所」です。どうぞお間違えなくお越しください。

◎東京セミナー
●日時: 7月25日(土)、8月15日(土) 13:30〜17:00
場所: NPO法人 セルフ・サポート研究所(江東区亀戸3-61-22 2階)

参加登録など、詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi_ofg/


…………………………………
6.
★編集後記★

梅雨真っ盛り。
そこで、素敵なレインブーツを買いました。
朝、強い雨音で目が覚めても、
レインブーツを履くチャンスとばかり、
足元に合わせたコーディネートを考え始めると、次第にウキウキしてきます。
雨の日こそオシャレをする。
いつも前向きに過ごすことは難しくても
憂鬱になる要素は、身の回りのちょっとした「好き」に助けてもらえばいいのだなと感じる、この頃です。

WAKWAK

…………………………………

「マイナス10からプラス10へ」

依存症で苦しんでいるときはマイナス10。

依存症を回復して普通の生活が送れるようになることが0。

そして本当の自分らしく輝き、より良い人生を歩むならば、それはプラス10と言えるでしょう。

ワンネスグループはこの言葉を理念とし、プラス10の回復を目指して日々活動に取り組んでいます。


★お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■