ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ 【第86号】
日付:2017/03/22
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第86号】
■┛-------------------------------
2017年3月22日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループのスタッフと、名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
**************************************
-------------------------------------------------------
★セレニティパークジャパン奈良・名古屋
ギャンブル・アルコール依存症の回復施設
http://spj-ag.org/

施設のことがよく分かるブログも更新中!
http://spj-ag.org/hibi/
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウントで情報発信中!
「@oneness-g」でID検索
LINEでお友達になりましょう!

□MENU―――――――――
1.あいさつ(セレニティパークジャパン名古屋代表)
2.【お知らせ】東海地区にて開催「依存症を知るセミナー」「ワンネスファミリーグループ」
3.【レポート】依存症拠点機関のシンポジウムにワンネスグループが参加
4.【コラム】原宿・竹下通りにて
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ★
メルマガ読者の皆様こんにちは!

セレニティパークジャパン名古屋の池田秀行です。
今回は、東海地方で行われている「依存症を知るセミナー」「ワンネスファミリーグループ」をご紹介させていただきます。

毎回テーマを変えながら開催している「依存症を知るセミナー」は、愛知、岐阜、三重の各所にて、併せて年間10回ほど行ってきました。回を重ねる事に多くの方々にお集まりいただいております。

参加者の中には、依存症で苦しんでいる家族やご本人のみならず、行政や福祉関係者の方、最近では学校の先生や、カウンセラーの方にもお集まりいただいております。

一番反響が大きかったテーマは「依存症と家族」でした。

依存症が背景にあると思われる問題行動(例えば、連続飲酒やギャンブル、借金、嘘、触法、対人関係におけるトラブルなど)を、家族や周囲の方々が、止めさせよう、変えようとすればするほど、問題はかえって悪化する場合が多いということ。

解決に向かうには、まず家族や周囲の人たちが依存症についてきちんと理解し、本人への「関わり方」を変えてゆくこと。決して本人の根性など、精神論では解決はできないという内容です。

こういった背景を踏まえて、セミナーでは具体的な「関わり方」を紹介します。

セミナー終了後には、特に支援の専門職の方々より、「知らなかった」「目からうろこ」といった感想をいただいています。
 
また、今年の2月で、ちょうど1年を迎えました「ワンネスファミリーグループin名古屋」は、これまでに家族の回復者をゲストにお招きし、苦しんでいた過去から現在にいたるまで、家族の中にどのような変容があったのか、どんなことに取り組んできたのか、「愛を持って家族を手放す決心」についてなど、それぞれの回復の経験をお話いただきました。

また共依存や、感情の気づきについてのグループワークを行い、家族回復について、参加者の方々と一緒に考えています。

私自身、もうすぐ名古屋にやってきて2年が経ちます。3年目はさらに、地域に根差した活動を続け、一人でも多くの方々に、回復への思いを運び続けたいと思っております。

セレニティパークジャパン名古屋 
代表 池田秀行
************************************
2.
★【お知らせ】東海地区にて開催「依存症を知るセミナー」「ワンネスファミリーグループ」★

上記のあいさつでもふれましたが、ワンネスグループでは、依存症を正しく知り、回復へ導くための「依存症を知るセミナー」、依存症問題を抱えるご家族をサポートする「ワンネスファミリーグループ」を定期開催しています。

愛知や岐阜、三重などを対象とした東海地区も、活動が活発化しており、問題を抱えているご家族や、支援関係者の方にご参加いただいています。

依存症ご本人が回復につながり、健全な心と身体を取り戻して社会復帰をするためには、家族との関係再構築も大切なことです。本人だけでなく、家族の変化や成長も重要です。

家族が依存症を知識として理解すること、また回復の経験を持つ方にお話を聞き、モデルケースを持つこと。解決への希望を抱くことは、行動の原動力になります。

私たちは本人を依存症から抜け出させ、家族も苦しみから解放され、安心して幸せに生きて行くお手伝いをいたします。ワンネスグループの経験を皆さんの回復に活用していただきたい。私たちに頼っていただきたいと思います。

参加に関して不明な点がある方は、事前にお気軽にお問合せください。また、参加の秘密は厳守されますので、どうぞ安心ください。

◎依存症を知るセミナーin名古屋〜依存症と家族〜
●4月28日(金)18:30〜20:30
●会場:ウィルあいちセミナールーム5 (名古屋市東区上竪杉町1)
●参加費無料、予約不要
※セミナー終了後、スタッフが個別相談に応じます。お受けできる人数には限りがあります。

◎依存症を知るセミナーin三重〜大切な家族の健康を守るあなたへ〜
●5月12日(金)18:30〜20:30
●会場:三重県教育文化会館 (三重県津市桜橋2-142)
●参加費無料、予約不要
※セミナー終了後、スタッフが個別相談に応じます。お受けできる人数には限りがあります。

◎ワンネスファミリーグループ名古屋
●毎月第2土曜13:00〜15:00
●会場:自由ケ丘会館1階遊戯室(名古屋市千種区徳川山町5-3-12-1)

▽お問合せ
TEL: 052-734-2437(セレニティパークジャパン名古屋/担当:池田)
MAIL:info@oneness-g.com

************************************
3.
★【レポート】依存症拠点機関のシンポジウムにワンネスグループが参加★
厚生労働省が依存症治療拠点の指定をしている病院は全国に7カ所ありますが、岐阜県にその一つである医療法人杏野会 各務原医院があります。
ワンネスグループにとっては、日頃から関係機関として連携を取らせていただいている病院です。
3月10日(金)、各務原病院が主催する依存症に関するシンポジウム「依存症拠点機関事業の経験から」に、ワンネスグループよりセレニティパークジャパン名古屋代表の池田秀行が参加させていただきました。
今回のシンポジウムは薬物、アルコールだけでなく、ギャンブル依存症対策についてもフォーカスされており、各務原病院 天野宏一院長より、これまでの取り組みについてお話がありました。
主にギャンブル依存症の回復支援を続けてきたセレニティパークジャパンとして、支援の現場におけるギャンブル依存症からの回復による当事者支援について、物質依存の回復支援とは、まったく同じにはできないことについて、また日々のプログラムについてお伝えさせていただきました。
実際に各務原病院と、ワンネスグループと連携を行い、クライアントが社会復帰したモデルケースについてもお話がありました。
医療機関と民間施設のそれぞれのメリットを組み合わせ、回復の確実性を高めていきたいと改めて感じた一日となりました。
このような機会をくださった、各務原病院のケースワーカーの方をはじめ、スタッフ、関係機関の皆さま、地域の皆さま、本当にありがとうございます。
これからも、依存症治療共同体 ワンネスグループ・セレニティパークジャパン名古屋は、東海地方の各関係機関との連携を図りながら、「こころのサポート」を通じて、地域社会に貢献してゆくことを目指します。
▽最新の活動ブログはこちら
http://oneness-g.com/report/archives/2523

************************************
4.
★【コラム】原宿・竹下通りにて★
先日、何十年かぶりに原宿・竹下通りを歩くことがありました。

お昼前だったにもかかわらず、相変わらずの人出、若者のトレンドを求めるお客さんと、それを提供する人たちでごった返す中、たくさんの若い人たちがいろいろなショップで働いていました。

アクセサリー店、クレープ店、アイドルショップ、外国人観光客向けのおみやげ店など…、プラカードを手に客引き合戦です。

イキイキと元気に楽しそうな人もいれば、どんよりとだるそうな人も。朝まで遊んで、そのままなのかな…なんて思いながら、場に集まっているエネルギーやオーラを観察しながら歩きました。

ワクワクすることや、ドキドキすることなど、刺激には危うさが含まれている場合もあります。とくに若い人たちのエネルギーが濃密に集まる場所には、危うさの匂いも強い。

危うさには、依存性の高いものへの誘惑も多く存在しているはず。経験が少ない若い人たちは、危うさに気づかずに一歩を踏み出してしまうことも多いにあるはずです。

匂いをかぎ分けられる方法や、匂いにつられない気持ちの作り方など、自分を守るための方法を依存症の予防教育を通じて伝えていきたいと感じています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■