ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ 【第91号】
日付:2017/04/26
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第91号】2017年4月26日(水)
■┛-------------------------------
★日本ファミリーインタベンションセンター
依存症問題を抱える家族のための相談窓口

ひとりで悩まないで、私たちにご相談ください
http://www.fic-ag.org
TEL 0120-111-351
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウントで情報発信中
「@oneness-g」でID検索&登録を!

□MENU―――――――――
1.《あいさつ》日本ファミリーインタベンションセンター
2.【お知らせ】ワンネスも応援!ジュディス・ディロージャー 女性限定ワークショップを7月開催
3.【お知らせ】GWは山形、仙台、福島でセミナー開催
4.《あとがき》心を救う、救急車。
-------------------------------------------------------
このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お知り合いでメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、
ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は http://oneness-g.com/

(配信停止ご希望の方)
こちらから手続きをお願い致します。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
************************************
1.《あいさつ》

皆様こんにちは。
日中は暖かくなり過ごしやすい季節になってきましたが、
いかがお過ごしでしょうか。
日本ファミリーインタベンションセンターの大田です。

ワンネスグループが配信している活動ブログの中でも、
インタベンションについて記事を書かせて頂いておりますが、
そこで報告をさせてもらったインタベンションの内容が、
我々の目指しているインタベンションの形でしたので、
このメルマガでもその時の様子についてお話いたします。

アルコール依存症を抱えるご主人を何とか回復へと導きたく、
ご家族と連携しながら、その機会を待っていました。
半年後その機会がようやく訪れ、インタベンションを決行。

ご本人を前に、我々が主導し様々な話をしていきましたが、
話は平行線をたどり時間だけが過ぎていく中で、
それまで口を閉ざしていた奥さまがご主人に思いを伝えました。

「何よりもあなたの体の事、そして命が大切であること」
「私も息子もあなたが元気になることを心から願っているし、
お酒をやめて回復できることを信じている」
「あなたの回復の為であれば、いかなる事もやろうと思っている」
心からご主人を愛しているメッセージが届き、彼は回復への決心をしました。

前半で述べた、我々の目指すインタベンションの形であったという意味は、
『ご家族の方が主体となってご本人を介入した』と言うことです。

ただ、ご家族が介入をしていくのにも、入念な打ち合わせと、
ご本人がどのようなことを言ってきても、愛を持って思いを伝え続け、
そして、ご本人を信じるということが重要です。

この出来事から、私の経験に無かったものを得ることができ、
今後、より多くの依存症者を救う手助けができると確信しました。

現在もインタベンションになりそうな案件を多く頂いております。
それぞれのケースは違いますが、一人でも多くの方が回復に繋がれるよう、
そして家族の方がワンネスグループにお願いして良かったと言ってもらえるよう、
私自身もインタベンションの技術向上をはかっていきたいと考えております。

最後に、インタベンションを考えているがどうしても踏み出せないとお考えの方、
我々とその一歩を踏み出し、そして違った新しい結果を得ましょう!

では、今回はこの辺りで。

日本ファミリーインタベンションセンター
代表 大田宏充


************************************
2.【お知らせ】
ワンネスも応援!ジュディス・ディロージャー
女性限定ワークショップを7月に開催

詳しい内容は特設ページをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://giveness-i.com/semi_judith/

「あのジュディスが日本に!?」
NLPを深く学んだ方であれば、ジュディスは言わずと知れた存在でしょう。

なぜなら、ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラー、
ロバート・ディルツと並ぶNLPの共同開発者の一人でありながら、
中国に8年連続、香港は23年連続で講師として招聘。
毎回100名以上を集める「世界No.1女性NLPトレーナー」だからです。

これまでのトレーニング実績は、世界22カ国以上の国々で、
述べ1万2000人以上の参加者に接してきた、ジュディス。
しかし、これまで日本国内ではトレーニング開催がなく、
数人の日本人しか会ったことがない「伝説」とも言える人物なのです。

そのジュディスが、今年7月、ついに初来日。
私たちワンネスグループも応援し、
日本初のワークショップを「女性限定」で開催します。

今回、「ダイバーシティ」や「女性リーダー」
「女性エンパワーメント」を大きなテーマとして扱い、
ジュディス独自のNLPがどのように成果をサポート出来るかを、
初心者からトレーナーまでがそれぞれ学べるよう設計しています。
NLPをまだご存知ない方であっても、どうぞご安心ください。

このワークショップを、あなたの可能性や選択肢を大きく豊かに広げ、
行動にうつすためのスタートの場として活用してください!

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

◎ジュディス・ディロージャー「パッション・イン・アクション」
(女性限定特別ワークショップ)
●日程:2017年7月21日(金)〜23日(日)
●場所:KFC Hall&Rooms Room115 (東京都墨田区横網1-6-1)
●参加費:
超早割:5月末まで / 198,000円(税抜)
早 割:6月末まで / 218,000円(税抜)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

男性も参加可能のワークショップを開催します!

◎ジュディス・ディロージャー「セルフリーダーシップ」
●日程:2017年7月20(木)
●場所:KFC Hall&Rooms Room115 (東京都墨田区横網1-6-1)
●参加費:
超早割:5月末まで / 58,000円(税抜)
早 割:6月末まで / 68,000円(税抜)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
※ 女性参加者にお得な、4日間通し価格もご用意しています。

詳しい内容は特設ページをご覧ください
http://giveness-i.com/semi_judith/

▽お問合せ TEL:0120-200-069
(主催:Giveness International)


************************************
3.【お知らせ】
GW開催「依存症を知るセミナー東北キャラバン」

「知ることは防ぐこと、知ることは解決への一歩」をテーマに、
全国各地で開催している依存症を知るセミナー。
5月には山形、仙台、福島をまわる東北キャラバンを行います。

今回は「身近な人ができること・できないこと」がテーマ。
ご家族やご友人、職場の同僚や支援者などの方が、
ご本人にどう対処することが有効か、具体的にお伝えします。

対処法には100%効果があるというものはありません。
また、簡単に解決できる方法もありません。

依存症当事者の団体でもある、私たちワンネスグループは、
支援スタッフ自身の経験や相談など家族支援の蓄積、
海外の専門職団体のトレーニングを通して得た知見などから、
「本人への対処としてできること・できないこと」について、
具体例を交えて直接お伝えすることができます

4年目を迎える東北キャラバンでは、共同代表の三宅隆之をはじめ、
グループ内の専門スタッフによるメッセージや依存症本人の体験談、
家族アンケートなどを含めて、多面的にお届けいたします。
ゴールデンウィークの最中ですが、ぜひご参加ください。


【依存症を知るセミナー東北キャラバン2017春】

◎山形会場
●日時:5月5日(金・祝) 14:00〜16:00
●会場:山形県生涯学習センター 第5会議室(山形市緑町1‐2-36)

◎仙台会場
●日時:5月6日(土) 14:00〜16:00
●会場:フォレスト仙台 第6会議室(仙台市青葉区柏木1‐2‐45)

◎福島会場
●日時:5月7日(日)14:00〜16:00
●会場:福島テルサ 会議室つきのわ(福島市上町4-25)

※各会場、参加費無料(資料代として、当日1000円が必要です)
※事前予約不要

http://oneness-g.com/report/wp-content/uploads/2017/04/tohoku_Seminar20170spring.pdf

▽お問合せ TEL: 0745-24-2050
(一般社団法人セレニティパークジャパン)


************************************
4.《あとがき》

ワンネスグループの依存症治療共同体の中では、
誰かが心の調子を崩すと、グループが開かれます。

「エンカウンター」と呼ばれるこのグループは、
まるで、救急車がその人のもとへと向かうように、
24時間、あらゆるタイミングで設定されます。

かくいう私も、つい先日開いてもらいました。
そう、スタッフに向けても同じように開かれるのです。

同僚が心配をして、救急車を飛ばして来てくれた。
「問題は無い…」と、初めは取りつくろいますが、
次第に心の奥底からあふれ出て来る、感情の数々。

参加メンバーからの言葉は、時に毅然と問題を指摘。
問題を見つめ、生き方を変えることは、
スタッフであれば、なおさら必要かもしれません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■