ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第10号】
日付:2015/07/24
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第10号】
■┛-------------------------------
2015年7月24日(金)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************


□MENU―――――――――

1. 夏のごあいさつ

2. 全米問題ギャンブル協議会(NCPG)全国大会レポート

3. 「座(くら)の里農園」野菜宅配のご案内

4. 8月29日(土) ダイバージョンセンターシンポジウムin沖縄 開催!

5. ワンネスファミリーグループ東京セミナー会場変更のお知らせ

6. 編集後記

―――――――――――――
1.
★夏のごあいさつ★
皆さま、こんにちは。ワンネスグループ代表理事の矢澤です。
本格的に夏を迎えている沖縄県南城市の自宅にて、このご挨拶をしたためております。海岸の方角より朝日がさんさんと降り注ぎますが、風が通り抜けて心地よいです。

全国で記録的な猛暑が報じられており、熱中症にかかられる方もいらっしゃるようです。読者の皆さまにおかれましても、ご自愛くださいませ。

さて、私たちワンネスグループ一同は、来る10月3日の横浜フォーラムと関連イベントの準備を進めております。

フォーラムには、ロクサーナ・エリクソン・クライン博士や、ICCE(国際アディクション専門職認定教育センター)事務局長のテイ・ビエン・ホウ氏をお迎えします。
一人でも多くの方にお越しくださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、去る7月8日から11日、副代表の三宅隆之が全米問題ギャンブル協議会(NCPG)の年次大会で、日本のギャンブル問題の現状とワンネスグループの取り組みについて発表を行ってまいりました。

この会議では、ギャンブル依存症の治療の取り組みや、予防・啓発活動や業界のCSR(社会責任)に関するワークショップにも参加することができました。

わが国でも、いわゆるIR(カジノを含めた統合型リゾート)推進法案について、世論の関心が高まっております。

行政やオペレーター(カジノ運営会社)など多様なステークホルダ(活動を行う上で関わるすべての人)と協力しつつ、今後とも我々の本分である「依存症に苦しむ本人や家族の皆さんのサポート、依存症の啓発や予防の担い手」として効果的な回復支援の構築を目指します。

では、10月3日のフォーラム会場で皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 矢澤祐史
************************************
2.
★全米問題ギャンブル協議会(NCPG)全国大会レポート★

アメリカ国内で問題ギャンブルに関わる様々な立場の方が会員となっているNCPGの第29回全国大会が、メリーランド州ボルチモアで開催されました。

大会には、カジノ、宝くじ、レースなどを運営する団体の"responsible gambling (責任あるギャンブル)"担当者、当局関係者、地域の協議会関係者や、医療、福祉関係、そしてギャンブル依存症当事者など600名を超える参加がありました。

"New Challenges-Creative Solutions (新しいチャレンジこそ、創造的な解決策)"とのテーマどおり、依存症者に対する、最先端の治療や予防啓発活動に触れることができました。

ワンネスグループとして2度目の参加となった今回、日本国内における問題ギャンブルの状況や社会資源の現状、ワンネスグループの支援について、
地元メリーランド大学のロリーン・ルーグル博士(IGCCB:国際ギャンブル依存カウンセラー認定協議会代表)の監修のもと、発表することができました。

耳を傾けていただいた多くの方から、日本の状況に対する共感や、新しいチャレンジを続ける私たちへのエールを頂きました。

また今大会には、アジア各国から同様の活動を行う公的団体が参加しており、交流を深めることができました。今後、こうした交流の中で、先例に学ぶ機会が生まれそうです。

大会へ参加して感じたのは、依存症や問題を抱えたギャンブラーとその家族を支援する大切さはもちろんのこと「予防教育」と「啓発活動」を広めることの重要性です。会場でも最新の手法が幾つも紹介されていました。

日本においても、それぞれの団体の活動を狭く留めるのではなく、広く連携を取ることによって、大きな効果が出るのではないかと感じました。実際、すでに今回のNCPGでの経験はシェアされ始め、国内各地の勉強会にもお声掛けいただいています。

今後も、世界中の先達に学び、日本の文化と融合したよりよい依存症対策を生み出せるよう、活動を続けてまいります。

一般財団法人ワンネスグループ
副代表 三宅隆之(精神保健福祉士)
************************************
3.
★「座(くら)の里農園」野菜宅配のご案内★
「座(くら)の里農園」は奈良と三重にあるワンネスグループの施設です。

設立当初は、回復された方が働く雇用創生事業としてスタートしましたが、現在では施設プログラムのひとつとしても利用されています。

依存症回復プログラムは、デイケアに通いながら、座学で仲間とともに行われることが多いのですが、もともと座学が苦手な方や、大勢で過ごすことが苦手な方に配慮して、自然の中の農業体験もプログラムとして取り入れられました。

農作物は簡単にはできません。自然と向き合い、こつこつと日々の世話を続けることが必要です。
その過程で自分と向きあい、仲間と一緒に作業をしながら心を通わせることが可能になるのも、
時間をかけて成果にたどり着く農業ならではの特徴です。

現在、ワンネスグループの仲間が、丹精込めて育てた季節の野菜や、平飼いで飼育しているニワトリの卵、自家製のこうじ味噌など、四季折々の農産品が販売されています。

農園近くの道の駅やワンネスグループのイベントなどで販売されるほか、無農薬野菜専門のショップにも卸しています。

また『座の里農園』の農産物は、ご希望の方には「通販お任せセット」としてお届が可能です。
3500円(送料はワンネスグループが負担)で、新鮮な季節の野菜が段ボールに詰められてご自宅に届きます。

種類を指定することはできませんが、一般の小売店で購入するよりも、安価で安全な野菜が食べられますのでぜひ試しください!

■「通販お任せセット」について注文や問合せはこちらのメールアドレスまで↓↓↓
yhideki77@gmail.com

■農園ブログ
http://garden-ag.org/sato/
************************************
4.
★8月29日(土) ダイバージョンセンターシンポジウムin沖縄 開催!★
【入場無料・予約不要 】

触法行為の背景に依存症が疑われる方を、適切な治療へと導くことを目的に、ワンネスグループは菅原直美弁護士をセンター長に迎え、ダイバージョンセンターを新設いたしました。

”ダイバージョン”とは英語で「転換、流用、迂回、進路変更」などの意味を持ち、
犯罪に対して通常の司法手続きを回避し、他の非刑罰的処理方法を採用することを言います。

このたび沖縄で、依存症に苦しんできた方々に希望の光をつかんで頂くため、
このダイバージョンセンターの取り組みを広くお伝えするシンポジウムを開催いたします。

入場無料・予約不要です。どうぞこの機会にぜひお越しください!

◎ダイバージョンセンターシンポジウムin沖縄
■日時: 8月29日(土) 13:30〜17:00
■場所: 沖縄産業支援センター 101号室 (〒859-6230 沖縄県那覇市字小録1831番地1)
■入場無料・予約不要

詳しくはこちら↓↓↓
http://garden-ag.org/okinawa0829/
…………………………………
5.
★7月・8月の東京セミナー会場が変更になりました!
臨床心理士 加藤力がサポートする、ワンネスファミリーグループセミナー★

毎回ご好評をいただいている、ワンネスグループ臨床心理士 加藤力がサポートするファミリーグループセミナーの東京セミナー会場が変更になりました。

新会場は、江東区にある「NPO法人 セルフサポート研究所」です。どうぞお間違えなくお越しください。

◎東京セミナー
■日時: 7月25日(土)、8月15日(土) 13:30〜17:00
■場所: NPO法人 セルフ・サポート研究所(江東区亀戸3-61-22 2階)

参加登録など、詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi_ofg/

…………………………………
6.
★編集後記★

23日、日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんが、宇宙に旅立ちました。
39歳での宇宙飛行士への転身。
宇宙飛行士選抜当時は「中年の星」などと騒がれました。
当時お会いしたことがありますが、
謙虚で凛として、中年というよりも颯爽とした青年のような方でした。

それから6年…。
人はたったこれだけの年月の間に、
宇宙飛行士になって、宇宙に旅立つことができるのだなと、感慨ひとしお。
亀がモチーフのミッションロゴはコツコツと目標に向けて努力を積み重ねてきた
油井さんのお人柄をあらわしているそうです。
1日1日を大切に。あらためて教えられた、油井さんのニュースでした。

WAKWAK

…………………………………

「マイナス10からプラス10へ」

依存症で苦しんでいるときはマイナス10。

依存症を回復して普通の生活が送れるようになることが0。

そして本当の自分らしく輝き、より良い人生を歩むならば、それはプラス10と言えるでしょう。

ワンネスグループはこの言葉を理念とし、プラス10の回復を目指して日々活動に取り組んでいます。


★お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■