ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第11号】
日付:2015/08/07
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第11号】
■┛-------------------------------
2015年8月7日(金)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************


□MENU―――――――――

1. 代表あいさつ

2. 映画『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会の御礼

3. 続報・ダイバージョンセンターシンポジウム in 沖縄

4. 初来日!現代催眠療法の生みの親 ミルトン・エリクソン直系
ロクサーナ・エリクソン博士の直接指導によるトレーニングを開催
【特別価格 早割 8月31日まで!!】

5. 小冊子『依存症は回復できる 薬物・ドラッグ編』のご案内

6. 編集後記

―――――――――――――
1.
★代表あいさつ★

皆様、いかがお過ごしでしょうか。今年は8月8日が立秋で、暦の上では早くも秋の訪れとなりますが、暑さはこれからが本番でしょう。
全国的に連続して猛暑日が記録されている模様、一層ご自愛くださいませ。

また、今月は広島・長崎の原爆の日やお盆の終戦記念日を迎えるに当たり、平和に思いをはせる時期でもあります。
我々が自分の回復や苦しんでいる人の手助けに励めるのも、先人の辛苦や世界の人たちの良心あってのことだとかみしめたいと思います。

ここ最近は、セレニティパークジャパン沖縄のCURAデイケアセンターでグループワークを実施する機会が増えています。
クライアントの方たちとじかに接し、率直な気持ちをぶつけてもらい、一緒に不安や恐れ、希望や期待などと向き合っています。

揺籃から葛藤をくり返して育まれるフレッシュな回復のエネルギーを私も分けてもらい、自分の来し方を振り返りながら、今日を新たに過ごすことができています。
生きもののごとく変化し、時に予想もつかない場所へとたどり着くセラピーワークのダイナミズムには、いつもわくわくさせられます。

改めてのご案内となりますが、来る10月3日にはワンネスグループ10周年記念フォーラムを開催いたします。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。

一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 矢澤祐史

************************************
2.
★映画『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会の御礼★

この度は『うまれる ずっと、いっしょ』自主上映会にご来場いただき、誠にありがとうございました。

7月18日奈良、7月19日大阪、7月25日三重と、各県、各県府教育委員会など各所からのご後援をいただき開催することができました。

はじめての上映会で、右も左も分からない私たちの質問にも丁寧に答えてくれ、支えてくださった事務局の皆様、
準備段階より応援してくださった皆様、協力し団結してくれたスタッフ、たくさんの方々のお陰でこの上映会を無事に終えることができました。

各会場ともにママさんタイムをもうけたことで、お子さまとともに映画を楽しんでくれていたママさんの姿が印象的でした。
私の子ども達が幼い頃は、赤ちゃんを連れて映画を観るなんて不可能と思っていたので、赤ちゃん連れのママさんの姿を見られてとても嬉しかったです。
ママさんタイムを喜んでくれたお客様もいらっしゃいましたが、ご迷惑をお掛けしてしまったお客様もいらっしゃったこと、お詫び致します。

感動されて涙するお客様の姿が目に焼きついています。
下は赤ちゃんから上は70代くらいまで性別を問わず幅広い年齢層の方々に、命の大切さ、家族のつながりや絆、今後の余生について考えていただく機会になったことと思います。

上映前には私から、ワンネスグループについて、依存症について、私の過去の経験や子育ての体験を通じて学んだ命の尊さ、大切さ、家族についてお話させて頂きました。
また、支援者の方が作成してくださった「新米母さんの詩」を読ませていただき、当たり前が当たり前でないこと、今日1日に感謝することをお伝えさせて頂きました。

上映会の開催にあたり、広報活動の中からたくさんの方々との出逢いがありました。自主上映会という形だからこその出逢いだったと思います。
人とのご縁を大切に、これからも多くの方々に私達の活動を知っていただき、活動を続けていきたいと思っています。

フラワーガーデン代表
オーバーヘイム容子

************************************
3.
★続報・8月29日(土) ダイバージョンセンターシンポジウム in 沖縄のお知らせ★
【入場無料・予約不要 】

依存症が原因で、法を犯してしまい
人生を諦め苦しんでいる方、
またはそのご家族の方はいらっしゃるでしょうか?

ワンネスグループは、依存症が原因となって法に触れる行為をくり返してしまう方を適切な治療へと導くことを目的に、
弁護士の菅原直美先生をセンター長に迎え、ダイバージョンセンターを開設しております。

”ダイバージョン”とは英語で「転換、流用、迂回、進路変更」などの意味を持ち、
犯罪に対して通常の司法手続きを回避して、刑罰的処理ではないほかの方法を採用することを言います。

このたび沖縄で、このダイバージョンセンターの取り組みを広くお伝えするシンポジウムを開催いたします。

シンポジウムは、精神保健センター担当者や、保護観察所職員、地元病院の精神科医など、
地元沖縄で依存症者支援や再犯防止支援を行っている方々をお招きして、沖縄におけるダイバージョンの可能性を探ります。

「生き直しの場」「社会復帰」「幸せな人生」を掴んでいただくためのお手伝いができればと考えております。
入場無料・予約不要です。どうぞこの機会にぜひお越しください!

◎ダイバージョンセンターシンポジウム in 沖縄
■日時: 8月29日(土) 13:30〜17:00
■場所: 沖縄産業支援センター 101号室 (〒859-6230 沖縄県那覇市字小録1831番地1)
■入場無料・予約不要

詳しくはこちら↓↓↓
http://garden-ag.org/okinawa0829/

…………………………………
4.
★初来日!現代催眠療法の生みの親 ミルトン・エリクソン直系
ロクサーナ・エリクソン博士の直接指導によるトレーニングを開催★
【特別価格 早割 8月31日まで!!】


催眠療法を学ぶ全ての方必見です!

20世紀最高の天才セラピストと言われ、現代催眠療法の生みの親であるミルトン・エリクソン。
そのエリクソンの愛娘ロクサーナ・エリクソン・クライン博士から、
エリクソン催眠の真髄を日本で直接学ぶことができる、貴重な機会が到来します!!

「エリクソンのところに行っても治らなければ、どこへ行っても無駄だ」と言われていたほどの、エリクソンの卓越した技法を学ぶため、
今もなお、世界中から多くのセラピストがアメリカのエリクソン財団を訪れます。

今回は、日本にいながらその直系であるロクサーナ・エリクソン博士に直接エリクソン催眠を学ぶことができる、またとない機会です。

このエリクソン催眠の特徴や強み、素晴らしさは、いわゆる「催眠誘導」の中だけでなく「催眠的コミュニケーション」「他者に影響を与えるコミュニケーション」として、
あらゆることに応用のきくコミュニケーションの枠組みの中にまで拡張したところにあります。

・クライアントの問題の本質を見抜く力
・クライアントの持つリソース(能力・資質)を引き出して短時間で改善
・セラピスト(コーチ、施術者)自身の軸をしっかり保ち、自信を持って催眠が行える
・状況にある全てのことをクライアントのために活かす叡智をつかめる

セラピストであれば常に求められるこうしたスキルを、「エリクソン催眠プラクティショナー認定コース (4日間)」で実践的に学ぶことができます。
またこのコースを修了すると、エリクソン催眠プラクティショナー認定証が取得できるほか、来年開催されるマスタープラクティショナーコースへの参加資格も得られます。
(マスタープラクティショナーコースの参加には、このプラクティショナーコースの終了が前提となります。)

また、臨床の場にたずさわることのない方でも気軽に参加できる「エリクソン催眠セルフヒプノシストレーニング」「うつの対処法としての催眠トレーニング」といった、
1日のトレーニングも開催されます。

全てのトレーニングには、日本語の通訳がついているので、語学に不安がある方も安心してご参加頂けます。

どうぞ、この夢のような素晴らしい機会をお見逃しなく!!!

◎エリクソン催眠セルフヒプノシストレーニング (1日) 東京
■日時: 9月22日(火・祝) 10:00〜18:00 (受付9:30〜)
■場所: KFC Hall & Rooms113 (〒130-0015東京都墨田区横綱1-6-1)
■アクセス: http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html
■日本語通訳付き
■参加費
早割:8月31日(月)まで/52,000円 (税込)
通常:9月1日(火)以降/62,000円 (税込)

◎うつの対処法としての催眠トレーニング (1日) 東京
■日時: 9月23日(水・祝) 10:00〜18:00 (受付9:30〜)
■場所: KFC Hall & Rooms113 (〒130-0015東京都墨田区横綱1-6-1)
■アクセス: http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html
■日本語通訳付き
■参加費
早割:8月31日(月)まで/52,000円 (税込)
通常:9月1日(火)以降/62,000円 (税込)

◎エリクソン催眠・プラクティショナー認定コース 4日間 東京
■日時: 9月24日(木) /25日(金) /26日(土) /27日(日) 10:00〜18:00 (受付9:30〜)
■場所: KFC Hall & Rooms113 (〒130-0015東京都墨田区横綱1-6-1)
■アクセス: http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html
■日本語通訳付き
■参加費
早割:8月31日(月)まで/198,000円 (税込)
通常:9月1日(火)以降/228,000円 (税込)

お申し込み・詳しくはこちら↓↓↓
http://jaai.oneness-g.com/semi_roxanna/?_ga=1.97099551.1037665726.1427341866

…………………………………
5.
★小冊子『依存症は回復できる 薬物・ドラッグ編』のご案内★

ワンネスグループでは、薬物依存症について広くみなさまに理解していただくため、小冊子を作成いたしました。

わかりやすく解説したマンガと文章で、依存症に苦しむご本人や、そのご家族の方へ向け、
どのように依存症という病気に向き合えばよいのか、その助けになるような内容になっています。
ワンネスグループのホームページから、無料でダウンロードしていただけます。

この機会にどうぞ、ご覧ください!

ダウンロードはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/books.html

…………………………………
6.
★編集後記★

昨日、8月6日は広島に原爆記念日でした。
そして明後日、8月9日は長崎の原爆記念日です。

被爆国としての日本を考えるとき、
日本だからできることは、まだまだたくさんあると思うのです。

WAKWAK

…………………………………

「マイナス10からプラス10へ」

依存症で苦しんでいるときはマイナス10。

依存症を回復して普通の生活が送れるようになることが0。

そして本当の自分らしく輝き、より良い人生を歩むならば、それはプラス10と言えるでしょう。

ワンネスグループはこの言葉を理念とし、プラス10の回復を目指して日々活動に取り組んでいます。


★お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■