ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:“違い”を認め合うための講座(発達障害/ナラティブメディエーション)
日付:2017/10/05
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【増刊号】2017年10月5日(木)
■┛-------------------------------
このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)
-------------------------------------------------------

ワンネスグループは、心理カウンセラー養成スクールとして
創立21年の実績をもつ『日本カウンセラー学院』と提携し、
同学院でセミナーを開催するなどの活動をおこなっています。
https://www.therapy.jp/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
発達障害とは? 医療や福祉の支援とは?
「発達障害講座」
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

「発達障害」は病気ではなく、発達の凸凹と言われます。
その「発達」の仕方に凸凹があるのは、当たり前と言えば当たり前ですね。
歩く・話すなど、発達のスピードは個人差があります。また、かつてのベストセラー
のタイトルではありませんが、「話を聞くこと(気持ちの理解)が苦手」な人もいれば、
「地図を読むことが苦手」な人もいます。
(気持ちの理解や表現が苦手、数の概念の理解、時間の感覚、柔らかい動き、
細かな作業、気持ちや行動のコントロールが苦手など、さまざまな人がいます)
これらは「病気」と言えるのでしょうか? それらの多くは「身につけるのに時間がかかる」
だけで、適切な練習を地道に続ければ、少しずつ能力は向上するものだったりします。
(あきらめちゃうと、苦手なままだったりもしてしまいますが……)

そういった、とある能力の発達の偏りは誰にでもありますが、同年代の人に比べて、
「できなさすぎる」あるいは「できすぎる」などによって、地域社会や学校・職場などでの
生活に支障があることを「障害」と言ったりするようです(だいぶ乱暴な説明ですが)。
では、どこまでが「ふつう」で、どこからが「ふつうじゃない障害」なのでしょうか?
「ハンディキャップ」への対応、「ノーマライゼーション」などの考え方は、道具などで補う、
あるいは社会が変われば、生活する上で「障害」と思われていたことは減らしていける、
と考えます。(個人の側だけに問題があるとは考えないようになっています)
このように発達障害という概念は、個人を診察して白黒つけることが難しい面があります。
だからこそ、多くの人の理解が求められているのです。

この講座では、多くの人が「発達障害」という概念が何を指しているのか、また、
具体的に医療や福祉ではどのような支援をしているのかなどを理解していくことで、
違いを認め、尊重し合えるようになることを大きな目的としています!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【講座概要】
https://www.therapy.jp/course/dd.html

◆カリキュラム(2時間×全4回)
1. 発達障害の概要/発達障害の種類と特徴
2. 医療・福祉等での支援の概要
3. 大人の発達障害(ADHD/ASDを中心に)
4. 発達のトレーニング(愛着アプローチ/マインドフルネス)

◆開講クラス・日時
・LEC渋谷駅前本校(水曜10:00〜12:00)
  10/25、11/1、11/8、11/15
 東京都渋谷区道玄坂2-6-17 渋東シネタワー(受付10階)
 http://www.lec-jp.com/school/map/pc/map.php?id=map12

・日本カウンセラー学院日本橋本校(月曜14:00〜16:00)
  10/30、11/6、11/13、11/20
 中央区日本橋茅場町2-5-6 日本橋大江戸ビル4階
 https://www.therapy.jp/access/

◆担当講師
・池田宏治(日本カウンセラー学院)

◆受講料…特別割引 49,680円(税込)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
人間関係での対立・衝突を解消ための注目の技術!
関係修復のための「ナラティブメディエータ講座」
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

人間関係での対立や衝突はさまざまな場面で起こります。
職場の人間関係、お客様とのトラブル、夫婦間の争い……
うまく話しあえれば良いのですが、なかには「感情のもつれ」などから、
話し合いが平行線のままであったり、逆に大きな争いごとに発展してしまうケースもあります。
そのような関係は、結局は決裂するしかないのでしょうか?

この講座では、そのような問題に対処するために役立つ注目の知識・技術を学べます。
「アンガーマネジメント」は、“怒り”を理解しコントロールするための技術です。
「ナラティブ・メディエーション」は、日本ではまだあまり認知されていませんが、
金銭的補償のような表面的合意では収まりようのない医療ミスによるトラブルや、
対応によっては訴訟問題に発展してしまうような職場でのトラブル、あるいは、
学校での生徒間のもめごと、夫婦間や親族同士の問題など、「感情のもつれ」
を伴うさまざまな争いごとに効果を発揮する技術です。

● 怒っている人にどう対処していいか分からない
● 話し合おうとしても、いつも平行線で対立が解消しない
● 対立する人間関係に巻き込まれてしまうことが多い
● 医療、福祉、教育などの現場に携わる方、心理カウンセラー 
など、さまざまな方に学んでいただきたい講座です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【講座概要】
https://www.therapy.jp/course/narrative.html

◆カリキュラム(1.5時間×全2回)
・“怒り”など扱いにくい感情について理解を深める
・ナラティブアプローチの概要を知る
・対立や衝突に隠された物語を“二重傾聴”する
・問題を“外在化”し、問題の影響を評価する技術とは
・相互理解を促進するための、メディエーションの手順

◆開講クラス・日時
・LEC池袋本校(水曜18:30〜21:30)
  11/1 ※2コマ分を1日で行います
 豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル(受付4階)
 http://www.lec-jp.com/school/map/pc/map.php?id=map8

・LEC渋谷駅前本校(水曜10:00〜11:30)
  11/22、11/29
 渋谷区道玄坂2-6-17 渋東シネタワー(受付10階)
 http://www.lec-jp.com/school/map/pc/map.php?id=map12

・日本カウンセラー学院日本橋本校(月曜14:00〜15:30)
  11/27、12/4
 中央区日本橋茅場町2-5-6 日本橋大江戸ビル4階
 https://www.therapy.jp/access/

※WEBやDVDでの受講も可能です!
 https://www.therapy.jp/b8bfaee5/


◆担当講師
・池田宏治(日本カウンセラー学院)

◆受講料…定価 24,000円/特別割引 9,800円(税込)※
  ※日本カウンセラー学院在校生・卒業生、
   または、LECのADR【調停人候補者】研修の受講者は、
   上記特別価格にてのご受講が可能です。

---------------------------------
【お問合せ】
・日本カウンセラー学院 事務局
 jimukyoku@therapy.jp
 03-6206-2068 

※日本カウンセラー学院は、1995年より心理カウンセラー養成スクールとして
これまでの4000名を超える卒業生を輩出しています。
https://www.therapy.jp/
---------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■