ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:<10/25沖縄>子どもたちの居場所を考える上映会&講演会
日付:2017/10/12
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第112号】2017年10月12日(木)
■┛-------------------------------
【11月は青森、盛岡、仙台、郡山で開催】
依存症を知るセミナー東北キャラバン<秋>
http://bit.ly/2z1HOMf
□MENU―――――――――
1.《あいさつ》セレニティパークジャパン沖縄 代表
2.【お知らせ】11月福岡セミナー&ふくこいアジア祭り
3.【お知らせ】10/25那覇で「みんなの学校」上映会&ワークショップを開催
-------------------------------------------------------
このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)
-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
1.《あいさつ》

10月中旬になり、本州や北海道では、
紅葉も見えはじめている時期になりましたが、
沖縄は未だ夏の日差しの中です。
先日もビーチにてマリンプログラムを行いました。

日本各地に気温差があるように、依存症支援に関わる問題は、
それぞれのご家庭や個人により様々な姿を見せます。
しかしその中で変わらないものは、依存症当事者、ご家族の苦しみと、
依存症支援に関わる人達の良心です。

「助けが欲しい」「手助けしたい」
その根幹にある思いはシンプルで、それぞれのニーズが一致しているのに、
なぜこれほど問題がこじれるのだろうか?と思い悩む事があります。

依存症の回復には身体的・精神的・社会的、
それぞれの領域においての回復が必要となります。
身体・精神の領域での回復については、
個人レベルにおいて感じとる事が可能ですが、
社会的回復と言う視点での支援に関しては、
いまだ試行錯誤の段階にあるように感じ、
そしてその三つが揃ってそれぞれの幸せな人生を形成していくと考えています。

また、依存症に苦しむ家族にはどのような支援が必要なのか?
ご本人の社会復帰のための支援は?
地域社会には、どのように向き合えばよいのか?
少し考えただけでもいくつもの課題が浮かび上がります。

依存症という問題を抱えた人生に正面から向き合おうとする時、
依存症を取り巻く社会的状況を無視するわけには行きません。
沖縄県においての政策キャッチフレーズでもある「わが事・丸ごと」。
障がいのある人無い人に関わらず、地域社会で共に手を取り歩んでいけるように、
「家族支援」「就労支援」「地域福祉」それぞれの分野で活動している、
行政・福祉関連の機関や組織とのシームレスな連携を深めていく事が大切です。

実際に現場で活動している支援者の方と「互いの顔が見れる関係」を通して、
今ここで出来る事を積み上げていく事が、
状況を変えていく鍵になると思っています。
より良い未来、こどもたちへ繋ぐ未来のために。


一般社団法人セレニティパークジャパン沖縄
代表 大黒 武

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
2.【お知らせ】11月は福岡でセミナー&パフォーマンス!

11月12日(日)依存症を知るセミナー福岡
11月18日(土)、19日(日)「ふくこいアジア祭り」にチャレンジ

ワンネスグループは、依存症への理解を拡げる活動を、
拠点地区を中心に全国的に展開しています。
依存症とは?回復のために必要なことは?回復した本人の姿は?
福岡では来月、それらをお伝えする機会が2度あります。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ひとつは、福岡市で定期開催しております、依存症を知るセミナー。
11月のテーマは「再犯防止と依存症」です。

はじめは興味本位で、でも、恐るおそる接し始めたアルコール、ギャンブル、薬物。
それがいつの間にか、自身の生活に欠かせないものに変化し、
使用したいがために、様々な問題を起こし、時に触法行為へと至る。
本当は止めたい。けれど、繰り返してしまう。

刑事事件を起こし勾留中の方や刑事施設に収容されている方の背景に、
依存の問題が見られる場合、社会復帰以前か、それと並行しながら、
脱却のための支援を提供することが、再犯防止の鍵となります。

今回、薬物やギャンブル依存により触法行為に至った経験者に、
自身の体験、回復への道のりを語っていただきます。
さらに、ワンネスグループ内の各施設を利用される触法経験者に、
アンケートを実施した結果もお伝えします。

【依存症を知るセミナー 福岡】「再犯防止と依存症」
日時:2017年11月12日(日) 13:30〜15:30
会場:正友ビル 3F (福岡市中央区天神4-5-20)
※入場無料/事前予約不要

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

もうひとつは、福岡市の秋のビッグイベント
「ふくこいアジア祭り」へのチャレンジです。

ワンネスグループのクライアントやスタッフに、
ダンスで熱いメッセージを伝え、
先日も沖縄・浦添市での初ライブで一体となった、関西京都今村組。

関西京都今村組とワンネスグループ沖縄のクライアントとスタッフの合同チームが、
11月18日(土)、19日(日)に福岡市中心部の各会場で開かれる、
『ふくこいアジア祭り』のダンスコンテストに参加することになりました!
http://www.fukukoi.com/

<コーディネート担当:ワンネスグループ高尾恭輔のコメント>
『今村代表には「彼ら(クライアント)しか表現することができない、
ダンスがあるんじゃないか?」という上での構想というのがありました。
600名動員したライブを経て、今回クライアントが33名、参加に手をあげてくれた。
正直彼らが、どこまで本気で踊ってくれるのかな?と思っていましたが、
蓋を開けてみたら、そんな心配は何も必要なかったというぐらい、
一生懸命踊り、自主練習も行うなど、自分たちを表現することに恐れを抱かずに進んでくれている。
彼らの姿から、依存症業界を超えて社会に対してメッセージを発してくれると思うし、
またワンネスグループとしても、継続的な取り組みになってくれればいいと思っています』

11月のふくこい祭りに向けて、スタッフ、クライアントも練習に熱がはいります!
この祭りは、期間中、80チーム延べ3,000名が参加するビッグイベント。
九州地区のみなさん、ぜひ、関西京都今村組とワンネスグループ沖縄のジョイントダンスを体感してください!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
3.【お知らせ】

〜沖縄に大空小学校を作ろう!〜
10月25日(水)「みんなの学校」課外授業ワークショップinおきなわ

映画『みんなの学校』に登場する大空小学校の
初代校長 木村泰子氏のワークショップと上映会を那覇市で開催!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

『すべての子供に居場所のある学校』
『大空小学校って特別?』
『変えたのは誰?』
『変わったのは何・・・?』

その答えを一緒に見つけませんか?

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ワンネスグループ沖縄が、依存症予防啓発活動の一環として、
昨年から新たに取り組んでいる映画「みんなの学校」上映会。
今年3月に名護市と浦添市で開催し、多くの方にお越しいただきました。

【 映画「みんなの学校」とは・・・? 】

教職員、さらには地域住民までもが一体になって、
“すべての子どもに居場所がある学校”を目指す、
大阪市の大空小学校の取り組みを、1年に渡って取材したドキュメンタリー。

そもそも学びとは何でしょう?
そして、あるべき公教育の姿とは?
大空小学校に、そのヒントが溢れています。
みなさんも、ホールで「学校参観」してみませんか。

【 自主上映会に参加された方からのご感想です 】

・「大空小学校、とても素晴らしい学校だなと思いました。
支援が必要な子供も一緒に学べる場所。子供達の居場所だなと思った。」

・「様々な子供たちの変化に周りの人がみんなで関わっている様子が、
とても素晴らしいと思いました。」

・「この映画を見て、学校現場で子供たちの居場所を作らなければ、
という思いが湧き上がってきました。素晴らしかったです。」

============

前半のプログラム1では、
大空小学校の初代校長 木村泰子氏のワークショップを行います。
映画を観る、濃いトークが直接聞ける、実際に体験できる、
貴重なチャンスです!奮ってご参加ください!!

特別支援学級がなく、不登校もゼロ、さらにモンスターペアレントもゼロ。

こんな理想的な学校があり、
それがごくふつうの公立小学校だとしたら・・・?
本当にそんなことが可能なのか・・・?
いったいどんなテクニックを使ったのか・・・?
自分たちの学校と何が違うのか・・・?

その答えを直接感じ取り、そしてどうすれば「みんなの学校」を
作ることが出来るのかを考える貴重な機会をご用意しました。

============

後半のプログラム2では「みんなの学校」上映会と木村氏の講演会、
そしてパネルディスカッションが行われます。

◎文部科学省特別選定 映画「みんなの学校」上映会
◎木村泰子氏講演 テーマ「大空小学校でやりたかったこと」
◎パネルディスカッション
テーマ「どっちが問題?・・・問題視する大人と問題をおこす子ども」

パネリスト:木村泰子 氏(大空小学校初代校長)
      武藤杜夫 氏(日本こども未来支援機構代表・元法務省沖縄少年院法務教官)
      山崎新 氏(一般社団法人沖縄じんぶん考房代表理事・那覇市国場児童館館長)他
コーディネーター:位田忠臣(ワンネスグループ沖縄代表)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

<「みんなの学校」課外授業ワークショップinおきなわ>

日時:10月25日(水)13:30〜20:45(開場13:00)
※プログラム1と2通しの時間です。詳細は下記をご覧ください。

会場:沖縄県男女共同参画センターてぃるる(那覇市西3-11-1)

参加費:
■プログラム1・2通し 参加費/3,000円(限定70名)
■プログラム1のみ 参加費/2,500円(限定70名)
■プログラム2のみ 参加費/大人1,000円(但し学生は無料)

スケジュール:
13:30〜 開演
13:40〜 プログラム1
15:50  休憩
16:30〜 プログラム2(途中休憩有)
20:45  終了

【お問い合わせ、ご予約受付】
ワンネスグループ沖縄(担当:阿部)
TEL:098-988-0945

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■