ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第13号】
日付:2015/09/08
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第13号】
■┛-------------------------------
2015年9月8日(火)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************


□MENU―――――――――

1. 代表あいさつ

2. セレニティパークジャパン沖縄南城依存症ケアセンターオープン

3. 緊急告知!!「問題ギャンブル 予防教育を考える」セミナーご案内

4. ルーカス・ダークス博士初来日!ソーシャルパノラマワークショップ(12月)のご案内

5. 女性支援クラウドファウンディングご協力のお願い

6. イベント案内

7. 編集後記

―――――――――――――
1.
★代表あいさつ★

月がかわり、急に朝晩が涼しくなってまいりましたが、皆様お変わりございませんか。

沖縄はまだまだ暑い日が続いていますが、全国的には気温が落ち着く一方で、局地的な豪雨も次々と発生している様子。異常気象にはくれぐれもご注意くださいませ。

さて、来たる10月3日(土)に開催いたします「ワンネスグループ フォーラム」まで、1カ月を切りました。この機会に改めて皆様にご案内申し上げます。

今回のフォーラムは、コロンボプラン国際アディクション専門認定教育センター(ICCE)のテイ・ビエン・ホウ事務局長、
ヒプノセラピー(催眠療法)の泰斗であるロクサーナ・エリクソン・クライン博士、
国際ギャンブル依存症カウンセラー認定機関(IGCCB)会長でギャンブル依存症の専門家のロリーン・ルーグル博士より、ご講演のご諒解をいただいており、
大変盛りだくさんな内容となっています。

また、厚労省・外務省・法務省といった行政機関、初の後援を頂戴しました日本弁護士連合会、そして神奈川県や横浜市といった自治体など、様々な団体の皆様からご後援を賜り、
私たちにとっても 10 周年にふさわしい画期的なイベントとなります。

秋涼爽快のみぎり、是非みなさまでお誘いあわせのうえご来場くださいませ。

一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 矢澤祐史


◎ワンネスグループフォーラム「日本における依存症関連問題の解決を目指して」
■日時: 10月3日(土)10:00〜18:00(開場9:30)
■場所: 県民共済みらいホール(神奈川県横浜市中区桜木町1-1-8-2 県民共済プラザビル1階)
■アクセス: http://www.kenminkyosai.or.jp/miraihall/access/
■入場無料 ただし資料代として2000円が必要

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.oneness-g.com/Roxana_Ericsson/2015/08/24/103土横浜【ロクサーナ・エリクソン・クラ/


************************************
2.
★セレニティパークジャパン沖縄南城依存症ケアセンターオープン!★

9月1日、沖縄県南城市にギャンブル・アルコール依存症からの回復中心としたデイケアハウスが新たに誕生いたしました!

セレニティパークジャパン沖縄が那覇市にできてから約2年半。行政機関や司法機関のご指導やご協力、様々な団体からのサポートをいただき、施設を運営してきました。

ここ最近はエフエム沖縄や地元新聞各社からの情報配信の効果もあって、ワンネスグループの依存症回復支援、予防教育の取り組みが、地域で認知され、根付きはじめています。

それと同時にセレニティパークジャパン沖縄への入所希望が増え、ニーズの高まりを受けて、那覇市の隣である南城市にて、新しくデイケアハウスを開所することとなりました。

南城の新デイケアでも、那覇や他のワンネスグループの施設と同じプログラムを受けることが可能で、自然あふれる環境の中で、ゆったりと自身を見つめることができます。

南城の施設でも、那覇と同じプログラムを受けることが可能です。

8月末には那覇市でダイバージョンセンターシンポジウムが開催され、多くの関係者の方にお集まりいただき、充実した話し合いがもたれました。

ワンネスグループの依存症回復支援の幅広い活動が、沖縄の地でますます根付いていくよう、今後も努力を続けてまいります。

セレニティパークジャパン沖縄
南城依存症ケアセンター
〒901-1203
沖縄県南城市大里字大城1912-2
TEL098-951-3865

************************************
3.
★緊急告知!!「問題ギャンブル 予防教育を考える」セミナーご案内★

先日の報道で、自民党の特命委員会は、選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることを踏まえて、民法上の成人年齢を「18歳以上」にあらため、
酒・たばこの解禁も「18歳」に引き下げるよう提言する方針を固めたと伝えられました。

結局は、反対意見が続出し、この提言案は取り下げられることになりましたが、今後もこういった動きについては、注意深く見守る必要があります。

今回の提言案には、競馬や競輪などの公営競技についても、制限年齢を18歳に引き下げるよう求める内容も盛り込まれていました。

こうした動きを受けて、ワンネスグループでは、ギャンブル依存症を「予防」から考えるセミナーを大阪にて緊急に開催いたします。

ワンネスグループは、依存症者の回復支援を中心に活動を行っていますが、ここ数年は「予防」の啓発活動にも力を入れて取り組んでいます。

ギャンブル、アルコール、薬物といった依存対象に初めて接触した年齢について、ワンネスグループが今年6月に独自に行った調査では、
調査対象の111人のうち「10代」が74%と「20代」の22%を大きく上回る結果となりました。

法律改正の是非を問うのではなく、今、現実に向き合わなければならない目の前にある問題を含め、どのように依存症を「予防」していくのか具体的に考える場にしたいと思います。

この緊急セミナーでは、自身もギャンブル依存症の経験をもち、現在はワンネスグループの副代表である三宅隆之(精神保健福祉士)がファシリテーターをつとめます。
「問題ギャンブル対策」「当事者・家族支援」の中で寄せられた、依存症支援の現場からの声、当事者の声、予防教育専門家の声などを交えて進行いたします。


◎ 緊急セミナー ギャンブル依存症を「予防」から考える
■日時: 9月12日(土)19:00〜20:30
■場所: 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)中会議室3 (大阪市中央区大手前1-3-49)
■アクセス: http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
■入場無料・予約不要


…………………………………
4.
★ルーカス・ダークス博士初来日!ソーシャルパノラマワークショップ(12月)のご案内★
【お得な超早割 9月30日まで!】

オランダの社会心理学者であり、ソーシャルパノラマ開発者である、ルーカス・ダークス博士による5日間のソーシャルパノラマ・コンサルタント認定コースを日本で初めて開催いたします!

ソーシャルパノラマ(Social Panorama)とは、ルーカス・ダークス博士が、社会心理学の専門家として、何千人もの人々の主観的な経験パターンを調査・研究する中で、
NLPやサイコセラピーの手法をベースに開発した「社会と私の景色(世界)を変える」シンプルで非常に強力な方法です。

まだ日本では一部の方にしか知られていませんが、世界の見方、認識、理解の仕方を改善し、より良い人間関係や自分を取り巻く環境を再構築することができる、画期的なツールです。

今回の講座では、自分の価値観や世界の見方、思い込みや認識を変える非常に有効で具体的な技術を体得し、また、その背景にある科学的なエビデンス(証拠)や理論について学びます。

さらに、ソーシャルパノラマの技法を使いこなしていくための、実践的なトレーニングとこれらを用いたカウンセリングやコーチングなどの技術を習得し、
カウンセリングやアドバイスを行うためのソーシャルパノラマ・コンサルタントの資格認定までのすべてのトレーニングを行います。

そして、ソーシャルパノラマプラクティショナー認定コースの開催もできるようになるのが、この講座の魅力の一つです。

この講座を終了すると、受講者のみなさんは「ソーシャルパノラマ・コンサルタント」の認定書を受け取ることができます。

ソーシャルパノラマ開発者であるルーカス・ダークス博士ご自身から直接技術を学ぶことができる、またとないチャンスです! ぜひこの機会をお見逃しなく!


◎ ルーカス・ダークス博士 ソーシャルパノラマ・コンサルタント認定コース2015
■日時: 12月5日(土)〜7日(月)・12日(土)・13(日)<5日間>
■場所: 日比谷記念ホール(東京都江東区南砂2-1-12 東陽町スクウェアビル8階)
■参加費:
超早割 [9月30日(水)まで] 168,000円(税込)
早割  [10月31日(土)まで] 198,000円(税込)
通常  [11月1日(日)まで] 228,000円(税込)

お申し込み・詳しくはこちら↓↓↓
http://jaai.oneness-g.com/semi_lucas/?_ga=1.114992839.1147500537.1411368593

…………………………………
5.
★手をつなごうよ 〜今を生きる人々へ〜プロジェクト〜
女性の回復支援クラウドファウンディングの案内★

「絵本の力で女性をHAPPYに!」

そんな思いを込めて、女性の回復支援のための絵本を翻訳するプロジェクトを立ち上げました。

女性の回復支援には、その体と心のバランスを整えながら、きめ細やかなワークを取り入れる事が必要です。
絵本を使ったワークを通して女性やママたちのコミュニケーションを支援し、依存症の克服を手助けします。

絵本を通す事で視覚化ができ、文章を理解することが難しい方へのアプローチも可能になります。
また、依存症とその他の合併症を持ち、大変な思いで回復に取り組んでいる方への、素晴らしい教材になります。

このプロジェクトでは「アダルトチルドレン」という概念の生みの親である、アメリカの社会心理学者であるクラウディア・ブラックの作品を輸入し、翻訳することを目指しています。

しかし、絵本を輸入・翻訳するためには資金が必要です。海外から絵本を輸入するには各国の法律を知り、現地の出版会社や著作権などを踏まえた折衝業務が必須となります。
現地スタッフの協力や、専門の知識を有する翻訳スタッフも不可欠となります。

なにとぞ女性の回復支援のため、みなさまのお力添えをよろしくお願いいたします!

詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/funding/books/


************************************
6.
★家族のための東京セミナーのお知らせ★

ワンネスグループでは、依存症を正しく知り、回復へ導くためのセミナーやイベントを行っています。
また、悩みを抱え込んで苦しんでしまいがちなご家族のために、臨床心理士 加藤力がサポートするワンネスファミリーグループセミナーも行っています。

依存症から回復したい方、依存症の方を抱えるご家族、依存症に関心のある方、
心理カウンセラー、セラピスト、精神福祉や心理療法関係の方、
医療機関、司法関係の方、ぜひご参加ください。


◎ 臨床心理士 加藤力がサポート ワンネスファミリーグループ 東京セミナー
●日時: 9月19日(土)、10月10日(土) 13:30〜17:00
場所: NPO法人 セルフ・サポート研究所(江東区亀戸3-61-22 2階)

詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi.html


************************************

7.
★編集後記★

近所に美味しいおにぎり屋さんがあります。
そこには、「おこげ」ができた時だけ登場する「玄米おこげ」という隠れメニューがあります。
「おこげ」はいつできるかわからないので、出会えるだけで、かなり幸せな気持ちになります。

「おこげ」の部分を集めて握った、シンプルな塩むすび。
香ばしいおこげのカリカリしたところと、玄米のもっちりしたところが、口の中でホロリとくずれて、かむほどに甘みが出てきます。
ひとくちひとくち惜しむように堪能します。

つくりたてをいただきながら、お店の方がにぎった時の笑顔が見えるようでした。
おにぎりは日本人の気持ちをほっこりさせてくれるソウルフード。
そのひとつで心が元気になりました。
ワンネスグループのスタッフは、
このおにぎりのように温かな気持ちをつないで支援を続けています。

WAKWAK



…………………………………

「マイナス10からプラス10へ」

依存症で苦しんでいるときはマイナス10。

依存症を回復して普通の生活が送れるようになることが0。

そして本当の自分らしく輝き、より良い人生を歩むならば、それはプラス10と言えるでしょう。

ワンネスグループはこの言葉を理念とし、プラス10の回復を目指して日々活動に取り組んでいます。


★お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■