ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:【参加無料・事前予約不要】3/4大阪・ギャンブル依存当事者の体験談を聞くセミナーを開催
日付:2018/02/28
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》

■╋■-----------------------------

『マイナス10からプラス10へ』
【第127号】2018年2月28日(水)

■┛-------------------------------

◆ ギャンブル依存 回復支援「セレニティパークジャパン」◆
ホームページをリニューアル!ぜひご覧ください。
アドレスはこちら → http://spj-ag.org/

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》セレニティパークジャパン沖縄 代表
2.【お知らせ】3/4大阪・ギャンブル等依存の体験をお伝えします
3.【ご協力のお願い】ギャンブル等依存症対策支援基金
4.《コラム》「ほっ」とできる場所をつくりたい!

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

セレニティパークジャパン沖縄 代表の大黒です。
日ごろより温かい御支援の数々、心より御礼申し上げます。

私たちセレニティパークジャパン沖縄は、開設丸5年を迎えます。

これからも私たちは、依存症問題の解決に真正面から向き合っていきます。
依存症を取り巻く問題は多極化し、重複障害や貧困問題などを含んだ、
困難ケースが多くなってきました。
ますます地域・行政・医療との連携、
そして将来の日本を担う青少年の健全育成に尽力し、
シームレスな連携支援を意識していく必要性が高まってきました。

また、単純に依存症の問題を抱える人が増えて来た事よりも、
依存症という問題に対しての社会全体への周知と共に、
これまで他の問題が中心問題とされていたケースが、
依存症領域の問題として扱われるように変化していくなか、
ますます依存症の問題は複雑化し、私達もこれまで以上に、
幅広い知識や技能を求められる様になっていくと予見されます。
領域の垣根を越えて、共に学び、協力し合い、依存症に苦しむ人たちに、
適切な支援を提供して行けるように努めたいと思っております。

これからも宜しくお願い申し上げます。


セレニティパークジャパン沖縄
代表  大黒 武


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】3/4(日)大阪市で開催

ギャンブル等依存ご本人、ご家族の体験を聞く機会
『問題ギャンブル対策センター大阪 キックオフセミナー』
(参加無料/事前予約不要)

http://oneness-g.com/report/archives/6546

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ギャンブルやギャンブル性のある遊技は、
多くの方が趣味の範囲内で楽しむことができています。
その一方で、刺激や高揚感を得たい、ただその場に浸りたい 等の思いにとらわれ、
様々な問題を起こしているにも関わらず止められない方もいます。

ギャンブル依存症(ギャンブル障害)の診断を受けている、もしくは診断は受けてはいないが、
自身のギャンブルによって何らかの悪影響が生じている状態を、
Problem Gambling(問題ギャンブリング)とも呼びます。

ここ数年、様々な報道を通じ、ギャンブル等依存症
(ギャンブルやギャンブル性のある遊技への依存)が徐々に知られるようになってきました。
しかし、その多くが悲惨な側面を強調するもので、実態が伝わっているとは言いがたいのが現状です。

問題にスポットライトが当たり、関心が寄せられることは素晴らしいことです。
しかし実態を正確に捉えず、問題を過大あるいは過小に評価すること、
あるいは感情的に問題を論じることは、今苦しむご本人やご家族の助けには繋がらないと考えます。

「この問題はどういうことなのか?」
「問題の本質はどこにあるのか?」

ギャンブル等依存症対策について国会で議論されようとしている今こそ、
机上の話ではなく、教科書上の知識ではなく、
当事者のリアルな体験談を通して問題を捉える機会が必要です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今月14日に、大阪市住之江区に「問題ギャンブル対策センター」が、
開設されたのを記念して開催される今回のセミナーは、
ワンネスグループの施設利用者、施設OB、通所型支援利用者、
スタッフ、そしてご家族の方と、様々な当事者の「経験」を発表。

依存問題の一部を表すに過ぎませんが、実態を知っていただければと思います。
また、依存経験者視点で運営される対策センターの活動内容もお伝えいたします。

対策センターが大阪府内ならびに近畿圏内各地における、
問題ギャンブル対策に寄与できるよう、着実に活動を行ってまいります。
皆さまのご支援を宜しくお願い申し上げます。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

< 問題ギャンブル対策センター大阪 キックオフセミナー >
http://oneness-g.com/report/archives/6546

【大阪・大阪市】
◆日時:3月4日(日)14:00〜16:00(開場13:30)

◆会場:ATC コンベンションルーム2
(大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC O’s棟南6階)

※会場は対策センター大阪(ITM棟 3階J-10)ではありませんのでご注意ください。

◆参加無料/事前予約必要

<セミナーへのお問合せ>
・電話:06-6115-7395(月〜金 10:00〜17:00)
・メール:info@oneness-g.com (24時間送信可能)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

全国各地の「依存症を知るセミナー」情報はこちら!
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【ご協力のお願い】

ギャンブル等依存症問題解決の取り組みを通じた、
社会のセーフティネット構築にご協力をお願いします!
〜 ギャンブル等依存症対策支援基金 〜

私たちの取り組みに対して、お力添えをお願い申し上げます。
http://oneness-g.com/pdf/sienkikin.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

平素よりワンネスグループの活動に対して、ご理解ならびにご支援いただき、
スタッフ一同心より感謝申し上げます。

私たちは、かねてより施設や相談の現場、セミナー開催などを通じて、
ギャンブル等依存症の問題を抱えた皆さまへ様々な支援、
そして全国各地で依存症の理解促進を目指した活動を行ってまいりました。

この通常国会において、ギャンブル等依存症対策基本法の審議が行われる見込みという状況のなか、
私たちも民間回復支援団体として実効性のある対策の導入を訴えつつ、
大阪市、横浜市に相談・理解促進等の拠点を設置するなど先行的な活動を行ってまいります。

これら活動に対して、皆さまからの益々のご支援、お力添えをいただきたく、
下記の要綱にて「ギャンブル等依存症対策支援基金」を実施させていただきます。

基金へのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 伊藤 宏基
代表理事 三宅 隆之

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

<ギャンブル等依存症対策支援基金の使いみち>
 
・問題ギャンブル対策センター(大阪、横浜)の整備資金
・問題ギャンブル対策センターにおける諸活動資金
・全国各地でのギャンブル等依存症理解促進活動、セミナー開催費用、出版物製作費用
・外国のギャンブル等依存症対策の先進事例 調査研究費用
・ワンネスグループ各施設の回復支援成果に関する調査研究費用
など、ワンネスグループが行うギャンブル等依存症対策各事業のために使用させて頂きます。

<基金にご支援いただいた皆さまへの御礼>

ご支援いただきました皆さまの御芳名は、ワンネスグループのニュースレターでご紹介させて頂くほか、
問題ギャンブル対策センター横浜・大阪にて掲示させていただきます。
(匿名、別名可能です。)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【基金へのご支援をいただけます場合】

<1>お手数ですが、メールに下記項目をお書き頂き、
受付アドレス( info@oneness-g.com )へ送信をお願いいたします。

・御芳名
・フリガナ
・ご紹介の際の匿名、別名のご希望
・(別名ご希望の場合の名称)
・ご支援金額
・ご住所
・お電話番号

※なお、下記URLより用紙をダウンロードいただき、
FAX( 045-264-4366 )でもお受けいたします。

<2>下記口座へご支援をお振込み頂きますようお願いいたします。
(恐れ入りますが、振込み手数料はご負担をお願いいたします)

銀行名)ゆうちょ銀行 
店名)四五八(ヨンゴハチ) 
店番)458
口座)普通 0387467
口座名)ワンネスグループ依存症関連問題基金

改めまして、基金へのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

先の記事でもご紹介したとおり、今月14日に大阪オフィス
(問題ギャンブル対策センター大阪)が開設し、
市民向けのセミナーや、通所型依存脱却支援のプログラムなどが既に始まり、
来所相談のご予約、お問い合わせも多くいただいています。

事務所が忙しいという事は、問題を抱えお困りの方が多いことの証拠。
常駐スタッフができる限り丁寧に対応させていただきます。

ところで、スタッフさんから嬉しい提案が!
依存症者のご家族が気楽に集えるために、センターで手工芸をしたいとの話し。
私の頭の中にはない良いアイディア!早速実施してもらうことになりました。

色々な立場の方と協力し一緒に働くことで、
このセンターの可能性が拡がっていく、希望を感じました。

そうです、このセンターにお越しの皆さんには「ほっ」として頂きたいのです。

助けの場所があるのを知って、回復の可能性を知って、
たくさんの‘仲間’がいるのを知って、自分の人生を生きて良いことを知って、

・・・そして「ほっ」として頂ければなによりです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■