ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:【4月は稚内・札幌・苫小牧・函館】個別相談受付中「依存症を知るセミナー 北海道キャラバン」
日付:2018/04/06
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》

■╋■-----------------------------

『マイナス10からプラス10へ』
【第132号】2018年4月6日(金)

■┛-------------------------------

◆4/7(土)横浜で開催 ギャンブル等依存脱却のきっかけに◆
ミニセミナー・週末通所コースのプログラム体験会(参加受付中)
http://oneness-g.com/pdf/weekend_yokohama_180327.pdf

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》ワンネスグループ共同代表/GARDEN代表
2.【お知らせ】4月は 稚内・札幌・苫小牧・函館で開催「依存症を知るセミナー」
3.【お知らせ】あなたの職場、学校、地域でセミナーを開催します!
4.《コラム》薬物依存からの脱却を目指して ブログ更新中

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

ワンネスグループをいつも支えて頂き誠にありがとうございます。
新年度を迎えていますが、いかがお過ごしでしょうか。
時間はあっという間に過ぎていきますので、やり残しのないよう“今”を生きたいと願います。
 
回復支援施設では、様々なケースで利用を開始するようになりました。
インタベンション(介入)、他施設からの紹介、グループ初となる刑の一部執行猶予対象者。

施設は生き物です。
その時々のクライアントの特徴で、施設の中の色や空気が変化します。
初めからやる気満々で繋がってくる人は少ないのが現状です。

先日から、数名のクライアントにモチベーションを上げるための介入を、
各施設のディレクターと共に行ってきました。

「施設を出ていきたい」としか言わなかったクライアントが、
介入により、「半信半疑ではありますがやってみます」と涙を流す場面に出会いました。

決心するにはとても勇気が要りますが、その勇気はこのTC(治療共同体)が与えてくれます。
決心をした方は、清々しい顔をしています。

その清々しさが新たな息吹として、他のメンバーにも伝わっていきます。
そして、施設の空気は良くなっていくのです。

ここでの生活はすべてリアルです。
みんなが人生や命を懸けて回復に取り組んでいます。
そこに立ち会えることに、私は心から感謝を持っています。

今後も、ワンネスグループをどうかよろしくお願い申し上げます。


一般財団法人ワンネスグループ 共同代表
一般社団法人GARDEN 代表
伊藤 宏基


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】
◆ 4月は 稚内・札幌・苫小牧・函館で開催 ◆
今年も道内各地にうかがいます!「依存症を知るセミナー」
http://oneness-g.com/pdf/hokkaido_seminner_201804.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

依存症者本人、本人の家族や友人、支援者
・・・いまある問題の解決のきっかけは?

今年の北海道キャラバンのテーマは、「問題解決のきっかけ」。

相談窓口にアクセスをして、セミナー会場に足を運ばれる方は、
「何とかして問題から抜け出したい」との思いをお持ちであることは言うまでもありません。

依存による影響を受け、問題が頻発しているにも関わらず、
止めたいのに止められず、自身も周囲の皆さんも疲弊している…。
しかし、どのように解決すればよいのかが見えなくなっています。

ワンネスグループの施設を利用している依存を抱えるご本人も、
ご本人を支えているご家族や周囲の人たちも、かつては同じ状況でした。

きっかけをつかむために、当事者ができることは?支援者ができることは?
ワンネスグループのスタッフ、施設利用メンバー、家族会参加者など、
様々な立場の皆さんにアンケートやインタビューを行い、
この「きっかけ」について考えます。

また、今回は新企画として、メインセミナーの前後に、
ギャンブル依存症をテーマにしたミニセミナーを開催。
(各会場の日程については下記ご覧ください。)

各会場には、ワンネスグループ共同代表の三宅(ギャンブル、アルコール依存経験者)、
日本ファミリー・インタベンションセンター代表の池田(薬物依存経験者)が伺います。
相談対応もいたしますので(要事前予約・組数限定)、ぜひご活用ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

<依存症を知るセミナー北海道キャラバン2017 春>
■ 参加には資料代として1,000円必要/参加申込不要 ■

【北海道・稚内市】4月20日(金)
会場:キタカラ KITAcolor 市民活動室2F(稚内市中央3-6-1)

10:00〜12:00「ギャンブル依存ミニセミナー&相談会(要事前申込)」
13:30〜15:00「依存症を知るセミナー」
15:00〜「相談会(3組限定/要事前申込)」

――――――――――――

【北海道・札幌市】4月21日(土)
会場:札幌市産業振興センター セミナールーム9
(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)

13:30〜15:00「依存症を知るセミナー」
15:00〜「相談会(3組限定/要事前申込)」
18:30〜20:30「ギャンブル依存ミニセミナー&相談会(要事前申込)」

――――――――――――

【北海道・苫小牧市】4月22日(日)
会場:苫小牧市文化交流センター(アイビー・プラザ)視聴覚室
(苫小牧市本町1丁目6-1)

10:00〜12:00「ギャンブル依存ミニセミナー&相談会(要事前申込)」
13:30〜15:00「依存症を知るセミナー」
15:00〜「相談会(3組限定/要事前申込)」

――――――――――――

【北海道・函館市】4月23日(月)
会場:函館市地域交流まちづくりセンター 会議室A・3F
(函館市末広町4-19)

13:30〜15:00「依存症を知るセミナー」
15:00〜「相談会(3組限定/要事前申込)」
18:30〜20:30「ギャンブル依存ミニセミナー&相談会(要事前申込)」

――――――――――――

《 全会場 相談は事前申込が必要です 》
電話:0120-111-351(月〜金 10:00〜17:00)
メール: info@oneness-g.com(24時間送信可能)
※相談希望会場名、お名前、連絡先、誰の何の相談(簡単に)か、明記ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

4月は奈良、沖縄、大阪、横浜でも開催。
全国各地の「依存症を知るセミナー」情報はこちら。
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【お知らせ】
◆ あなたの職場、学校、地域で「依存症を知るセミナー」を開催します ◆
http://www.oneness-g.com/management.html

「依存症を知る」必要性は、当事者や援助職者に限ったことではありません。
「早期発見・早期対処が依存症対策の鍵」とは言うものの、
その兆候を見逃してしまったり、いざという時に相談先が分からなかったり、
スティグマ、恥、差別が回復への一歩を阻む‘壁’になったり・・・。

依存症問題の解決には、市民ひとりひとりが依存症を知ることが重要で、
それは他の社会的問題と何ら変わりはありません。

また、企業のメンタルヘルス対策について関心が高まる中、
従業員の依存症問題による様々なリスクを未然におさえるためにも、
企業内での依存症理解促進、予防教育が必要です。

ワンネスグループでは、企業、学校、地域等に向けて、
出張版の「依存症を知るセミナー」を行っており、
今年も各地の皆さまからご依頼をいただいています。

依存症の基礎的理解から、その背景、
早期発見や早期対処の鍵、そして予防、
さらには依存症問題解決にひとりひとりができることは何か、など。

若手スタッフからベテランスタッフまで、
理解促進、相談、回復支援施設、社会復帰など様々な事業を手がける、
ワンネスグループだからこそお話できることがあります。

開催をご検討の皆さま、一度ご相談ください。
特設ページはこちら →→ http://www.oneness-g.com/management.html


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

ワンネスグループは、各施設に治療共同体メソッドを導入しています。
米アリゾナ州の施設「アミティ」からカリキュラムを導入しているだけでなく、
スタッフのあり方、クライアントの支援、そして施設全体の空気感まで、
スタッフたちが過去数度にわたり現地で研修させていただいた、
その経験を各施設において存分に活かしています。

奈良の薬物依存脱却支援施設「GARDEN」も、
その経験を受け継ぎ育てています。
活動内容は、下記のブログからご覧いただけます!
http://kamitaka.kura-ag.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■