ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」6月 東北各県でセミナーを開催/フットサルを通して‘つながり’を感じる
日付:2018/05/17
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》

■╋■-----------------------------

『マイナス10からプラス10へ』
【第137号】2018年5月17日(木)

■┛-------------------------------

◆地域におけるギャンブル依存症対策を「経験者視点」から
〜 問題ギャンブル対策センター 大阪・横浜 〜
(大阪)https://www.facebook.com/onenessosaka/
(横浜)https://www.facebook.com/onenessyokohama/

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》ワンネスグループ共同代表/Garden代表
2.【お知らせ】6月 仙台・郡山・弘前・秋田「依存症を知るセミナー」を開催
3.【レポート】奈良地区のメンバーがフットサル大会に参加
4.《コラム》いまの自分に正直になる。

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.《あいさつ》

いつもワンネスグループを支えて頂き誠にありがとうございます。
沖縄ではすでに梅雨入りしていますが、新緑が目に眩しい季節、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
 
回復の中で、依存症者は様々な人間関係に出会い躓くことがあります。
依存症者が再発を起こす原因は、ほぼ「人間関係がうまくいかない時」と言えるでしょう。
些細な出来事であっても、自己中心や恐れ、嫉妬や比較、自己憐憫、コントロールなどが出ると、
欠点は欠点を呼び、内部対話を繰り返し、相手を恨みの対象にしてしまいます。
現実が見えなくなり、病の声だけに引っ張られ、心の自由も奪われます。
その状態をそのまま放置しておくと、再発が待っています。

しかし、早めに回復のプログラムを使うことが出来れば、自身が変わっていきます。
恨みに対して一番即効性のある‘解毒剤’は感謝です。感謝は本当に効果があります。
今日を生かさせてもらっていること、生活が与えられていること、愛し愛されていること。
沢山のことに感謝を持つと、目の前が豊かに広がっていきます。
現実は変えられませんが、自身の反応を変えることは出来ます。

私たちグループが健やかで愛に溢れたファミリーでいられることに感謝します。
これからも、ワンネスグループをどうかよろしくお願い申し上げます。


一般財団法人ワンネスグループ 共同代表
一般社団法人GARDEN 代表
伊藤 宏基

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲GARDEN活動ブログ「神鷹一座」▲▽
http://kamitaka.kura-ag.org/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2.【お知らせ】

〜 経験者が語る、経験者に相談できる 〜
「依存症を知るセミナー 東北キャラバン(6月開催)」
http://oneness-g.com/pdf/touhoku_seminer_2018.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 今年は6月、11月に 計8会場で開催します ≫

「依存症を知るセミナー東北キャラバン」は、今年で5年目。
これまで計20回開催し、多くの出会いに恵まれました。
今年6月は4会場(6/8仙台・6/9郡山・6/10弘前・6/11秋田)で開催します。

今回はメインセミナーの後に、ギャンブル依存のミニセミナーも開催。
各セミナーの終了後に、個別相談会を実施いたします(事前予約必要)。
11月は、盛岡、仙台、山形、いわきの各都市で開催を予定しています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ テーマは「依存症と‘生きづらさ’」≫

ワンネスグループの依存症相談窓口へのアクセスは、年間約1800件。
そのうち1割強が東北各県から寄せられています。

西日本を中心に活動を行っている私たちですが、施設利用メンバーやスタッフの中に、
東北各県出身や、かつて住んでいたという者が少なくありません。
そのような背景を持つ私たちが、今回お伝えしたいのが「依存症と生きづらさ」。

「過去の私は、ギャンブルやネットゲーム、アルコールなどをやり続けることで、
何とか生きられると感じた。」

おかしな話と感じられるかも知れませんが、依存経験者の多くが感じる事実です。
その背景を探ると、依存対象に出会う前から何らかの生きづらさを抱えていたということが分かってきます。

また、「止めていても幸せじゃない。これなら使っていたほうが楽」という声の背景には、
解決できていない生きづらさが見え隠れしているのです。

セミナーでは生きづらさについて、スタッフの体験談などを交え、
幾つかの例を紹介するほか、その解決のために例えば何が必要かをお話いたします。
また、今回はメインセミナーの後にギャンブル依存をテーマにしたミニセミナーを開催。
個別の相談対応もいたします(要事前予約)。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 依存症を知るセミナー東北キャラバン ≫

※ 資料代1,000円/参加事前予約は不要です。
※ 個別相談については事前予約が必要です。

■各会場日程紹介
【宮城・仙台市】6月8日(金)13:30 〜
会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)第1会議室
(仙台市青葉区桜ケ岡公園4-1)

【福島・郡山市】6月9日(土)13:30 〜
会場:ビッグパレットふくしま 第2会議室
(福島県郡山市南2-52)

【青森・弘前市】6月10日(日)13:30 〜
会場:弘前文化センター 第2会議室
(青森県弘前市下白銀町19-4)

【秋田・秋田市】6月11日(月)13:30 〜
会場:秋田市にぎわい交流館AU(あう)研修室2
(秋田県秋田市中通1-4-1)

■各会場内容(全会場共通)
・13:30〜15:00「依存症を知るセミナー」
・15:00〜「相談会(要 事前申込)」
・18:30〜19:15「ギャンブル依存ミニセミナー」
・19:15〜「相談会(要 事前申込)」
※ 相談会は各回とも4組限定

■個別相談申込み・お問合せ先
・電話:0120-111-351(月〜金 10:00〜17:00)
・メール:info@oneness-g.com (24時間送信可能)
※ 相談希望会場名、お名前、連絡先、誰の何の相談(簡単に)か、明記ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

5月は沖縄、東京で開催。
▽▲全国各地「依存症を知るセミナー」情報▲▽
http://oneness-g.com/semi.php

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

3.【レポート】

フットサルを通して「多様性」の理解を。
奈良施設メンバーが‘ダイバーシティカップin関西’に参加
http://oneness-g.com/report/archives/7975


今月12日、大阪市でフットサル大会「ダイバーシティカップin関西」が開催され、
ワンネスグループ奈良地区から、Garden、セレニティパークジャパン、
そしてワンネスの里農園の利用者やスタッフによる合同チームが参加しました。

この大会は、認定NPO法人ビッグイシュー基金(本部:大阪市)が主催し、
「様々な社会的背景を持った当事者・支援者がお互いの境遇を理解し、多様性を尊重する」
という趣旨で、関西地区では初めて開催されました。

大会当日は、リーグ戦だけでなく、アイスブレイクやウォーミングアップ、
他団体の参加者との混合チームでの試合等、団体の壁を越えて、
一日を通して様々な方との交流を深める良い機会となりました。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今回、大会に参加したメンバーたちは、
勝利を目指すことはもちろんですが、たとえゴールが入らなくても、
「ゴールに向かうその姿勢が良かったよ!」、「あなたこそナイスパスだったよ!」、
「ナイス!わたし。ナイス!あなた。」とお互いが言い合えることで、
不安や恐れが安心感に変わることを体験することができたようです。

今回、ワンネス合同チームを引っぱってくれたスタッフの大塚は、
「自分の立場や生き辛さを考えずに一日を通して楽しむことが出来ました。
参加した仲間とは定期的に練習していたので優勝できて良かったです。
今後もこのような大会へ積極的に参加したいと思います。」と、感想を語っています。

大会を主催してくださった、ビッグイシュー基金の皆さん、
参加された皆さん、良い機会をいただき有難うございました!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

各地で「新しい生き方」に出会っています。
▽▲ワンネスグループ活動ブログ▲▽
http://oneness-g.com/report/


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

4.《コラム》

冒頭の伊藤代表の挨拶、フットサル大会のレポート、
それぞれから感じたのは「そのような自分に、正直になる」ということ。

自己中心や恐れ、嫉妬や比較、自己憐憫、コントロール欲求が、
自分と他者との間に溝をつくり、孤立していきます。

しかし、孤立していることを認めたくない。
そもそも、こんな気持ちが沸いている自分を認めたくない。
認めることは自身の‘負け’を意味し、変わらなければならない。

気持ちを偽り、見たくないので、
自身の正当性を時に大きな声で、時に心の中で発し続けます。

私たちは、依存脱却の過程で、そのカラクリに気づきました。
視点は「依存対象を手放さなければならない」から、
「自身を正直に見つめ、一歩ずつ変化成長したい」に変わります。

そんな気持ちを抱いていてもいい。
そんな自分なんだ。

まず、いまの自分に正直になることから、始まっていきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■