ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」中国・四国キャラバンを開催 / インターネットゲーム依存の相談が増加傾向
日付:2018/05/24
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート
ワンネスグループ《メルマガ》

■╋■-----------------------------

『マイナス10からプラス10へ』
【第138号】2018年5月24日(木)

■┛-------------------------------

◆ ご家族にも「経験・力・希望」が必要です ◆
〜 ワンネスファミリーグループ 各地で開催 〜
http://oneness-g.com/ofg.html

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 ワンネスグループ沖縄 代表
2.【お知らせ】 沖縄代表の位田も各地へ伺います!「東北キャラバン」
3.【レポート】 相談が増加傾向 〜インターネットゲーム依存〜
4.《コラム》 8、9月は中国・四国キャラバンを開催

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.《あいさつ》

みなさんこんにちは!
今週の挨拶は、沖縄からお届けします。

沖縄はすでに梅雨入りしていますが、五月晴れの日が続いています。
天候は変わりやすく、予報通りにいかないのですが、
先日、南城市の施設メンバーでキャンプに行ってきました。

その日の天気といえば…、
「楽しみにしていたキャンプでは雨が降る」という、良くあるパターン…。
そして、40名以上(しかも全て男性)でキャンプをするので、当日は色々な事が起こりました。

私たちの施設では、キャンプも依存脱却プログラムの一環として取り入れています。

野外のプログラムは他に、サーフィンやシュノーケルを行う「マリンプログラム」。
沖縄の伝統行事であるハーリー大会に出場する「ハーリープログラム」。
またロードバイクなどの自転車でツーリングする「自転車プログラム(通称チャリンピー)」。
これらの他にも、沖縄の自然や気候を活かしたみんなで楽しめるプログラムが充実しています。

今までひとりで殻に篭っていた人が、自然豊かな気候の中で、
同じ問題を抱えながらも、前向きに課題に取り組む仲間たちと共に、
笑い合いながら一つのことを成し遂げていく、最高のプログラムになっています。

ワンネスグループのホームページには様々なプログラムの案内や、
利用者やスタッフが書いているブログもありますのでぜひチェックしてください。


ワンネスグループ沖縄 代表
位田 忠臣

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲ キャンプレポートはこちら! ▲▽
http://oneness-g.com/report/archives/8071


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2.【お知らせ】

〜 経験者が語る、経験者に相談できる 〜
「依存症を知るセミナー 東北キャラバン(6月開催)」
http://oneness-g.com/pdf/touhoku_seminer_2018.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 今年は6月、11月に 計8会場で開催します ≫

「依存症を知るセミナー東北キャラバン」は、今年で5年目。
これまで計20回開催し、多くの出会いに恵まれました。
今年6月は4会場(6/8仙台・6/9郡山・6/10弘前・6/11秋田)で開催します。

各会場へ伺うのは、東北地区にゆかりのあるスタッフたち。
今号メルマガに登場した、ワンネスグループ沖縄の位田忠臣、
そして、ワンネスグループ共同代表の三宅隆之がお話します。

今回はメインセミナーの後に、ギャンブル依存のミニセミナーも開催。
各セミナーの終了後に、個別相談会を実施いたします(事前予約必要)。
11月は、盛岡、仙台、山形、いわきの各都市で開催を予定しています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ テーマは「依存症と‘生きづらさ’」≫

ワンネスグループの依存症相談窓口へのアクセスは、年間約1800件。
そのうち1割強が東北各県から寄せられています。

西日本を中心に活動を行っている私たちですが、施設利用メンバーやスタッフの中に、
東北各県出身や、かつて住んでいたという者が少なくありません。
そのような背景を持つ私たちが、今回お伝えしたいのが「依存症と生きづらさ」。

「過去の私は、ギャンブルやネットゲーム、アルコールなどをやり続けることで、何とか生きられると感じた。」

おかしな話と感じられるかも知れませんが、依存経験者の多くが感じる事実です。
その背景を探ると、依存対象に出会う前から何らかの生きづらさを抱えていたということが分かってきます。

また、「止めていても幸せじゃない。これなら使っていたほうが楽」という声の背景には、
解決できていない生きづらさが見え隠れしているのです。

セミナーでは生きづらさについて、スタッフの体験談などを交え、
幾つかの例を紹介するほか、その解決のために例えば何が必要かをお話いたします。
また、今回はメインセミナーの後にギャンブル依存をテーマにしたミニセミナーを開催。
個別の相談対応もいたします(要事前予約)。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 依存症を知るセミナー東北キャラバン ≫

※ 資料代1,000円/参加事前予約は不要です。
※ 個別相談については事前予約が必要です。

■各会場日程紹介
【宮城・仙台市】6月8日(金)13:30 〜
会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)第1会議室
(仙台市青葉区桜ケ岡公園4-1)

【福島・郡山市】6月9日(土)13:30 〜
会場:ビッグパレットふくしま 第2会議室
(福島県郡山市南2-52)

【青森・弘前市】6月10日(日)13:30 〜
会場:弘前文化センター 第2会議室
(青森県弘前市下白銀町19-4)

【秋田・秋田市】6月11日(月)13:30 〜
会場:秋田市にぎわい交流館AU(あう)研修室2
(秋田県秋田市中通1-4-1)

■各会場内容(全会場共通)
・13:30〜15:00「依存症を知るセミナー」
・15:00〜「相談会(要 事前申込)」
・18:30〜19:15「ギャンブル依存ミニセミナー」
・19:15〜「相談会(要 事前申込)」
※ 相談会は各回とも4組限定

■個別相談申込み・お問合せ先
・電話:0120-111-351(月〜金 10:00〜17:00)
・メール:info@oneness-g.com (24時間送信可能)
※ 相談希望会場名、お名前、連絡先、誰の何の相談(簡単に)か、明記ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲全国各地「依存症を知るセミナー」情報▲▽
http://oneness-g.com/semi.php


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

3.【レポート】

相談が増加傾向 〜 インターネットゲーム依存 〜
http://oneness-g.com/report/archives/7547

ネットやゲームに過度にのめり込み、
日常生活や人間関係に支障をきたす「インターネットゲーム依存」。
ワンネスグループの電話、メール、LINEなどの無料相談窓口では、
このところインターネットゲーム依存の相談が増加しています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

依存症相談ダイアルの担当スタッフによると、
ワンネスグループへ寄せられるインターネットゲーム依存に関する相談の、
相談者は「中高生の子どもの母親」からというケースが大半ですが、
成人男女、中高年の方が問題を抱えているケースも若干寄せられます。

相談しようとした主なきっかけとしては、
・本人の生活パターンが崩れている(特に朝起きられない)。
・欠席(欠勤)が頻回になる。
・金銭問題(高額の課金、親の財布からお金を取る、成人以降はサラ金等)
・やり方について本人をとがめると暴力的になる。
などのご本人の状態を、周りの方が支えきれなくなり、相談されています。

対応スタッフは、その方がお住まいの地域にある社会資源を紹介します。
しかし、相談される方の多くは、既に様々な相談機関へ連絡をしており、
同じような話を耳にしながらも、事態が動かないと悩んでいらしゃいます。

相談を寄せられる方は、今の苦しい状態を解消したいとの一心ですが、
その気持ちを充分にお聞きしながら、スタッフは一言お伝えします。
「今が家族関係を見直すきっかけ」であることについてです。

「なぜ、そこまで(本人が)ネットやゲームにのめり込んだのか?」、
「ネットやゲームのもたらす高揚感や刺激などで何を埋めようとしているのか?」
といった点についても、家族など周りの方が率直に向き合う必要があります。

特に中高生が依存を抱えている場合、親と同居しているケースが大半なので、
脱却を目指す際は、親御さんたちには「社会資源を探し、つなぐ」という役割だけではなく、
子との関わりがどうであったか、自身が育っていくなかで親との関わりはどうであったかなど、
ご自身を見つめていくきっかけにもしていただきたいと願っています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

なお、ワンネスグループでは、各入所型施設や通所コースにて、
現にインターネットゲーム依存の方が数名利用され、脱却を目指しています。

従来の回復支援や理解促進の方法にネットゲーム独自のものを加えられないか、
また、今後国内でも盛んになるであろう「e-Sports(※)」についても考えていく、
経験者が主体となるプロジェクトチームも始動します。


6月以降に発表予定のWHOの国際疾病分類(ICD-11)で、
「Gaming Disorder」として盛り込まれるインターネットゲーム依存。
表面上の事態に右往左往せず、なぜのめり込んでいくのかについて、
その人の生活環境もしっかり見つめた上での支援が必要です。

(※)e-Sports(electronic sports):コンピューターゲームや、
ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

7月10日 大阪で開催・経験者が語る実態
▽▲ ネットゲーム依存を知るセミナー ▲▽
http://oneness-g.com/pdf/osaka_seminar_1804.pdf


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

4.《コラム》

ワンネスグループの拠点が無い地域の皆さんと、
依存症について考え語る場をつくる「依存症を知るセミナー キャラバン」
東北、北海道に続き、中国・四国地区での開催が決定しました。

キャラバン日程だけ先にお伝えしますと・・・、
<8月>
10日(金)鳥取・鳥取市
11日(土・祝)岡山・岡山市
12日(日)香川・高松市
13日(月)徳島・徳島市
<9月>
21日(金)高知・高知市
22日(土)愛媛・松山市
23日(日)広島・広島市
24日(月・振休)山口・山口市
25日(火)島根・松江市

・・・以上の予定で準備を進めています。
セミナーは、メインセミナーとご家族向けセミナーの2部構成で、
組数限定ですが相談会も実施する予定です。

詳細は決まり次第、メールマガジンでもお知らせいたします。



■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■