ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」7月のセミナー情報/沖縄県うるま市で職員向けセミナーを開催しました
日付:2018/06/27
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第141号】2018年6月27日(水)

■╋■-----------------------------

◆ 日本ファミリーインタベンションセンター
依存症問題を抱えるご家族に支援を提供しています。
http://www.fic-ag.org/

◆ 依存症相談ダイアル 0120-111-351(月〜金10時から17時)

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 セレニティパークジャパン沖縄 代表
2.【お知らせ】 7月「依存症を知るセミナー」情報
3.【レポート】 沖縄県うるま市の職員を対象にセミナーを開催
4.《コラム》 犯罪を繰り返したくない。その思いを支えたい。

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

沖縄地方は先週土曜に梅雨明けし、一番沖縄らしくなる躍動的な季節を迎えました。
皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

さて、私たちは依存症という問題に長年向き合ってきましたが、
知れば知るほど、この問題の複雑さに溜息が漏れる時があります。
様々な経路から相談が持ち込まれますが、多くのケースは単純に「止まれば解決」と言う事にはなりません。

依存症は、その人の性格や気質、また遺伝的な部分を意味する「個人の資質」、
そして「その人を取り巻く人的環境」や「社会的環境」といった、
3つの要因が複雑に絡み合い結果として問題行動が現れます。
それを単純化すれば「個人の問題」「家族の問題」「社会の問題」となります。

アルコール・薬物・ギャンブルなどが止まらない事が問題ではなく、
「それをせざるを得ない」生き方そのものを問題の本質と捉えます。

したがって単純に「個人の回復」だけでは依存症の再発を招く事態になります。
安定した予後のためには「家族の回復」「社会的環境の回復」について考慮する必要があります。
最近、沖縄県内の自治体との間で困難ケースの共有、勉強会の開催等、連携体制が深まりつつあります。
また自治体だけではなく司法機関・医療機関との間でも同様の動きが加速しています。
この活動は依存症にまつわる問題解決に必要な「社会的環境の回復」に大きな力となります。

依存症は「個人・家族・社会」の問題です。
「個人」「家族」「社会」それぞれが「依存症からの回復」と言う共通の課題に、
力を合わせる事が出来れば、また一歩前進します。
そのための環境作りも私達の使命だと考えています。

これからも私達は「依存症からの回復」を目標に、包括的な支援体制を整え全力で邁進して行きます。
そしてこれからもワンネスグループを支えてくださる皆様の御理解、御協力を頂ければ、これほど力強いものはありません。


セレニティパークジャパン沖縄 代表
大黒 武

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●○ セレニティパークジャパン ホームページ ○●
http://spj-ag.org/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

依存症の経験者が語る・経験者に直接相談できる
★ 7月の「依存症を知るセミナー」情報 ★
http://oneness-g.com/semi.php

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ワンネスグループの「依存症を知るセミナー」は、
かつてギャンブルや薬物、アルコールなどの依存に苦しみ、
その渦中から脱却し今を生きる経験者たちが担当します。

7月は日程順に、大阪、奈良、沖縄、東京で開催します。
各会場それぞれのテーマで依存症を知る機会を提供するほか、
終了後には個別相談も実施します(各会場で対応が異なります)。
「知ることは防ぐこと、知ることは解決への一歩。」
ワンネスグループのセミナーをお役立てください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【大阪・大阪市】7月10日(火)18:45〜
テーマ:インターネットゲーム依存を知る
会場:ワンネスグループ大阪オフィス
住所:大阪市住之江区南港北2-1-10ATC-ITM棟3階J-10
お問い合わせ:06-6115-7395(月〜金 10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください
http://oneness-g.com/pdf/osaka_seminar_1804.pdf

【奈良・橿原市】7月19日(木)18:30〜
テーマ:女性の生きづらさと依存症
会場:橿原市役所新分庁舎 4F コンベンションルーム
住所:橿原市内膳町1-1-60
お問い合わせ:0120-111-351(月〜金 10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください
http://oneness-g.com/pdf/nara_seminer_201804.pdf

【沖縄・那覇市】7月20日(金)14:30〜
テーマ:当事者目線で語る依存症
会場:沖縄県総合福祉センター 3階視聴覚室
住所:那覇市首里石嶺4-373-1
お問い合わせ:098-860-8384(月〜金 10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください
http://oneness-g.com/pdf/okinawa_seminar_201807.pdf

【東京・千代田区】7月23日(月)18:45〜
テーマ:中高年と依存症 〜希望とは何か?〜
会場:アクセア貸会議室半蔵門 第4会議室
住所:千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル6階
お問い合わせ:045-264-4365(月〜金 10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください
http://oneness-g.com/pdf/tokyo_seminer_1807.pdf

◆ 各会場とも参加無料/セミナーのみのご参加は事前予約不要
(個別相談については各お問い合わせ先に確認をお願いします)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◆ 中国・四国、東北など各地区でも開催します!
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】

「支援者も知りたい‘依存症’のこと」
〜 沖縄県うるま市で職員向けセミナーを開催 〜

ワンネスグループ沖縄は先週、沖縄県うるま市で
市職員の皆さんを対象にセミナーを開催し、
保護・障害福祉・児童家庭課のご担当、約40名に参加いただきました。

今号メルマガ冒頭の大黒代表の挨拶にもありましたとおり、
ワンネスグループにはご本人やご家族以外からも、
様々な機関から依存症についての相談が寄せられます。

生活困窮、自立支援、介護、DV、虐待、事件や事故、
それらの他にも様々な課題や問題にリンクする依存症。
裏を返せば、この様な問題の解決を担う機関の職員の皆さんにも、
依存症への理解やケース対応能力が求められる事を意味します。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今回のセミナーでは、大黒代表、そしてワンネスグループ沖縄の位田代表が登壇。
無関心期、関心期など依存症者本人が立つステージごとに、
どのような支援が必要か、どのような関わり方が良いのかなどを解説しました。

参加された職員の方からは・・・、
「依存症のメカニズムや、ステージごとの対応方法について学べて良かった。
また専門としている機関の役割等を学べて非常に心強く思いました。」

「各ステップでの対応・声かけというのは、発達に問題がある子への対応や、
他の精神疾患をお持ちの方との関わりにも参考になると感じました。」

「否認を打ち破ぶろうとせず、気づきを上昇させる、という所がとても印象に残りました」

「ぼんやりとした支援ではなくエビデンスの元に、しっかりと対応していける様頑張ろうと思いました。」

この他にも、多くの感想を寄せていただきました。

ワンネスグループでは、依存症の経験者だからこそお伝えできること、
支援や家族介入(インタベンション)、相談等の現場で積み重ねてきた経験を、
セミナー形式や勉強会形式でお伝えすることができます。

行政で、学校で、地域で、企業で、
出張版「依存症を知るセミナー」は全国どこでも伺います!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲ 出張版「依存症を知るセミナー」詳しい情報は ▲▽
http://www.oneness-g.com/management.html


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

先週半ばに、入所施設の利用者を迎えに行きました。
迎え先は刑事施設。刑務所です。

ある犯罪を起こし、償いの日々を過ごしてきた彼は、
早い段階から、出所後に私たちの施設へ入所することを決心していました。

なぜか。
犯罪の背景にギャンブル依存症があったこと。
自身がギャンブル依存症であること。
そして、依存症の問題が解決しなければ同じ事を繰り返すということ。

ひとつずつ腑に落としていった結果、
就職より依存脱却を優先させる必要性を感じたと、彼は語りました。

人によっては、刑務所より、施設での生活が厳しいという感想を聞きます。
色々な理由がありそうですが、厳しいと感じるのは、自身の本質的な課題に向き合っているから。

再犯はいやだ。その気持ちは彼だけではなく、私たちも同じです。
受容、共感のなかで、彼は緊張しながらも新しい生き方を学び始めました。


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■