ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」7月29日・東京「最幸の人生を送る自分と出会う」ためのイベント/農園から夏野菜の便り
日付:2018/07/04
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第142号】2018年7月4日(水)

■╋■-----------------------------

◆ ギャンブル依存脱却「もうひとつの選択肢」
週末通所コース(大阪・名古屋・横浜)
… 大阪会場、名古屋会場では体験会を開催します。
http://oneness-g.com/semi_gamble/

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》ワンネスグループ共同代表/Garden代表
2.【お知らせ】7/29東京「最幸の人生を送る自分」と出会うためのイベント
3.【レポート】ワンネスの里農園から夏野菜の便り!
4.《コラム》大阪府下各市町村で「依存症を知るセミナー」を開催

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

ワンネスグループをいつも支えて頂き誠にありがとうございます。
7月に入り本格的な夏を迎えた地域もあります。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、入所における支援のひとつ「ダイバージョン」についてお伝えします。
ダイバージョンは英語で‘転換’を意味し、依存症脱却支援の世界では、
刑事処罰の対象者で依存の問題を抱えている方に対して、刑罰だけではなく、
依存脱却プログラムの提供等の支援を行う仕組みを指します。

先日、地方更生保護委員会や保護観察所の方々が連日、見学のため奈良GARDENにお越しになりました。
皆さん依存脱却プログラムに興味をもたれており、私たちの取り組みにも関心を示してくださいました。
ワンネスグループの全国各施設の合計で、現在136名の方が施設入所されています。
そのうち、仮釈放や執行猶予などを含むダイバージョンで利用開始された方は、21名(15.4%)です。
この方々が、2年弱のプログラムに取り組むことで、人生を取り戻すことが可能になります。
それは、再犯防止をも意味しますので、私たちは力を入れて取り組んでいます。

再び罪を犯し刑務所に入ることでネガティブなエネルギーが増え、人生を諦めることにもつながります。
人生は出会いで変わっていきます。
各施設でプログラムを受け、刑務所に行かなくなった人たちは本当に沢山います。
人は変わることが出来ます。
ワンネスグループはそれを支える団体の一つです。


一般財団法人ワンネスグループ 共同代表
一般社団法人GARDEN 代表
伊藤 宏基

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●○ ワンネスグループ ダイバージョンセンター ○●
http://www.oneness-diversion.com/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

マイナス10からプラス10への依存回復を目指すワンネスグループも応援!
<7月29日 東京「最幸の人生を送る自分」と出会うためのイベント>
https://readyfor.jp/projects/givenessconference2018

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

『仕事にプライベートに、思う存分幸せな人生を送っていますか?』
社会環境の変化が急速な現代。働き方、家族や自身のあり方などのテーマに、注目が集まっています。
ワンネスグループでは依存の背景として「(その人の持つ)生きづらさ」を挙げていますが、
職場や家庭などでの人間関係やそれを捉える自分などがその要素として出てきます。

「より幸せに生きたい」
これは、多くの方が望むことですし、依存脱却のポイントでもあると思います。

今月29日(日)に東京で、「ウェルビーイング(幸福:身体的、精神的、社会的に良好な状態)」について考える講演会を開催。
ポジティブ心理学の創始者、マーティン・セリグマン博士の来日講演ほか、多くの方が登壇します。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今回の講演会には、日本におけるポジティブ心理学研究の第一人者である前野隆司氏(慶応義塾大学大学院 教授)、
Amazonが屈したアパレル通販のザッポス社のコンサルタント、ジェン・リム氏(デリバリング・ハピネスCEO兼CHO)、
独自の人事政策で評価の高い島田由香氏(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社取締役人事総務本部長)、
ほかにも東証一部上場企業の経営者、モデル、セラピスト、若者たちが登壇します。

様々な価値観をとらえて、多様な依存脱却のあり方を支援するワンネスグループも、
この講演会を応援しています!ぜひご参加ください!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【日時】2018年7月29日(日) 10:00-18:00
【場所】ベルサール渋谷ファースト( https://goo.gl/maps/PjUDyEv7m7B2
【参加費】一般:5,000円/学生及び21歳以下:1,000円
※ 特別割引や特典付きチケット有り

【チケット販売】下記URLからのみ受付いたします。
https://readyfor.jp/projects/givenessconference2018

【主催】GIVENESS INTERNATIONAL
【特別協賛】株式会社ウィルグループ/ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】

美味しい夏野菜の季節が来ました!
〜 奈良・三重「ワンネスの里農園」レポート 〜

茄子やトマト、トウモロコシ…店先には夏野菜が沢山並ぶ季節になりました。
依存症者の脱却プログラムの一環として、さらには雇用創生の面を持つ、
奈良と三重の「ワンネスの里農園」からレポートをお届けします。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

自らが薬物依存の経験者で農園担当の溝辺は、メンバーの様子をこう語ります。
「雨は自然の力の1つで、山の木々や川を潤してくれます。
その水が循環し、山土に水がしみ込み湧き水になり、最後は川になって海に豊富な栄養分を運んでくれます。
色々な生物を育むための1つの流れが有りますよね。」

「自然の力を畑の全てから感じながら、回復への力に変えることに、スタッフとクライアントで日々共同作業に勤しんでいます。」

第1・第2農園では、茄子や万願寺唐辛子、トマト、トウモロコシなどの手入れ、
トマトの出荷などの作業が目白押しだそうです。
「野菜たちに少しでも栄養が行き渡るように、日照時間、手入れや草ひきなど、
収穫の合間を見ながら行う農園の手入れも1つの大きな作業になっています。」

また、秋の稲刈りに向けた田んぼの手入れも行っています。
「色々な作業を行うことで、秋には黄金色に輝く実った稲穂をいただくことが出来るのです。
やはりここにも、成長の過程で色々なステップが有り、回復(依存脱却)と同じ過程を経験できます。」

各地の座学形式の依存脱却プログラムとはまた違ったアプローチで、
新しい生き方を身につけていく「ワンネスの里農園」。
以前ご紹介した、白い苺づくりも順調に進んでいます。

農園では、近隣の直販だけではなく、通販も行っております。
下記のURLから詳しい情報をご覧ください!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲ ワンネスの里 安心野菜宅配便 ▲▽
http://oneness-g.com/pdf/onenesssato_tuuan_180312.pdf

▽▲ 今回の記事 詳しい内容はこちら ▲▽
http://oneness-g.com/report/archives/8323


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

今年2月に大阪市住之江区に開設した大阪オフィス
(問題ギャンブル対策センター大阪)は、まもなく開設半年を迎えます。

より多くの方に依存症への理解を広げることを目的に、
来月、8月から「依存症を知ろう! ワンネスグループ出張大阪オフィス」を始めます。

水曜日を中心に、第一弾として、吹田市、能勢町、枚方市、八尾市、
河内長野市、和泉市で開催を予定しています。

各回とも、依存症についての一般的な理解のほか、経験者の話、そして個別相談も受付します。

詳しくは決まり次第、このメルマガやSNS、ワンネスグループホームページでお伝えします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■