ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」オンライン受講も可能 アディクションカウンセラー講座/中国・四国地方で依存症セミナーを開催
日付:2018/07/27
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第144号】2018年7月27日(金)

■╋■-----------------------------

◆ 日本ファミリーインタベンションセンター
依存症問題を抱えるご家族に支援を提供しています。
http://www.fic-ag.org/

◆ 依存症相談ダイアル 0120-111-351(月〜金10時から17時)

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》ワンネスグループ副代表/フラワーガーデン代表
2.【お知らせ】依存症を知るセミナー「中国・四国キャラバン」を開催
3.【お知らせ】アディクションカウンセラー講座 10月より新期スタート
4.《コラム》‘うな丼’から、あの頃を思い出す。

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

大阪北部地震、西日本を中心とした豪雨災害で、
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い被災地の復興を祈念いたします。


35度越えの暑さ、湿度も高く、毎日うだるような季節が続いております。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

最近うつ病を抱えた仲間たちと話す機会が増えてきました。

「鬱と依存症」

考えさせられます。

私たちに何が出来るのか・・・。
主治医と相談しながら治療方針を立てていく。
寄り添うこと、話を聞くこと・・・。

もともとはうつ病からはじまり、その状態から抜け出すために、
必要な処方薬であるお薬として安定剤や睡眠薬を服用するようになり、
そこから依存症を発症してしまった仲間。

依存症が発症してからのうつ病

どちらにせよ、生きづらさを抱えています

生きづらさに気付かなかった人も多いことでしょう

気付いたら、相談すること

そして安心して活用できる社会資源が地域にあることが大切なのではと思います

病気だからといって、やりたいことをあきらめる人生でなく、させない人生でなく、
その人がその人の人生を、再出発できる日を信じて、今日一日できることを焦らずに、
一歩ずつ一歩ずつ歩んでほしいと思います。


一般財団法人ワンネスグループ 副代表
フラワーガーデン 代表  
オーバーヘイム容子

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲ 女性専用施設「フラワーガーデン」 ▲▽
http://www.f-garden-ag.org/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

経験者が語る。経験者に相談できる。
★ 依存症を知るセミナー 中国・四国キャラバンを開催(参加無料) ★
http://oneness-g.com/pdf/tyuugoku_sikoku_seminar_1808_09.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「知ることは防ぐこと、知ることは解決への一歩」をキャッチフレーズに、
各地で開催しているセミナーを、中国・四国地区の皆さまにもお届けいたします。

本年は8月10日の鳥取市を皮切りに、8月中は岡山市、高松市、徳島市で実施。
9月は高知市、松山市、広島市、山口市、松江市の合計9会場で行います。

今回のキャラバンは、午前10時半からの第一部では家族向けセミナーを、
午後2時からの第二部では依存症についての一般論や問題の背景、解決の道筋について、
グループ共同代表の三宅ほか、施設スタッフたちがお話します。

一部・二部ともに、セミナー後は無料相談会を実施します。
(それぞれ4組限定 / 事前予約が必要です。)
依存経験者が語り、直接相談できるこの機会を、どうぞご活用ください!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 中国・四国キャラバン2018 日程紹介 ≫
・全会場とも参加無料
・セミナーのみの参加は事前予約不要
・無料相談ご希望の方は要事前予約(第一部、第二部とも4組限定)

◆8月開催(鳥取・岡山・香川・徳島)
【鳥取・鳥取市】8月10日(金)
会場:とりぎん文化会館〔鳥取県立県民文化会館〕第6会議室
住所:鳥取市尚徳町101-5

【岡山・岡山市】8月11日(土・祝)
会場:岡山国際交流センター 会議室2
住所:岡山市北区奉還町2-2-1

【香川・高松市】8月12日(日)
会場:サンメッセ香川 小会議室3
住所:高松市林町2217-1

【徳島・徳島市】8月13日(月)
会場:とくぎんトモニプラザ〔徳島県青少年センター〕会議室1
住所:徳島市徳島町城内2-1

◆9月開催(高知・愛媛・広島・山口・島根)
【高知・高知市】9月21日(金)
会場:高知県立県民ホール 第3多目的室
住所:高知市本町4-3-30

【愛媛・松山市】9月22日(土)
会場:松山市民会館 第4会議室
住所:松山市堀之内

【広島・広島市】9月23日(日)
会場:安佐南区民文化センター 中会議室
住所:広島市安佐南区中筋1-22-17

【山口・山口市】9月24日(月・振休)
会場:山口県教育会館 会議室T
住所:山口市大手町2-18

【島根・松江市】9月25日(火)
会場:島根県労働会館〔ろうかんROKAN〕小会議室402
住所:松江市御手船場町557-7

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◆ 各地で「依存症を知るセミナー」を開催中です!
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【お知らせ】

依存症問題の解決を学ぶ。 オンラインコースも開設!
≪アディクションカウンセラー講座(第3期)≫
http://oneness-g.com/jaai/semi_nadai_addiction/

依存症回復支援のための基礎的知識から、
プロのカウンセラーとしての実用的知識までを習得する、
ワンネスグループの「アディクションカウンセラー講座」。

これまで、現役カウンセラーや援助職者だけではなく、
依存症者ご本人やご家族にも受講いただきました。

本年10月から第3期を開講。オンラインコースも併設します。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「家族や友人が依存症で悩んでいるのに、誰にも相談できない」
「会社の同僚や仲間の様子が、最近おかしい。でも助けてあげられない」
「依存症に悩んでいるお客様やクライアントが多いが、サポート方法が分からない」

依存症の存在にスポットライトが当たることにより、
自身や他者の問題に気づく・・・というケースが増えています。
ワンネスグループの相談ダイアルやsosメール相談に寄せられる、
年間およそ1900件の相談のうち、本人からは2割程度。

実は、周囲の方が問題解決の「鍵」を握っている。
依存症というものの特徴から考えても、そのように言えるでしょう。

また、問題についての関心が高まることにより、
これまで依存症について特段の受け入れ態勢を取っていなかった各種機関にも、
解決を求める当事者の声が寄せられています。

今こそ、依存症の回復支援のための学びを始めるときかもしれません。
ワンネスグループの「アディクションカウンセラー講座」は、
依存症経験者が主体として活動を続けている私たちだからこと提供できる内容です。

カウンセラー養成校での授業経験豊富な講師が伴走者として、
アディクション分野の学習未経験者にも親切に対応いたします。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

[ 第3期概要:オンラインコースを新設 ]

◆開講期間 2018年10月から2019年7月まで 全40回
◆開講時間 (生講義)毎週月曜日 午後1時半から午後4時まで
◆受講方法 自宅にてオンライン(生or録画)講義を視聴
※生講義の会場(ワンネスグループ横浜オフィスを予定)での受講も可能。
※期間中2度スクーリングを実施します。

詳しい内容は特設ページをご覧ください。
http://oneness-g.com/jaai/semi_nadai_addiction/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

酷暑が続くと、夏バテ防止のスタミナ補給をしたいところ…。
その代表選手、うなぎを奈良施設でいただきました。

大和高田市のGARDENとセレニティパークジャパンの2施設は、
みんなのお母さん的存在である女性スタッフ‘ななちゃん’が、
毎日、美味しくてお腹も満たされる食事を作ってくれています。

ななちゃんの凄いところのひとつは、季節感。
限られた予算をやり繰りしながら、四季を感じる献立を考えます。

このメルマガでもディレクター陣が何度も書きましたが、
依存の渦中で苦しんでいる当事者は、季節とは縁遠い生活をして、
食事を通して幸せを感じるということは、無いに等しかったのです。

ななちゃんと当番メンバーが作った特製うな丼は、およそ70食分。
私も美味しくいただきながら、ギャンブル依存の「あの頃」を思い出しました。
今日こそ勝って、昼食はうな丼を食べようと朝から賭けに挑むも、数時間でスッカラカン。
空腹でうなだれながら家に帰った事は一度や二度ではありません。

美味しいものを食べたメンバーたちの笑顔は、
それぞれの「あの頃」をひとつ乗り越えた笑顔にも通じているかもしれません。



■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■