ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」地域での依存症講演会をレポート/10月開講 オンライン受講も可能 カウンセラー講座
日付:2018/08/17
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第147号】2018年8月17日(金)

■╋■-----------------------------

◆ 日本ファミリーインタベンションセンター
依存症問題を抱えるご家族に支援を提供しています。
http://www.fic-ag.org/

◆ 依存症相談ダイアル 0120-111-351(月〜金10時から17時)

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》ワンネスグループ共同代表/Garden代表
2.【レポート】地域での依存症講演会(奈良県平群町)
3.【お知らせ】アディクションカウンセラー講座 10月より新期スタート
4.《コラム》演劇を通して自身を知る

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

ワンネスグループをいつも支えて頂き誠にありがとうございます。

お盆は過ぎましたが、暑い日が続いております。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

先日、ニュースレター「Oneness Mind」にも掲載いたしましたが、
ワンネスグループは公益財団法人社会貢献支援財団より、社会貢献者表彰を受けました。

13年前に奈良県で、天井も床もお風呂もない物件が与えられ、
先ずは床を作ることから始め、グループ創設者の矢澤と二人で床用の板にペンキを塗ったのを思い出します。
夜はホースでトイレの蛇口から水を浴び、昼間は弁護士会の皆さまから頂いた家具を運んだり…。

その後、矢澤は活動資金を集めるため一人で県内外を駆け回り、
私たちの団体を知ってもらうために様々なところに挨拶にうかがい、
つながりが広がり、多くの皆さまから支えて頂く基盤がつくられました。

その基盤の上で、私たちは海外から様々なプログラムを取り入れ、
矢澤がチャレンジを怠ることなく続けてくれたバトンを受け継ぎ、
依存症経験者である私たちは、今も謙虚に自身の回復に向き合っています。

それが、今回の受賞につながったことを誇りに思うとともに嬉しくもあります。
ワンネスグループ職員、クライアント、ご家族、活動に関わり支えて頂いている皆さま、
一丸となって頂いたこの名誉を、大切にしていきたいと誓います。
 

一般財団法人ワンネスグループ 共同代表
一般社団法人GARDEN 代表
伊藤 宏基

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲ 「Oneness Mind」のバックナンバーはこちら ▲▽
http://oneness-g.com/nl.html

◆次号より送付ご希望の方は、「氏名」「送付先住所」をメールでご連絡ください。
メール:info@oneness-g.com


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【レポート】

〜 依存症経験者が語る「回復、予防、理解」〜
依存症を知る講演会 奈良県平群町の様子をレポート
http://oneness-g.com/report/archives/8428

ワンネスグループでは、拠点各地域を中心に、
学校、企業、地域での集まりなどに伺う、「講演会」、「出張セミナー」を実施しています。
今回は、奈良県内での講演会の様子をレポートします。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

先月、奈良県生駒郡平群町で開催された薬物乱用防止講演会には、
奈良GARDENでスタッフを務める川端理之が講師として伺い、
「依存症からの回復 大切なものを失わないように」をテーマに、
薬物依存から回復するまでの体験や、薬物乱用の現状などをお伝えしました。

講演の中で川端は、「薬物に手を出すことは悪いことと知っていたのに、
18歳の頃、常に退屈を感じていて居場所がないと思っていた。」
「自分の生き方に疑問を感じ、心にポッカリと空いた穴に薬物が入ってしまった。」など、
自身の依存体験を語りました。

その上で、「自分の心の部分が満たされている状態を常に作りあげていく事が大切。」
「その為には、心から人と‘会話’ではなく‘対話’が必要。」と、依存症脱却や予防に真に必要な事をお伝えしました。

この日は会場に、地元の中学生、民生委員、一般の方など150名が参加し、
経験者だからこそ伝えられる依存症の実態に耳を傾けていただきました。
平群町での講演は、ここ数年毎年お声がけをいただいているほか、
近畿圏では、奈良県、和歌山県、大阪府などで講演依頼が増えています。

「知ることは防ぐこと、知ることは解決への一歩。」
ワンネスグループでは拠点以外の地域からの講演依頼も受け付けています。
単に講演だけではなく、つながりの場にできればと考えていますので、
宜しければご活用ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

▽▲ 出張版「依存症を知るセミナー」詳しい情報は ▲▽
http://www.oneness-g.com/management.html


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【お知らせ】

依存症問題の解決を学ぶ。 オンラインコースも開設!
≪アディクションカウンセラー講座(第3期)≫
http://oneness-g.com/jaai/semi_nadai_addiction/

依存症回復支援のための基礎的知識から、
プロのカウンセラーとしての実用的知識までを習得する、
ワンネスグループの「アディクションカウンセラー講座」。

これまで、現役カウンセラーや援助職者だけではなく、
依存症者ご本人やご家族にも受講いただきました。

本年10月から第3期を開講。オンラインコースも併設します。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「家族や友人が依存症で悩んでいるのに、誰にも相談できない」
「会社の同僚や仲間の様子が、最近おかしい。でも助けてあげられない」
「依存症に悩んでいるお客様やクライアントが多いが、サポート方法が分からない」

依存症の存在にスポットライトが当たることにより、
自身や他者の問題に気づく・・・というケースが増えています。
ワンネスグループの相談ダイアルやsosメール相談に寄せられる、
年間およそ1900件の相談のうち、本人からは2割程度。

実は、周囲の方が問題解決の「鍵」を握っている。
依存症というものの特徴から考えても、そのように言えるでしょう。

また、問題についての関心が高まることにより、
これまで依存症について特段の受け入れ態勢を取っていなかった各種機関にも、
解決を求める当事者の声が寄せられています。

今こそ、依存症の回復支援のための学びを始めるときかもしれません。
ワンネスグループの「アディクションカウンセラー講座」は、
依存症経験者が主体として活動を続けている私たちだからこと提供できる内容です。

カウンセラー養成校での授業経験豊富な講師が伴走者として、
アディクション分野の学習未経験者にも親切に対応いたします。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

[ 第3期概要:オンラインコースを新設 ]

◆開講期間 2018年10月から2019年7月まで 全40回
◆開講時間 (生講義)毎週月曜日 午後1時半から午後4時まで
◆受講方法 自宅にてオンライン(生or録画)講義を視聴
※生講義の会場(ワンネスグループ横浜オフィスを予定)での受講も可能。
※期間中2度スクーリングを実施します。

詳しい内容は特設ページをご覧ください。
http://oneness-g.com/jaai/semi_nadai_addiction/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

ギャンブルやゲーム依存の脱却支援施設、セレニティパークジャパンでは、
昨秋から演劇(プレイバックシアター)を用いたプログラムを定期的に行っています。
きのうは午後に利用者メンバーとスタッフが、夜間はスタッフのみで取り組みました。

プレイバックシアターは、観客や参加者が自分の体験したできごとを語り、
それをその場ですぐに即興劇として演じる独創的な即興演劇のことで、
国内でも劇場の舞台だけではなく教育の現場や、臨床や治療の現場でも活用されています。

安心で安全な場の中で、語り手の話をよく聞き、それを演じる。
それは依存症脱却支援の世界で言えば、「言いっぱなし、聞きっぱなし」のミーティングかもしれないし、
ある側面は、自身の感情に気づくエンカウンターの場でもあるかもしれない。
もしかしたら自身の「ねばならない、こうあるべきだ」にも出会える場所でもあるかもしれない。

この手法がオンリーワンではなく、様々な手法のなかのひとつ。
しかし、依存症者、特にギャンブルやゲームの依存症者が自身の生き方を手にするために、
プレイバックシアターが有効である、その可能性を感じています。


今後も、協力してくださる方からの指導を仰ぎながら、
このプログラムを充実させていきたいと考えています!

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■