ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」来週スタート 中国・四国セミナー/沖縄での生活保護職員研修を担当しました
日付:2018/09/15
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第151号】2018年9月15日(土)

■╋■-----------------------------

ギャンブル等依存脱却「もうひとつの選択肢」
≪ 週末通所コース【横浜】10月スタート ≫
9/29(土)プログラム体験会 … 残枠わずか
http://oneness-g.com/semi_gamble/

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 セレニティパークジャパン沖縄 代表
2.【お知らせ】 来週スタート〔 高知・愛媛・広島・山口・島根 〕セミナー
3.【レポート】 沖縄県内の生活保護担当職員向け研修を担当しました
4.《コラム》 敬老の日は家族みんなで大阪オフィスへ!

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

刻々と秋の足音が近く中、ここ沖縄においてもまだまだ残暑が厳しく残る今日この頃、
皆さま方におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

依存症に関わる支援において重要な、関係各機関や地域との連携。
沖縄地区ではようやく機能し始めた、そんな確かな手応えを実感しています。

先日、刑事施設に服役中で、出所後に福祉支援が必要とされる方について、
行政の福祉部局、法務省、地域生活定着支援センター、福祉計画相談事業所、
そして実際の受け入れ先施設である私たちを交えた「ネットワーク支援」が現実となり、
受刑先施設内にて、出所後の本人を支えていく福祉サービスの受給資格が整う流れとなりました。
ネットワークの関係者全員が、その方の回復を目的に努力した結果と考えています。

また、この後の記事でも触れますが、沖縄県の生活保護担当中堅職員研修に参加し、
私たちが依存症回復支援の現場経験から得た知見を共有する機会を得ました。

依存症は、その人や家族の社会機能を崩し、健康的な生活そのものを阻害していきます。
結果として、社会保障と依存症は強い関連性を持つことが支援経験から明らかです。
よって、社会保障面のアプローチのみでは依存問題解決に十分といえないケースがあります。

依存症回復に対しての専門的アプローチを同時並行的に行う事により、
より効果的な支援を行うことが出来るようになると考えています。

今回のケースは、まさに依存症問題解決に向けたネットワーク支援の一端とも言えます。
複合的な要因から構成される依存症問題の解決のためには、個人の回復と共にその回復を支える様々な地域の社会資源が不可欠です。
そのために今後も私たちは、「多職種・多機関連携の支援体制作り」に取り組んでまいります。

最後になりますが、皆さまのご多幸をお祈りするとともに、今後も変わらぬご理解、ご支援を頂ければ幸いに存じます。

セレニティパークジャパン沖縄
代表 大黒 武

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●○ セレニティパークジャパン ホームページ ○●
http://spj-ag.org/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】
・・・経験者が語る。経験者に相談できる。

9月21日から、高知・愛媛・広島・山口・島根で開催
【依存症を知るセミナー 中国・四国キャラバン(参加無料)】
http://oneness-g.com/pdf/tyuugoku_sikoku_seminar_1808_09.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「知ることは防ぐこと、知ることは解決への一歩」をキャッチフレーズに、
各地で開催しているセミナーを、中国・四国地区の皆さまにもお届けいたします。

今回のキャラバンは、午前10時半からの第1部では家族向けセミナーを、
午後2時からの第2部では依存症についての一般的な理解、
ワンネスグループの取り組みの中で見える依存症の背景、また解決の道筋について、
グループ共同代表の三宅、名古屋施設代表の池田など、依存経験者でもあるスタッフたちがお話します。

また、1部・2部ともに、セミナー終了後は無料の個別相談を実施します。
(それぞれ4組限定 / 事前予約が必要です)。

経験者が語り、経験者に直接相談できるこの機会を、どうぞご活用ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 中国・四国キャラバン2018 日程紹介 ≫
●全会場とも参加無料
●セミナーのみの参加は事前予約不要
●個別相談ご希望の方は要事前予約(第1部、第2部とも4組限定 / 相談無料)

< 内容(各会場共通)>
〔第1部〕
10:30〜11:30「家族向けセミナー」
11:30〜 個別相談(4組限定/要事前予約)
〔第2部〕
14:00〜15:30「メインセミナー」
15:30〜 個別相談(4組限定/要事前予約)

< 個別相談 事前予約 >
電話:0120-111-351(月〜金 10:00-17:00)
メール:info@oneness-g.com
※メール本文に「名前(複数の場合は代表者)」、「連絡先電話番号」、
「希望会場・時間帯(第1部 or 第2部終了後)」、「相談内容」を明記ください。

< 9月開催 会場案内 >
【高知・高知市】9月21日(金)
会場:高知県立県民ホール 第3多目的室
住所:高知市本町4-3-30

【愛媛・松山市】9月22日(土)
会場:松山市民会館 第4会議室
住所:松山市堀之内

【広島・広島市】9月23日(日)
会場:安佐南区民文化センター 中会議室
住所:広島市安佐南区中筋1-22-17
※個別相談 第1部は残り1組です。

【山口・山口市】9月24日(月・振休)
会場:山口県教育会館 会議室T
住所:山口市大手町2-18

【島根・松江市】9月25日(火)
会場:島根県労働会館〔ろうかんROKAN〕小会議室402
住所:松江市御手船場町557-7

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◆ 各地で「依存症を知るセミナー」を開催中です!
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】

地道な活動が「人の輪、繋がり」を生みだす
≪ 沖縄県生活保護担当職員研修レポート ≫
http://oneness-g.com/report/archives/8653

冒頭の大黒代表のあいさつでも触れられていた「多職種・多機関連携」。
当事者が抱える問題を多面的に見ることで、より解決に結びつきやすくなる、
グループ各拠点のスタッフはそれを支援経験だけではなく自身の経験としても実感しています。
活動ブログでは、那覇市で行われた生活保護担当職員研修での様子をレポートしています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

先月28日に沖縄県の「福祉事務所等 生活保護担当中堅職員研修」が行われました。
研修は2日間にわたり、初日の2時間をワンネスグループが担当し、
沖縄代表の位田、一般財団法人ワンネスグループ共同代表の三宅が登壇しました。

私たちと連携して困難ケースにあたっている地域の職員の方もゲストで登壇。
「アルコール依存症」をテーマに講義や事例検討が行われました。

アルコール依存症本人もさる事ながら、周りでサポートをする家族や相談員の方々も、
実際の所どう対応してよいのかが分からない・・・。

一度は断酒できたが、再飲酒する・・・といった具合に、周りも疲弊困惑して、
結果的に解決の糸口が見つからない状態が度々起こっている。

このような問題に対して、依存症経験者でもある位田、三宅の経験談を交えながら、
県内各地域での支援事例をもとに、丁寧に講義・講演が進められていきました。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「連携が大切だ」ということは、支援の仕事をしている皆さんの全てが知っていること。
しかし、実際の連携には他の職種や他の機関についてもっと「知ること」。
そして知ったことを実践に結び付けていく「勇気」が必要ではないでしょうか。

◇◆ ワンネスグループ活動ブログ 定期更新中! ◆◇
http://oneness-g.com/report/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

連休の初日、私は横浜オフィスにいますが生憎の雨模様。
この後はギャンブル等依存脱却サポート「週末通所コース」を実施します。

来週月曜日、敬老の日は大阪オフィスにて「ファミリーデー」を開催。
http://oneness-g.com/pdf/familyday20180917.pdf

家族みんなで歌をうたったり、紙芝居や紙工作をしたり、楽しく過ごします。
依存症という言葉にとらわれず、ホッとする場所を作っていけるよう、
大阪オフィスも横浜オフィスも様々な活動を続けていきます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■