ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第14号】
日付:2015/09/18
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 


■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第14号】
■┛-------------------------------
2015年9月18日(金)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************

□MENU―――――――――

1. 代表あいさつ

2. 10月3日(土)開催! ワンネスグループ フォーラム in 横浜
「日本における依存症関連問題の解決を目指して」

3. 10月25日(日)開催! セレニティパークジャパン名古屋フォーラム
「依存症って? 回復って?」

4. 10月24日(土)開催! 依存症を知るセミナー 東北キャラバン in 新潟
「子どもたちを依存症から守れ!!」

5. イベント情報

6. 編集後記

―――――――――――――
1.
★代表あいさつ★

天高く馬肥ゆる秋、皆様にはますますご健勝のことと拝察いたします。

私たち一般財団法人ワンネスグループは、このたび創立10周年を迎え10月3日に横浜にてフォーラムを開催いたします。
これも、みなさまの温かいご支援・ご協力があってのことと存じます。改めて深く御礼申し上げます。

今回の記念フォーラムでお招きしているロクサーナ・エリクソン先生は、催眠療法の生みの親であるミルトン・エリクソン博士のご息女であり、
ご自身もその発展に尽くしてこられた方です。

テイ・ビエン・ホウさんは、マレーシア政府の要職を務められた後、
アジア地域の政府間組織であるコロンボプランで薬物依存症問題に携わるICCEの事務局長を務めておられます。

ロリーン・ルーグル博士は、ギャンブル依存症の専門家で、
IGCCB(国際ギャンブル依存カウンセラー認定協会)の会長でいらっしゃいます。

このような素晴らしい方々を、今回の記念イベントにお迎えできることは光栄の至りです。

今後ともワンネスグループの躍動にぜひご注目いただき、一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

それでは会場でお会いできますことを楽しみにしております。

一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 矢澤祐史


************************************
2.
★10月3日(土)開催! ワンネスグループ フォーラム in 横浜
「日本における依存症関連問題の解決を目指して」★

私たちワンネスグループが奈良で産声をあげてから、今年で10年になります。

代表あいさつでもご案内させていただきましたが、創立10周年を記念して、
これまでの活動の集大成とも言えるフォーラムを横浜で開催いたします。

「依存症で苦しむ多くの人や家族に、良質の解決を提供したい」

その使命のもと、薬物・アルコール・ギャンブルといった依存症からのリハビリや、
社会復帰をサポートする回復施設を全国各地で運営し、
依存症を抱えるご本人やご家族の支援活動を行ってまいりました。

フォーラムでは、ワンネスグループがこの10年をかけて取り組んできた
依存症支援の実態を広くお伝えするとともに、
海外の専門家の方々による依存症治療の最前線についての講演や、
弁護士による回復的司法についての講演など、盛りだくさんの内容となっております。

また、このフォーラムには厚生労働省、法務省、外務省、日本弁護士連合会など、
多くの団体からご後援をいただいております。

こうした一流の講師陣にお集まりいただき、官民広くご後援いただく
運びとなりましたことは、ワンネスグループが10年の間、
地道に積み重ねてきた活動へのみなさまからのご支持と有難く受け止め、
これからのワンネスグループの飛躍へのはなむけとして励みにさせていただきます。

これだけの世界一流の専門家が一堂に会する機会はめったになく、
日本のみならず、世界の依存症支援の最前線を知ることができるまたとない機会です。

どうぞこの機会をお見逃しなく、お誘いあわせの上お越しください!


◎ワンネスグループ フォーラム in 横浜 「日本における依存症関連問題の解決を目指して」
■日時: 10月3日(土) 10:00〜18:00 (開場9:30〜)
■場所: 県民共済みらいホール (横浜市中区桜木町1-1-8-2) 
■アクセス: http://www.kenminkyosai.or.jp/miraihall/access/
■入場無料 *ただし、資料代として2000円を頂戴いたします
■要予約

お申し込み・詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi_10th/


************************************
3.
★10月25日(日)開催! セレニティパークジャパン名古屋フォーラム
「依存症って? 回復って?」★

10月のワンネスグループはイベント盛りだくさんです。

ワンネスグループ創立記念イベント第二弾として、名古屋でフォーラムを開催いたします。

このイベントでは、作家・コピーライター・漢字セラピストの「ひすいこたろう」さんを
ゲストにお迎えします。

ひすいこたろうさんの目からウロコが落ちるようなものの見方や考え方は
「マイナス10からプラス10の回復」をかかげるワンネスグループの考え方に
通じるものがあります。

「今、ここ」に生きることをあたりまえに思って、見過ごしてきた日々の幸せに
気づくことでもあり、世の中の見方をほんの少し変えることにあります

「プラス10の回復」を遂げ、ワンネスグループの代表として
世界を舞台に活躍する矢澤祐史と、ベストセラー作家として
世の中をハッピーにするひすいこたろうさんとの対談は必聴です!

どうぞこの機会をお見逃しなく、お誘いあわせの上お越しください!


◎ セレニティパークジャパン名古屋フォーラム 「依存症って? 回復って?」
■日時: 10月25日(日)11:00〜17:25 (開場10:30〜)
■場所: 東別院ホール<東別院会館3F> (名古屋市中区橘2-8-45)
■アクセス: http://www.ohigashi.net/annai/access/
■入場無料*ただし、資料代として2000円を頂戴いたします
■要予約

お申し込み・詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi_nagoya/


…………………………………
4.
★10月24日(土)開催! 依存症を知るセミナー 東北キャラバン in 新潟
「子どもたちを依存症から守れ!!」★

イベントが盛りだくさんの10月は、新潟でも「依存症を知るセミナー 東北キャラバン」
として「子どもたちを依存症から守れ!!」をテーマに、
依存症の問題について考えるセミナーが開かれます。

ゲストには新潟市在住の作家「こわれ者の祭典」代表である月乃光司さんをお迎えします。

月乃さんは、ご自身のアルコール依存症経験について多数執筆されているほか、
心身障害者のパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」の代表を務めて多くのイベントを行い、
NHKなどのテレビメディアにも数多くご出演されています。

「生きづらさ」を抱えて若くして依存症に陥り、悩み苦しみながら回復した経験が
あるからこそ伝えられる月乃さんのユーモアあふれる温かいメッセージを交え、
多様化し、低年齢化する若者の依存症問題について、
家庭や社会、学校教育でできることは何かを考えます。

そして、第一学院高等学校 新潟キャンパス長の横尾優介さんからは、地元の子どもたちの
ネット依存の現状をお話しいただきます。また、NPO法人女のスペース・にいがたの方
にも依存を背景としたDVや虐待のケースをご紹介いただく予定と、大変盛りだくさんな
内容となっております。

まだまだ対策が遅れている依存症の若年化という問題について、
理解を深めていただくよい機会です。

どうぞみなさま、お誘いあわせの上お越しください!


◎ 依存症を知るセミナー 東北キャラバン in 新潟 「子どもたちを依存症から守れ!!」
■日時: 10月24日(土)13:30〜16:00
■場所: 朱鷺メッセ<新潟コンベンションセンター>中会議室 302 (新潟市中央区万代島6-1)
■アクセス: http://www.tokimesse.com/visitor/access/
■入場無料 *ただし、資料代として1000円を頂戴いたします
■予約不要


詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/pdf/nigata_seminar_201510.pdf


************************************
5.
★イベント情報★

近く開催される予定のワンネスグループのイベントをご紹介します。

依存症から回復したい方、依存症の方を抱えるご家族、依存症に関心のある方、
心理カウンセラー、セラピスト、精神福祉や心理療法関係の方、
医療機関、司法関係の方、ぜひご参加ください。

詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi.html


************************************
6.
★編集後記★

先日、用事があり名古屋へ行ってきました。

その時、どうしてもワンネスグループが就労支援プログラムの一環として運営する
ラーメン店『挙玉』のラーメンが食べてみたくてお店に向かったのですが、
前の用事が長引いたあげく、道に迷ってしまい、
『挙玉』に着いたのは、お昼の時間帯が終わる14時の、なんと2分前!!

さすがにダメだろうと思いつつも、すぐに名古屋を出発しなければならなかったので
恐る恐るお店の中に入ってみました。

「あの…、もうダメですよね…。」

店長さんと、お店の方は一瞬とまどったように顔を見合わせた後、満面の笑顔を浮かべて

「いいですよ! つけ麺しかできませんが、それでよろしければ!!」

そう言って、中に入れてくれました。

そのまぶしい笑顔にホッと癒され、極上のつけ麺をいただきました。

後で聞けば、その日は昼のうちから大勢のお客様がお見えになり、
名物の塩ラーメンはスープが切れてしまっていたそう。

終了時間間際に飛び込んできた私は、さぞかし迷惑に違いなかっただろうに、
気持ちよく迎え入れてくださったその心意気が何よりも嬉しく
名物の塩ラーメンが切れてしまっていたことも、
大勢のお客様に愛されていることが感じられて、さらに嬉しくなったのでした。

ワンネスグループの関係者と知らずに、こうして親切にしてくださったお店の方々からは
日頃からお客様一人ひとりを大切にされている姿勢が伝わってきて、
「プラス10」の回復とは何かを教えてくださいました。

最高に美味しいつけ麺、ごちそうさまでした!!
「挙玉」↓↓↓
http://www.menya-kendama.com


WAKWAK


■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■