ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」今月開催 東北地区セミナー/求められる経験者の声〜沖縄での学校講演〜
日付:2018/11/01
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第158号】2018年11月1日(木)

■╋■-----------------------------

< 理解を深める・回復を支える「ワンネス出版」の本 >
http://www.oneness-publishing.com/

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 ワンネスグループ九州・沖縄 代表
2.【お知らせ】 11月開催「依存症を知るセミナー 東北キャラバン」
3.【レポート】 経験者の声が求められる 薬物乱用防止(沖縄での学校講演)
4.《コラム》 知ることが、偏見を無くしていく一歩。

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

みなさんこんにちは。
今週のあいさつは、沖縄よりお届けします。

こちらはまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩は涼しくなり肌寒い日もあります。
先日、出張で内地に行きましたが冬を感じる寒さ。
気温の差に驚いています。

さて先月は、沖縄県内の2つの高校で「薬物乱用防止教室」を開催しました。

実効性のある薬物乱用防止対策が必要だという声が、県内でも高まっています。
インターネットの普及で、最近は誰でも簡単に違法薬物を購入できるようになってしまっています。
また、子どもたちの方がインターネットに関する知識があるので、
大人たちが知らないサイトやアプリを駆使して、海外のサーバーを経由するなど巧妙で、
外部から見ただけでは分からないようなプロセスで情報を入手しているようです。

さらに、インターネットが原因で何らかのトラブルや犯罪に巻き込まれるケースも増えていると聞き及んでおります。

子どもたちが健全に成長していくために、「ネットリテラシー」を高めていくことが必要です。
社会に様々流れている情報を、自らの意思で取捨選択していく力を身につけていくサポート体制の構築が急務だと、私は考えています。

このことに、必要な昔からある普遍的な「愛」の力に焦点を当てて、私はメッセージを届けています。

私の講演は、YouTube内のワンネスグループチャンネルで幾つか配信しています。
宜しければ一度ご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCEz2l_rdFALv5_RMIsfuxZg


ワンネスグループ九州・沖縄 代表
位田 忠臣

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◇◆ 沖縄施設活動ブログ「ティーダカンカン」◆◇
http://spj-ag.org/okinawa/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

<個別相談 予約受付中> 山形・盛岡・仙台・いわきで開催
【依存症を知るセミナー 東北キャラバン 2018秋】

http://oneness-g.com/pdf/touhoku_seminer_2018.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今年で5年目となる「東北キャラバン」の秋開催が11月中旬に実施されます。
これまで東北6県で20回以上開催され、依存症者ご本人やご家族をはじめ、
依存の問題に接する様々な立場の方にご参加いただきました。

今回のキャラバンは、11月16日(金)の山形会場からスタートし、
盛岡、仙台、いわきの各会場で順次開催します。

各会場とも、午前10時半からの第1部は家族向けセミナーを開催。
午後2時からの第2部はメインセミナーとして、依存症の一般的な理解、
ワンネスグループの取り組みの中で見える依存症の背景、また解決の道筋について、
共同代表の三宅隆之や沖縄施設ディレクターの國澤直樹がお話します。

また、1部・2部ともに、セミナー終了後は無料の個別相談を実施します。
それぞれ4組ですが、一部時間帯で残枠が僅かとなっています。
事前予約が必要ですので、ご希望の方は早めのご連絡をお勧めします。

依存症を経験し、回復支援の現場で活動するスタッフが会場へ伺います。
直接お話ができるこの機会を、宜しければご活用ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

≪ 東北キャラバン2018秋 日程紹介 ≫
●各会場とも参加無料(資料代1,000円必要です。受付にてお支払いください。)
●セミナーのみの参加は 事前予約不要
●個別相談ご希望の方は 要事前予約(第1部、第2部とも4組限定 / 相談無料)
●チラシはこちらからご覧いただけます。
http://oneness-g.com/pdf/touhoku_seminer_2018.pdf

< 内容(各会場共通)>
〔第1部〕
10:30〜11:30「家族向けセミナー」
11:30〜 個別相談(4組限定/要事前予約)
〔第2部〕
14:00〜15:30「メインセミナー」
15:30〜 個別相談(4組限定/要事前予約)

< 個別相談 事前予約 >
電話:0120-111-351(月〜金 10:00-17:00)
メール:info@oneness-g.com
※メール本文に「名前(複数の場合は代表者)」、「連絡先電話番号」、
「希望会場・時間帯(第1部 or 第2部終了後)」、「相談内容(簡単でも構いません)」を明記ください。

< 各会場案内 >
【山形・山形市】11月16日(金)
会場:山形ビッグウイング 会議室403
住所:山形市平久保100

【岩手・盛岡市】11月17日(土)
会場:いわて県民情報交流センター(アイーナ)会議室602
住所:盛岡市盛岡駅西通1-7-1

【宮城・仙台市】11月18日(日)
会場:日立システムズホール仙台 研修室2
住所:仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5

【福島・いわき市】11月19日(月)
会場:いわき産業創造館 会議室2
住所:いわき市平字田町120

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◆ 各地で「依存症を知るセミナー」を開催中です!
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】

『 経験者の声が求められる 薬物乱用防止 』
〜 ワンネスグループ九州・沖縄の活動 〜

定期更新している「ワンネスグループ活動ブログ」から記事のご紹介。
今号の冒頭あいさつで位田代表が触れた、沖縄での学校講演についてレポートします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワンネスグループでは、これまでも高校や大学、専門学校などから、
「薬物乱用防止教室」や、ギャンブルなどの「依存症予防授業」の依頼を受け、
依存経験を持つスタッフが各校に伺い、実施させて頂きました。

この度、沖縄県立南部農林高校ならびに沖縄県立小禄高校から、
薬物乱用防止講演のお声がけをいただき、ワンネスグループ九州・沖縄代表の位田が伺いました。

打ち合わせで伺った各校の先生方からは、「経験者の言葉には説得力がある。」
「どうか多感な時期の子どもたちに、貴重な経験を伝えてほしい。」など、期待の言葉を頂きました。

位田代表の講演のテーマは「自分を愛する人生の教室」。

その名のとおり、話の内容は依存で苦しんだ経験だけに留まりません。

幼少期や青年期にどのような苦しさがあったのか、どのような生きづらさの中で、
薬物使用に出会ったのかという話は、学生の皆さんの「今」にもつながります。

自分自身を愛すること、周りにいる仲間たちを愛すること。
位田代表は講演を通して生徒の皆さんや先生方に伝えています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

記事の詳しい内容は、下記のURLからご覧ください。
http://oneness-g.com/report/archives/8809


ワンネスグループは沖縄地区だけではなく、関西、東海地区をはじめ、
施設や相談拠点のある地域を中心に、学校や企業での講演を行っています。

依存経験者でもあり、施設や相談現場で日々奮闘しているスタッフたちの声は、
単に「ダメゼッタイ!」や依存症の教科書的な理解を超えて、リアルに響き、
依存症問題の本質を考える上での参考にして頂けるのではないでしょうか。

◆ あなたの街で出張版「依存症を知るセミナー」を開催します。
http://oneness-g.com/management.html


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

ワンネスグループの拠点がある奈良県大和高田市で、
先日、人権について考える地区別の懇談会がスタートし、
その初回に、私は人権教育啓発アドバイザーとして参加しました。

クイズ形式が取り入れられ、参加者同士が熱心に語り合う中で多く挙がったのは、
「知らないことによる、差別・偏見」という言葉。

そもそも実態を知らない。
どこかで何となく聞いた、中途半端な知識で決め付けてしまう。
世間に流れているイメージで、その人を見てしまう。

あぁ、私のなかにもまだまだ根強くあるなぁ・・・。
懇談会に参加する中で感じました。

同じ依存症者に対しても、他の人たちに対しても。
その時、私は「知ろう」とする扉を閉じているのだと思います。

心を開き、真実を知る。
大切にしたいですし、そのことに少しでも寄与できる活動を続けます。

偶然ですが、ワンネスグループ活動ブログの最新記事は、この話に通じる内容です。
心理カウンセラーの片桐がスティグマや偏見について触れていますので、ご一読ください。
http://oneness-g.com/report/archives/8832
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■