ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」12月名古屋でギャンブル依存症セミナーを開催/刑事施設でギャンブル依存の経験をメッセージ
日付:2018/11/14
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

< 依存症回復支援のエキスパート >
ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第160号】2018年11月14日(水)

■╋■-----------------------------

< 理解を深める・回復を支える「ワンネス出版」の本 >
http://www.oneness-publishing.com/

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 セレニティパークジャパン名古屋 代表
2.【お知らせ】 12月名古屋・ギャンブル依存症セミナーを開催
3.【レポート】 刑事施設でギャンブル依存の経験をメッセージ
4.《コラム》 東北各県に「知る」を届ける意義。

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

-------------------------------------------------------

★ LINE公式アカウントでも情報発信中
@oneness-g でID検索&登録を!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

こんにちは。
いつもメールマガジンをご愛読頂き、ありがとうございます。

移りゆく季節の変化と共に、私の住む名古屋の街も、駆け抜けるように年末ムードに様変わりしています。

アディクションに浸かっていた頃は、季節や街の雰囲気などに関心を持つことなど出来ずにいましたが、
最近は、それらの変化を楽しみながら過ごしています。

日本ファミリーインタベンションでは、この1カ月の間、
東京、神奈川、長野、広島においてインタベンション(家族介入)を実施しました。

各施設へ行った際、インタベンションを通じて出逢ったクライアントの皆さんと話すことを心がけています。
なかには、相手から「こんにちは!あの時は・・・」と話してくれる方もいらっしゃいます。

その再会の時間の中で、純粋な姿、徐々に変化しながら依存症回復に向かう姿を見ることが好きです。
そして、そのことが今の仕事に就いてのやり甲斐につながり、
自身も依存症者として回復を続けて行くことの糧のひとつとなっている気がします。

また、当インタベンションセンターは、動機付け介入による入所支援を行うと同時に、
施設の新人スタッフたちも同行し、援助職者としてのトレーニングの場にもなっています。

各施設(治療共同体)でクライアントと本気で関わる事の大切さについて、
インタベンションの現場が、大切な学びの機会ともなっているのです。

そして、私自身も学ばせて頂いています。


セレニティパークジャパン名古屋 代表
日本ファミリー・インタベンションセンター ディレクター
池田 秀行

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●○ セレニティパークジャパン ホームページ ○●
http://spj-ag.org/

▼△日本ファミリー・インタベンションセンター ホームページ △▼
http://www.fic-ag.org/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

経験者が「なぜ、ギャンブルをやめたのか?」を語る
〜 12/21名古屋・依存症を知るセミナーを開催 〜

ギャンブルをやめたら、自分には何も残らない・・・。
でも、このままではいけない・・・・。

苦しくて、どうしてよいかわからず、またギャンブルに行く。
恥やプライドで、誰かに話すことも出来ずに、心を閉ざし、もう死にたいとも思った。

そんな僕らがある日、本気でギャンブルをやめようと思い、一歩を踏み出した。
そのきっかけは・・・ギャンブルをやめている人の話だった。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

12月の「依存症を知るセミナー 名古屋」は、ギャンブル等依存がテーマ。
ワンネスグループの依存経験者スタッフが、じっくりと自身の経験を話します。

経験・力・希望
どうにもならない苦しみやそこから抜け出していった経験は、依存症の真実。
いま問題を抱えているご本人やご家族にとって、何らかのきっかけになれば幸いです。

セミナー終了後は個別相談(無料)にも対応しますので、貴重な機会をぜひご活用ください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【愛知・名古屋市】
日時:12月21日(金)18時30分〜
(セミナー 18:30-20:30/相談会 20:40-21:40)
場所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)会議室905
住所:名古屋市中村区名駅4丁目4-38

※参加無料/セミナーのみの参加は事前予約不要
※個別相談会は6組限定/ご希望の方は要事前予約

<個別相談 事前予約>
電話:052-734-2437(月〜金 10:00-17:00)
メール:info@spj-ag.org
※メールの方は本文に「名前(複数の場合は代表者)」、「連絡先電話番号」、
「相談内容(簡単でも構いません)」を明記ください。


◆ 各地で「依存症を知るセミナー」を開催中です!
http://oneness-g.com/semi.php


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】
刑事施設でギャンブル依存の経験をメッセージ
〜 セレニティパークジャパン奈良の活動 〜

ワンネスグループの最新情報をご覧いただけるfacebookから、
今回はギャンブル等依存症回復支援施設「セレニティパークジャパン」の活動を紹介。
https://www.facebook.com/OnenessG/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、播磨社会復帰促進センター(兵庫県加古川市)にて実施されている、
ギャンブル依存脱却指導プログラムに、セレニティパークジャパンのスタッフが伺いました。

この協力体制は2016年春にスタート。
スタッフが交代で担当し、自身の過去の苦しみやのめり込みの背景、
依存脱却に必要なことなど、経験者だからこそできるメッセージをお伝えしています。

刑事施設内でのギャンブル依存症脱却プログラムは希少とのことです。
スタッフたちは貴重な機会に関わらせて頂いています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

依存症が背景にある触法者は、罪を償っていくことは当然のことですが、
並行して依存脱却の支援を受けるということが、再犯防止のみならず、
その人のとっての「今後の生き方」の変化につながります。

ワンネスグループはこれまで、薬物依存脱却に関するプログラムへの協力をおこなっており、
スタッフたちが刑事施設や保護観察所などでメッセージを伝えています。

また、依存症が背景と考えられる刑事事件で逮捕、起訴などされた方に対し、
弁護士と連携して、依存脱却のきっかけを支援する「ダイバージョン」を行っています。

◆ ワンネスダイバージョンセンター ホームページ
http://www.oneness-diversion.com/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

今年で5年目となる「東北キャラバン」の秋開催が、あさって(11/16)スタート。
山形会場を皮切りに、17日盛岡、18日仙台、19日いわきで開催されます。
http://oneness-g.com/pdf/touhoku_seminer_2018.pdf

開始当初は、20代を過ごした個人的に縁のある土地という思い入れが根底にあり、
それは現在でもそうなのですが、20回以上のセミナー開催を通して更に大きな意義を感じています。

「初めて依存症の実態を知る」ということ。
疲弊したご本人やご家族が真実に接して涙し、時に怒りを表す方もいます。

分かってはいる。けれども、どうしても受け入れがたい真実。

しかし、じっくりと依存症の本質を語り続ける中で、
一部の方は安堵した表情になり、ある人は何かを決心したような表情になります。

勇気をもらいました。
どうなるか不安だけど私も決心します。
私が行動を変えるしかないのですね。がんばってみます。

それらの言葉に、私たちが東北でセミナーを続けていく意義を見出しました。
そして、北海道、中国・四国と、キャラバンの範囲は拡がっていきました。

「この地域に施設がない団体が、わざわざなぜ?」という声も耳にします。
知るということが届いていない方に、知るを届けるという行動に、拠点の有無は関係あるのでしょうか?

その後ワンネスグループの施設に入通所するかどうかが、重要なのではありません。
事実、セミナーや相談窓口では各地域の社会資源を紹介しています。

苦しみの渦中にいる方の「決心」を後押ししたい。
私たちは、かつて苦しんでいた経験と今の生きざまを伝えていきたい。

きょうもスタッフたちは、全国各地を飛び回ります。
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■