ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」 沖縄施設メンバーがマラソンにチャレンジ/3月の依存症セミナー情報
日付:2019/02/28
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す

ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第174号】2019年2月28日(木)

■╋■-----------------------------

《参加受付中》ギャンブル等依存症対策の担い手になる
「国際問題ギャンブルカウンセラー 認定プロセス」
「ギャンブル等依存症者 援助職向けワークショップ」
https://oneness-g.com/blog/archives/9378

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 セレニティパークジャパン沖縄 ディレクター
2.【お知らせ】 3月の「依存症を知るセミナー」情報
3.【レポート】 達成感と感謝!〜おきなわマラソンに参加〜
4.《コラム》 スマホでも見やすくなります

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

沖縄では桜が早々と開花し、本格的な春の訪れを感じ、
各地では幾つかのプロ野球チームがキャンプをするなど天候に恵まれています。
本土では三寒四温で寒さを感じる日もまだ多いと思われますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

沖縄からの情報発信のため、今回から私も仲間入りすることになりました。
一般社団法人セレニティパークジャパン沖縄 CURAデイケアセンターで、
施設長を務めている、國澤直樹(クニサワナオキ)と申します。

まずは私がどのような人物なのか、お話させていただきます。

私は回復につながるまでは、孤独で暗闇の中で、
覚せい剤やその他の違法薬物に依存し生きてきました。

その結果、刑務所に入ることにもなったのですが、
そこに行きつくまでも自分の人生や生き方について考え、
自分でなんとかしようと思い何度も頑張ってみるのですが、
挫折や失敗から、薬物の再使用を繰り返す日々でした。

自分でも「どうしようもない落ちこぼれ」と感じていて、
やり直す気力も機会もないと思い込んでいました。

そんな私の人生に一筋の光を見せてくれたのは母親の存在でした。
当時はそんな風には思えませんでしたが、家族の努力と正しい支援があり、
ワンネスグループの施設に入所し、回復支援プログラムを始めました。

施設の中でスタッフたちの回復への熱い気持ちを見て感化され、
多くの仲間たちから愛情を受け取り、回復へと導いてくれたと思います。
あの時から、早5年目を迎えます。

「どうしようもない落ちこぼれ」だった私が、今では、
「誰かの支え、道標になる」ことができるかもしれないと思えるまで成長できました。

母やスタッフ、多くの仲間から受け取った愛情を、
今度は私から今苦しんでいる依存症者に手渡していきたいと考えています。

様々な人とのつながりを大切に日々邁進していきますので、
成長を見守っていただけたらと思います。


(ワンネスグループ九州・沖縄)
セレニティパークジャパン沖縄
ディレクター 國澤 直樹

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●○ セレニティパークジャパン ホームページ ○●
http://spj-ag.org/

◇◆ 沖縄地区施設 活動ブログ「ティーダカンカン」◆◇
http://spj-ag.org/okinawa/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

〜 大阪・神奈川・沖縄・兵庫・東京で開催 〜
2019年3月「依存症を知るセミナー」情報
https://oneness-g.com/seminar/

ワンネスグループのセミナーは「依存症経験者」が担当。
一般論についてだけではなく、かつて依存で苦しんだ経験、
依存から脱却していく過程、そして今を生きる想いもお伝えします。

会場ではそれぞれのテーマで依存症を知る機会を提供するほか、
セミナー終了後には組数限定ですが個別相談も実施します。
(参加無料/相談ご希望の方は事前予約が必要)

では、3月のセミナーを日程順にご紹介します!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【大阪・大阪市】3月12日(火)19:00〜20:00
テーマ:「私の生きづらさと依存症 若者編」
会場:ワンネスグループ大阪オフィス
住所:大阪市住之江区南港北2-1-10ATC・ITM棟3階J-10
お問い合わせ:06-6115-7395(月〜金10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
https://oneness-g.com/pdf/osaka_seminar_2019.pdf

【神奈川・横浜市】3月19日(火)19:00〜20:00
テーマ:「ギャンブル等依存症と生きづらさ 若者編」
会場:横浜市社会福祉センター 会議室904
住所:横浜市中区桜木町1-1
お問い合わせ:045-264-4365(月〜土10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
https://oneness-g.com/pdf/yokohama_seminar_2019.pdf

【沖縄・うるま市】3月22日(金)14:30〜16:30
テーマ:「依存症の背景(当事者編)」
会場:うるま市健康福祉センターうるみん 視聴覚室A
住所:うるま市安慶名1丁目8-1
お問い合わせ:098-860-8384(月〜金10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
https://oneness-g.com/pdf/okinawa_seminar_201902-03.pdf

【兵庫・神戸市】3月23日(土)14:00〜16:00
テーマ:「依存の背景を知る」
会場:兵庫県中央労働センター 会議室203
住所:神戸市中央区下山手通6丁目3-28
お問い合わせ:0120-111-351(月〜金10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
https://oneness-g.com/pdf/hyougo_seminnar2019.pdf

【東京・千代田区】3月25日(月)19:00〜20:00
テーマ:「インタベンション、ダイバージョンとは?」
会場:アクセア貸会議室 半蔵門 第4会議室
住所:千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル 6階
お問い合わせ:045-264-4365(月〜土10:00-17:00)
※詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
https://oneness-g.com/pdf/tokyo_seminar_2019_01_03_05.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◆全国各地の「依存症を知るセミナー」情報はこちら。
https://oneness-g.com/seminar/

◆あなたのお住まいの地域でセミナーを開催します!
https://oneness-g.com/management.html


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】

達成感と感謝!〜おきなわマラソンに参加しました〜

先日(2/17)、沖縄本島中部で開催された「2019おきなわマラソン」に、
那覇施設(CURAデイケアセンター)のメンバーたちがチャレンジ。
達成感とそれ以上に、応援してくれた人々への感謝に溢れた一日でした!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マラソン当日は曇り。時折肌寒い風も吹くコンディション。
3ヶ月ほど前から練習を重ねてきたメンバーたちは、全員集まる事が出来ました。

CURAのランナーで、練習では20km以上走った人は誰もいません。
しかもマラソン経験者ゼロなので、完走はまさに夢の世界です。
しかしCURAのランナーのほとんどがギャンブラーなので、
勝負事では、やはり燃えます(燃笑)

夢を現実にすべく自分との戦いに挑みます!イケ〜ッ!ファイト!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10kmメンバーと、フルマラソンメンバーに分かれてスタート。
それぞれ沿道ではたくさんのドラマがありました!

詳しくは沖縄施設活動ブログ「ティーダカンカン」をご覧ください。
http://spj-ag.org/okinawa/archives/23619


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

ワンネスグループのホームページが今月リニューアルしました。
この1ヶ月間はパソコン版のみの先行公開でしたので、
スマートフォンからは縮小された画面しかご覧頂けませんでした。

ようやく、本日…あるいは明日からスマホ版が公開されます。
お時間あるときに一度ご覧いただければ幸いです。

ホームページのコンテンツを作る際、かなり考えたのは「強み」。
医療機関ではなく自助グループとも少し違う私たちの特徴は何か?
もちろん、他の社会資源の優れた部分に対して敬意を払いながら、
私たちだからこそできること、発信できることを考えました。

そして、「顔」と「生の言葉」。
最近の依存症問題の啓発イベントでは著名人が経験を語る傾向があります。

著名人が依存症を語ることは理解を深めるうえで大切なことです。
しかし、この問題は自身のそばにあるもの。特異なものではない。
著名人のようなエッジの効いた、目立つ人たちだけではなく、
実に様々な社会的背景をもつ人が、生きづらさを抱え、依存に陥る。

一時のショーアップされたイベントを見た思いより、足元の問題を地道に。
ワンネスグループのホームページでは、その「身近さ」を切り取り、
当事者視点で依存症問題解決のきっかけをお伝えできればと思います。
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■